MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

MIDNIGHT SONIC

2012.08.18 @幕張メッセ

山本 真由

TOTALFAT

激ロッカーとしては、 "夜ソニこそ本編だ!"と言わんばかりのガチなラインナップだったけれど、直前に発表されたPENNYWISEの来日キャンセルで、個人的にテンションダダ下がりだったのは正直なところ。"GREEN DAYめっちゃ良かったし、みんな帰っちゃったんじゃ......"と内心ちょっと心配していたけれど、深夜のSONIC STAGEはDJダイノジから良い感じの盛り上がり! というわけで、そんなダイノジの紹介で登場したのは、急遽"夜ソニ"のライヴ・トップバッターを務めることになったTOTALFAT!まずは「World of Glory」のシングル・ヴァージョン、そして「Place to Try」。何だか今更だけど最近、日本語詞のTOTALFATを違和感無く聴けるようになってきた。 ダイノジの時には、まだオーディエンスがまばらに広がっていたので、流石にこの時間はみんな走らないんじゃないかと思ったけれど、続々と前方の密度が増し、一気に疾走感を上げた「Highway Part2」ではサークル・ピットが完成!これが夏フェスのパワー! "この時間は大人の時間だけど、クソガキに戻って楽しもうぜ!"というJose(Vo/Gt)の威勢の良いMCでパーティー・ハード・アンセム「PARTY PARTY」が始まると、なんとステージにはDJダイノジ軍団がダンサーとして登場!会場全体が踊る阿呆になったとことで、さらに新曲「X-stream」を披露。全体の疾走感は勿論、サビのリフとか"オーオー"っていうちょっとしたところとかが往年のメロディック・ファンのツボをついたこの曲で、PENNYWISEキャンセルのフラストレーションはゼロ!やってくれるぜ、TOTALFAT。そして、コール&レスポンスから「Life Like Movies」、「Invention ~Good morning,my treasures~」と続け、こんなにもエネルギッシュにポップ・ソングを奏でるバンドがいるか?と言わんばかりの自信たっぷりのセット・リストで盛り上げた。 余談だけど、この日TRIVIUMの将軍Tシャツを着ていたKuboty(Gt)が、ロン毛時代のMatthew Kiichiに見えて仕方なかった......。こういう所も激ロッカーにはツボなんじゃないかな(笑)。 そして、最早説明不要、恒例のアツ過ぎるMCで感動のクライマックス、最後は「Overdrive」でシメ。毎年コツコツとサマソニでの存在感を増してきている彼らのライヴは、吉本新喜劇並みのまさに"安定の"すべらないステージだった。

SiM

夜ソニ、2番目のアクトはSiM。深夜帯にピッタリのダークでヘヴィなサウンドで、ソニック・ステージをカオスに巻き込んだ彼らは、この日のハイライトと言っていいだろう。 オーディエンスの熱気と汗で湿度MAXな中こだまする神秘的なレゲエ・サウンドからの、極悪ヘヴィネスという強烈な個性のサウンドで、1曲目の「Get Up, Get Up」から一気に会場を掌握してしまった。続いてキラー・トラック「KiLLiNG ME」!SiMのライヴを見るといつも不思議で仕方無いけど、何であんなに激しく動きながら演奏できるんだろう?体力も凄いけど、サウンドの安定感もハンパない......。 SUMMER SONIC 03に初めて行った時からずっと思い描いていた夢のステージに立った彼らからの、"夢持ってるやつ、絶対あきらめんなよ!"というキッズへのエールには説得力があったな。まぁ、夜ソニだから中学生とか高校生とか居ないんだけどね......いいじゃん、大人も夢持っていこうぜってことかな! そして、自身の個性を最新型ラウドロックに昇華させた最新作『LiFE and DEATH』からの「Evolution is Solution」、そしてレゲエ・ナンバー「Man Down」をはさんで「Amy」をプレイ。緩急の付け方、盛り上げどころへの持って行き方の巧みさは流石だ。 さらに、モッシュ・ピットを広げ、全員その場に座らせる......というZEBRAHEADのような要求をオーディエンスにしたところで、初期衝動ビンビンの「FUCK iT ALL」を繰り出すという粋な計らい! "(MIDNIGHT SONICは)クリエイティヴマンからラウドロック・ファンへの挑戦状だ!もっとヤバい光景見せつけてやろうぜ!"とMAH (Vo)が叫んで、「JACK. B」へ突入!これが本来番外編となる筈の深夜ステージとは思えないヤバいモッシュ、そして最後は「f.a.i.t.h」でウォール・オブ・デスという攻撃的布陣......。一寸の隙もない緊迫したライヴで、オーディエンスを操り、躍らせ跳ねさせ暴れさせたSiMは、この日バンドとしてさらなる進化の始まりを見せつけてくれた。 ちなみに、この日カヴァーしたレゲエ・ナンバーは、なんと翌日にヘッドライナーを務めたRihannaの「Man Down」。PVと内容がちょっと物議を醸した曲だし、意外な選曲だったけど、彼らのルーツを感じさせるグルーヴ感とサウンド自体の持つ遊び心には共感するものがあったのかも。

