MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

"山人音楽祭 2019" -DAY2-

2019.09.22 @ヤマダグリーンドーム前橋

Reported by 吉羽 さおり

赤城ステージ:SHANK

"山人音楽祭 2019"2日目がスタートした。"赤城"ステージを幕開けるのは、長崎発のSHANK。「Set the fire」で始まるや否や詰め掛けた観客がフロアで飛び跳ねて、続く「Good Night Darling」のファストなビートで、朝イチからフロアに猛烈な熱気を生んでいく。間髪入れずに、重厚なギター・リフが鳴り響いて「Hope」では観客が大きな渦を生み出していった。"踊って帰ってね、よろしく"と庵原将平(Vo/Ba)が言うと、軽快なスカの刻みに身体を揺らし、ステップする観客。"初めてこっち(赤城)のステージに出してもらって、気持ちいいです。みんなも気持ち良くなって"(庵原)と、松崎兵太(Gt/Cho)の奏でるヘヴィなギター・フレーズと池本雄季(Dr/Cho)の溜めの効いたビートが絡み「620」へ。出演する他のフェスも同様だが、SHANKはどんなバンドよりも多くの曲を畳み掛け、その音楽のパワーでファンの裾野を広げてきたバンドだ。この日もまた、"いっぱい曲をやることで伝えられればいいなと思ってる"(庵原)と後半も、さらにボルテージを上げて「Weather is Beautiful」や「Honesty」など、全15曲を力強く走り抜けた。終演後には茂木がケーキを持ち登場! "ローカル・バンドから、ローカル・バンドへ。「山人音楽祭」から、「BLAZE UP NAGASAKI(SHANKが地元長崎で主催するイベント)」へ"と言って、SHANKの結成15周年を祝った。


赤城ステージ:ヤバイTシャツ屋さん

続いて"赤城"ステージに登場したのは、ヤバイTシャツ屋さんだ。"「山人音楽祭」、帰ってまいりました。歌える人は一緒に!"とこやまたくや(Gt/Vo)が叫び「かわE」のウルトラキャッチーなサウンドで、頭からフロアにシンガロングと笑顔を広げていくライヴ。「Tank-top of the world」から、"一緒に歌おうぜ"と「無線LANばり便利」と続き、「あつまれ!パーティーピーポー」で"しゃっ!しゃっ!/しゃ!しゃっ!しゃっ!"の大合唱を巻き起こす。あるあるな出来事を、すぐに歌えちゃうキャッチーなワードと変幻自在なサウンドに変えるヤバT(ヤバイTシャツ屋さん)。フェスでの"映え"も最強で、"今日は特別ぐんまちゃん(群馬県のマスコット・キャラクター)がドラムを叩いてくれてます"(こやま)、"いや、もりもとだよ!"(もりもりもと/Dr/Cho)とか、"G-FREAK FACTORYとヤバTの共通点は、私とG-FREAK FACTORYのメンバーが似てる"(しばたありぼぼ/Ba/Vo)、"いやそれ、俺のターン!"(もりもと)と力技なMCで盛り上げながら、新曲「癒着☆NIGHT」などバラエティに富んだ曲で楽しませる。こやまは"山人音楽祭"に4年連続していることに触れ、"G-FREAK FACTORYのようなかっこいいバンドが、こういうふざけたバンドを推すのはリスクがあると思う。そこはちゃんと音楽で返さないとなと思ってます"とMC。グッとくる言葉から、「ヤバみ」の濃厚でヘヴィなアンサンブルで会場をねじ伏せていったのは圧巻だった。


