MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×10-FEET

2016.06.10UPDATE

2016年06月号掲載

Zephyren代表GEN氏×10-FEET

10-FEET:TAKUMA(Vo/Gt) NAOKI(Ba/Vo) KOUICHI(Dr/Cho)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰 Photo by Shin Ishihara

-Zephyrenが始まって最初の夏にはもう10-FEET×Zephyrenのコラボ・アイテムが出ていたり、Zephyrenとしては初開催となった"A.V.E.S.T."の"vol.8"にも出演されていたり、お互いの関係がかなり深いことは、傍から見ていてもわかるのですが、どういったところから関係はスタートしているのでしょうか?

GEN:長い付き合いですね。旧A.V.E.S.T.からなので。

NAOKI:あのときでしたっけ? TSUTAYA O-EASTで......FLOWとかGELUGUGUとか......。

GEN:いや、もっと前。SIMOON(※かつて渋谷にあった地下のクラブ)でオールナイトでやった......。

NAOKI:あ! FLOWも一緒でしたよね?

GEN:そう、FLOWも一緒で、あと妄走族とラッパ我リヤも出てたな。懐かしい。俺にとっては、あれがイベントとしては初めてと言っていいくらいで。当時のA.V.E.S.T.の中でも一番豪華な顔ぶれになりましたね。機材も無理矢理入れて(笑)。

NAOKI:ステージもあったんだっけ?

TAKUMA:フラット(※ステージとフロアの間の高さが同じ状態)やったような(笑)。

GEN:で、柵だけあったような。

NAOKI:懐かしすぎて記憶が風化してますね(笑)。

-それが、だいたい何年ごろですか?

GEN:2001、2002年ごろとか......ちょっとわかんなくなっちゃったな。ブランドが始まってすぐのころだったんで。

NAOKI:僕らが東京に住んでたころですね。

GEN:なんか新しいことをやりたくて、オールナイトでメタルとロックとヒップホップのグループがやるイベントは当時なかったんで、思いつきでやってみて。そのときは何もわかってなかったけど、終わってみたらぐちゃぐちゃで、ヒップホップのお客さんなんていきなりメタル・バンドが演奏始めると、口開けてポカーンとしちゃってさ、なんか楽しかったね(笑)。時代を作ってやろうっていう、若かりしころの感じですね。

-そのときのお互いの第一印象はいかがでしたか?

GEN:あのころは、頭がおかしかったと思うんだよね。今もおかしいかもしれないけど(笑)、今みたいにちゃんとした人間じゃないと思うし、覚えてないんだけど、当時の自分ってホントにヤバい奴だったと思う。たぶん、言ってることよくわかんなかったと思うし、まともではなかったと思うね。

NAOKI:そんなに悪い印象ではないですよ。見た目がいかつい人がいるとは思ってましたけど(笑)。

KOUICHI:それくらいですね。

GEN:ホント、昔の自分を思い出すと、アホな記憶しかないっていうか。だって、いつもイベントが始まって3時くらいになってトリが始まると、"こんな感じかな?"って思って、先に抜けて遊びにいってましたから。そのときは、なんか社長だったんだよね。今と違って。

KOUICHI:なんか社長って、ヤバいですね(笑)。

一同:(笑)

GEN:今も社長なんだけど、まあまあ別にもうちょっと真面目にやってますよ(笑)。

-GENさんが、10-FEETのライヴを初めて観たときの印象っていかがでした?

GEN:当時のA.V.E.S.T.のイベンターに"今勢いのあるバンドがいるから"って10-FEETを紹介してもらって、それが旧A.V.E.S.T.の3回目か4回目のときで、その当時では一番大きいイベントでしたね。そのときに初めて10-FEETのライヴを観ました。ホントにすごく良くて、それから仲良くさせてもらってます。そこでいったん、旧A.V.E.S.T.は止まって、それから何年もやってなかったんですよ。

-10-FEETは、その後のA.V.E.S.T.第1回にも参加されてますね。

GEN:そんときは、まだブランドも全然売れてなくて、当時はヒップホップが全盛期で、バンドがファッション誌に全然掲載されていない時代。昔はヒップホップのアーティストともよく遊んでいたんですけど、気がついたらどっか行っちゃうんですよ。また最近遊んでますけど(笑)。なんかわかります? "これはいかん、ちゃんとバンドをサポートしよう"とふと思って、一番何が好きかって考えたときに"やっぱりロックがいいよな"とそのとき思ったんです。それで、"ロックをもっとサポートしよう"と思って。で、それからまたイベントを復活させようってことになって、今の形のA.V.E.S.T.が1回目としてスタートして、そのときに10-FEETに出演してもらいました。

-その第1回開催のときのことは覚えていますか?

TAKUMA:第1回って会場どこでしたっけ?

GEN:渋谷CLUB QUATTROで、dustboxとUZUMAKIも出てて。あとはDOORMATも。

TAKUMA:それとUNITEDですよね。