MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROTTENGRAFFTY ―KAZUOMI(Gt)編―

2011.02.08UPDATE

2011年02月号掲載

ROTTENGRAFFTY ―KAZUOMI(Gt)編―

メンバー:KAZUOMI(Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-KAZUOMIさんには二回目のインタビューになりますが、よろしくお願いします。

はい。どうぞよろしくお願いします。

-まずは『FAMILIARIZE』リリースおめでとうございます。
完成した今の気持ちを教えてください。

まだ自分の中でもどういった作品を作ったのかちゃんと整理できていないのですが、音楽を好きでいる人に何かを与えられる面白いものができたと思います。

-前作『This World』の制作時にすでにある程度固まっていた曲もあったとは聞いてはいますが、それにしても10ヶ月足らずでの短期間でのリリースとは正直驚きました。KAZUOMIさんの創作意欲は現在非常に良い状態にあるといったところでしょうか?

はい。と言うかツアーをして得られたことがあったからそれを形にできたと言うか。自然と創作意欲は途切れなかった。『This World』から一年と経たずアルバムを出す、そういうことは初めてだったので、正直間に合うかひやひやしていましたが。珍しくずっと途切れずにいれましたね。最近の人は音を出すスパンが早すぎる(笑)。

-今作はすべての曲が同時期にレコーディングされたということもあってか、良い意味で一枚通して非常に統一感のあるアルバムとなっているように感じましたが、その点は意識しましたか?

サウンド的なことはあまりしてなかったですね。統一感があることと良いということは一緒ではないような気がしますし。ただアルバムを通して必要のない曲は一曲も入れなかったです。ライヴでやれない曲は必要ないかなと『This World』を作る頃から思ってます。次はどうするか俺次第ですが。

-ギタリストの視点で、ここは意識してきて欲しいというこだわりのポイントを教えていただけますか?

うーん難しい…。俺のフレーズの作り方は2本3本と重ねて構築して行くことが多いので、ギタリスト的に少し特殊かも知れない。ギタリストというよりも一つの楽曲、世界観を大事にしたいので。ギターというのはその曲の世界を彩る一つのネタで良いと思っています。

-プロデューサーの視点で、ここは意識してきて欲しいというこだわりのポイントを教えていただけますか?

うちは2人ヴォーカルがいるので、いつも1曲の中で2人が殺しあわず共存し、良い意味で喧嘩し一人ひとりの色が立っている、そんな感じでプロデュースしています。大半適当ですけど。

-今作にトータル・コンセプトがありましたら教えていただけますか。

俺がロットンをやってきて出会った、一世代前のロックも今のロックも混在させて作った。新しい物も古い物も一つにと、そんな感じです。

-X-JAPANの故HIDE氏の影響を公に発言しているKAZUOMIさんですが、「IMPOSSIBLE IZ NOTHING」でのギター・パートでは前作以上にX-JAPANの影響が大きく感じられる曲となっていますね。KAZUOMIさんにとってX-JAPANとはどのような存在なのでしょうか?

またそれですか(笑)。 前も言いましたがX-JAPANに出会ったのは俺ちょっと特殊でロットンをやり始めてからなんです。もちろん昔から知っていました。日本の音楽をロックで変えたバンドに興味を持つようになって、それから。ヴォーカルのノブヤは昔からかなりファンで色々と話を聞きました。

-X-JAPAN関連で一番思い出に残っていることを教えてください。ライヴについてでも作品についてでも結構です。

LAST LIVE あれは本当に素晴らしい。4、5年前にDVDをオークションで買って以来、それから何度も見ました。俺ごときが言うのもなんですが本当に凄い素晴らしいバンドだと思います。

-KAZUOMIさんはROTTENGRAFFTYのすべての作曲を手掛けるバンドのコンダクターとも言える立ち居地ですが、今作ではさらにプロデュースもすべて行っていますね。当然凄まじいプレッシャーがあると想像しますが、実際のところいかがですか?

プレッシャーは感じます。メンバーが想像しているものよりも更に上に行ったものにしてビックリさせたいみたいなこともありますし、自分自身ここまでの感動がなければ完成したと言えないと思うことのプレッシャーもある。これは制作する上で最低基準としているので、そこまで到達しない曲はボツにするんです。だから凄く時間がかかってしまう曲がありますね。でも今は昔にくらべると硬く考えすぎず良い精神状態でできてますよ。

 

-KAZUOMIさんの作曲、プロデュースに全幅の信頼を寄せていることを先日のNAOKIさんとNOBUYAさんのインタビューの際にヒシヒシと伝わってきました。KAZUOMIさんにとってNAOKIさんとNOBUYAさんはどのような存在でしょうか?

ゼロから一緒に物つくりをしてくれるメンバーでROTTENGRAFFTYのヴォーカリストです。