榛名ステージ:OVER ARM THROW

"雨降らなくてよかったね"と菊池信也(Vo/Gt)が笑顔で語りスタートしたのは、"榛名"ステージのOVER ARM THROW。そして、1曲目の「Now or Never」から汗ほとばしるシンガロングを起こして、3人はこの"榛名"の熱量を右肩上がりで上げていく。「ZINNIA」では、柔らかなギターのストロークから寺本英司(Dr/Cho)、鈴野洋平(Ba/Cho)が強靭でファットなリズムを生み出して「TONIGHT」へと続く。観客の拳は高く掲げられ、またもみくちゃになりながら歌を歌い続ける。そこに降り注ぐ菊池のヴォーカルは、力強く、そしてエモーショナルで温かい。菊池はこのフェスを通して"G-FREAK FACTORYに地元愛、ふるさと愛を見せつけられた"と語る。"みんなそれぞれ自分の故郷を愛すればいい、そこに愛する人やものがあって......ということを考えれば、国と国の戦争なんて、まっぴらなんだと"と熱を込め伝えた。また、G-FREAK FACTORYの音楽は決して音楽だけでできあがっているんじゃないんだと、その本質に触れるような想いを語り、ラストの「All right, all wrong」まで突っ走っていった。会場に溢れたピース・サインが、最高のライヴの何よりの証明となった。


赤城ステージ:SiM

15時の"赤城"ステージ。そこは、アリーナからスタンド席までがみっしりと埋まり、SiMの登場を前に熱気が溢れている。サイレンのSEに観客が一気に沸騰するその瞬間のボルテージ、ヒリヒリとした緊張感は、SiMならではのものと言える。「Blah Blah Blah」でスタートしたライヴは、「TxHxC」、そして"レゲエ・ロック・バンドの後輩としてG-FREAK FACTORYに捧げます"(MAH/Vo)と2008年の1stフル・アルバム『Silence iz Mine』からの曲「paint sky blue」をぶちかましていく。すでにフロアは最高潮だ。SiMの出演は、"山人音楽祭"前身の"GUNMA ROCK FESTIVAL 2014"以来で5年ぶり。待ちわびた観客の飢餓感が熱気となり、「KiLLiNG ME」ではそれが爆発。そんな大暴れの観客に、"このギター弾けるやついる?"と問うMAH。勢い良く返事をしたSiMのTシャツを着た地元群馬県の男子が、ステージに上げられ、SHOW-HATEのギターを借りプレイすると、大歓声が沸き起こる。堂々たるプレイだったが、目の前でSHOW-HATEが座って、プレイを見つめられているのは、相当なプレッシャーだっただろう。このステージ後は次のライヴに向けすぐに移動しなければならず、G-FREAK FACTORYのライヴは観られないというSiM。"俺らの分まで楽しんでください。生きていってくれよ、また会おうぜ"(MAH)とさらなる馬力で「Get Up, Get Up」、「f.a.i.t.h」で、最後の一滴の汗まで絞りとるような気迫のこもったステージを展開した。その直後茂木がSiM結成15周年を祝いケーキを持って登場(周年バンド多い!)。"そういうことする!?"と驚きながらも、4人共に嬉しそうな表情でそのステージを終えた。


妙義ステージ:山人MCバトル

"山人音楽祭"恒例となり、ロック・フェスとしては珍しい"山人MCバトル"が、野外の"妙義"ステージでスタートした。予選を勝ち抜きこの舞台に立つのは、NAIKA MC、崇勲、TK da 黒ぶち、歩歩、MIRI、Mc.Kj、裂固、裸武、マチネ、MC 龍、小池潔宗、BUSSという精鋭だ。"フリースタイルダンジョン"でもおなじみのモンスターから、芸人ラッパー、フィメール・アイドル・ラッパーまで揃っており、まずは第1回戦が行われ、シードとの舌戦が繰り広げられた。会場の拍手と歓声とで勝敗が決まるのだが、いずれも引けを取らず、延長戦となることもしばしば。準決勝には、小池潔宗、MC 龍、裂固、NAIKA MCが進出し、MC 龍とNAIKA MCによる決勝戦で勝利を掴んだのは、NAIKA MC。空の下での白熱したステージを讃え、MCバトルは大きな歓声で包まれた。