coldrain

夜中の2時、MIDNIGHT DANCE STAGEは巨大なクラブと化していましたが、こちらSONIC STAGEは深夜の極悪ラウド・タイムです。良い子は寝る時間だけど、今夜は寝ないでモッシュだぜ......という意気込みに溢れているかのような、まだまだ元気なMIDNIGHT SONICに登場したcoldrain。SiMの異常な盛り上がりを受け継いで、彼らも全然元気だぜ。 初っ端から、「No Escape」での血管ブチ切れそうなMasato(Vo)の気迫に満ちたヴォーカルは本日も健在!それに答えるように「To Be Alive」では大合唱も。さらに、「Adrenaline」で文字通りアドレナリン全開のプレイにモッシュ・ピットも白熱! "頭大丈夫ですか?東京!2時にロックしてて良いんですか?"というMCで、この日の盛り上がりの異常さを再確認したところで「Rescue Me」!体力の限界も振り切れる程のテンションは、SiMに負けてない。激しいだけでなく、緻密に組み込まれた美しいギター・パートのセンス、そして複雑な側面を持った楽曲をライヴで表現するメロディの再現力も、coldrainならではのバンドとしての一体感が成せる業だろう。 そして、"Are you ready to dance?"と期待感たっぷりに始まったのは、最新作『Through Clarity』から「Persona」。ここでMasatoがステージを降りてフロアの中央を往復、こんなサービスも最強に盛り上がって無ければ出来ない芸当だ。 「Die tomorrow」では"MIDNIGHT SONICヘドバン対決"が繰り広げられ、「Six Feet Under」で、モッシュ・ピットの白熱ぶりは最高潮に。ラストは「Final destination」!この曲は、イントロだけで相当テンション上がるわ!1stアルバム『Final Destination』から、国内ラウドロック・シーンのレベルを圧倒的に進化させてきた功労者たる実力を見事に証明して見せてくれた。 因みに、ドラムのKatsumaさんは現在病気の療養のため活動休止中とのこと。この日のcoldrainの気迫に満ちたライヴの裏には、一緒にステージに立てなかったKatsumaさんへの思いがあるんじゃないかと、後から少し納得したのでした。激ロックの動画コメントでもいつもいいキャラを発揮してくれているKatsumaさんの復帰を心より願ってます!

Crossfaith

草木も眠る丑三つ時もなんのその、絶頂の盛り上がりで温まりきったMIDNIGHT SONICのステージに、遂にこの日のライヴのトリを飾るアクト、CROSSFAITHが登場! Amano(Dr)の毒霧で殺気十分の極悪ムードを披露して、最新作『ZION EP』からの「Monolith」で幕開け。幕張のでかいステージももろともしない自信たっぷりのステージングは、流石に海外ツアーで鍛えられたバンドらしいライヴだ。続けて新作より「Jägerbomb」。疾走感とゴリゴリのヘヴィネス、そして中毒性のあるシンセ・サウンドの融合は、彼らのトレードマークと言っていいだろう。そして、"踊ろうぜ!Come on!"と繰り出したのは「Snake Code (Caribbean Death Roulette)」。ブレイクダウンと大合唱というキッズの大好物で攻めまくるキラー・チューンは、この時間にはまさに致死量の猛毒! すっかりワイルドな風貌が板に付いたKoie(Vo)が、"2012年SUMMER SONIC、GREEN DAYじゃまだまだ遊び足りないんじゃないか?今日最後にプレイするのはオレ達CROSSFAITHだ!"と高らかに宣言!CROSSFAITHはクロージング・アクトじゃなくて、サマソニ1日目のメイン・アクトだということか。深夜3時にも関わらず、巨大なサークル・ピットにウォール・オブ・デスという一種異様な光景は、それを確かに肯定していた。相変わらずドラムはバカウマだし、Tamano(Prog&Vision)の神がかった動きもキレまくってた。やっぱりCROSSFAITHだなぁ。 「Blue」の絶叫から、"歌えるヤツ、オレらに力を貸してくれ"というMC、そしてお馴染みの名カヴァーTHE PRODIGYの「Omen」へ。これには、オーディエンスも勿論大合唱で応戦!さらに新曲「Photosphere」で、ガチアゲ!そしてシメは「Stars Faded In Slow Motion」。もう今日はこれで最後だから限界まで暴れ尽くす!というモッシュ・ピットの激しさは見ていて気持ちの良いくらいだった。 MIDNIGHT SONICに出演していたバンドは、みんなSUMMER SONICというフェスへのそれぞれの思い入れと夢のステージに立った喜びを語っていたが、CROSSFAITHも思いは一緒とまとめた。来年は、豪州最大のロック・フェスSoundwave Festivalへの出演も決定し、世界へ羽ばたく日本ラウドロック・シーンの要として、ますます勢いに乗る彼らから今後も目が離せない!
  • 1