MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

RED ORCA

2022.11.15 @恵比寿LIQUIDROOM

Writer フジジュン Photo by 廣瀬順二

RED ORCAが自身主催の対バン・イベント"RED CONNECTION #3"を開催。大阪はENTH、名古屋はSHIMAと、盟友たちとの対バンを行ってきたこのイベントのファイナルとなる東京公演だ。東名阪通してオープニング・アクトを務めた桃色ドロシーが気合十分のライヴで会場を熱くすると、SPARK!!SOUND!!SHOW!!が登場。

ステージ前に脚立を立ててよじ登ったタナカユーキ(Vo/Gt)が、「かいじゅうのうた」で脚立の上からご挨拶すると、"俺ら、RED ORCAの悪い友達です!"と自己紹介。極悪サウンドと吐き捨てるようなラップで、"ブンブブン"と「†黒天使†」でぶっ飛ばし、間髪入れずに「南無」を激しく叩き込んで、ステージ上を飛んだり跳ねたり叫んだり尻を出して振ったりと、自由ではちゃめちゃなパフォーマンスでフロアを沸かす。全員ラップで魅せたダンス・チューン「感電!」で観客を踊らせると、次は"踊らないでください!"と命じて「踊らない」を披露。脚立に逆さはりつけになって歌った「TOKYO MURDER」とやりたい放題のライヴは、最後にメッセージ性の強い「YELLOW」でしっかり爪痕を残してフィニッシュする。引っくるめて感想を言うと、すごくバカでカッコ良かった!

会場を震わせる轟音と重厚なビートから、Yoshが美しくたくましい声を響かせ、観客を圧倒。1曲目の「MUKANJYO」からフロア中がジャンプやヘドバンを合わせ、ど頭から場を完全掌握したのはSurvive Said The Prophetだ。髙いバンド・スキルと豊かな表現力でしっかり魅せるステージは、ピアノとYoshの美声で始まった「The Happy Song」、語り掛けるような歌と力強い演奏から感情がひしと伝わってきた「Right and Left」と続き、観客を魅了。"踊れる曲も持ってきたから、付き合ってくれないか?"と始まった後半戦は、「HI | LO」、「found & lost」とライヴ定番曲が続き、ラストは「Network System」で会場中が手を振り合わせて、ピースフルに終えた。緩急ある展開で心揺さぶり、その存在を観客の脳裏に焼きつける、圧巻のステージだった。

サウンド・チェック時からオン・スイッチだった来門が、本番さながらのラップを聴かせて会場の期待が大いに高まるなか、堂々とステージに登場したRED ORCA。鼓動のようなビートと手拍子で始まった「Survivors」でライヴの幕を開けると、PABLOのギターが唸り、金子ノブアキのタイトでパワフルなドラムが心拍数を上げ、葛城京太郎のアグレッシヴなベースが暴れ踊る。来門が歌とラップとアジテーションで観客を煽りまくると、草間 敬がシンセやシーケンス・サウンドで壮大で神聖な世界を描いてと、1曲の中で様々な風景と表情を見せるRED ORCAの音楽世界。観客は心地よくその世界へと誘われていく。

来門の伸びやかで力強い歌声と高速ラップで魅せた「Crow from the sun」、ヘヴィなハードコア・ナンバー「Phantom Skate」と続き、めくるめく展開にハッピーなカオスと化していく会場。十分すぎるキャリアとスキル、特異な才能を持つ異常な実力者たちが集い、ルール無用の自由な表現を見せるRED ORCA。来門が言っていた"スーパー・ポジティヴ・ヴァイブレーション"というのが、彼らの音楽を表すのに最も適しているだろう。

痛快に突き抜ける突風を吹かせた新曲「beyond the wind」や、リリース前の楽曲と、最新型のRED ORCAサウンドも惜しげなく披露したこの日。一貫して会場に溢れていたのは、最高にポジティヴなヴァイブスだった。ラスト「Rainbow」に希望の光が差し込むなか、会場中が笑顔で手を振る光景に、トンネルを彷徨うような仄暗い世の中を明るく照らすのは、やっぱり音楽の力であることを確信する。盟友たちに囲まれ、ライヴハウスからポジティヴなエネルギーを放出した"RED CONNECTION #3"。次回はみんなで声を上げて、心を大開放できるタイミングでの開催を切に願う。

  • 1