MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×exist†trace×GIVEN BY THE FLAMES×mildrage×MADALA

2018.08.10UPDATE

2018年08月号掲載

Zephyren代表GEN氏×exist†trace×GIVEN BY THE FLAMES×mildrage×MADALA

exist†trace:miko(Gt/Vo)
GIVEN BY THE FLAMES:Willian(Vo)
mildrage:MEG(Vo)
MADALA:Gaku(Vo)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰 Photo by 結城 さやか

前回公演はソールド・アウト、次回は一気に4会場ぶち抜きのサーキット開催と勢いを増す、ZephyrenとSHIBUYA THE GAMEによる次世代ロック・バンドを本気でサポートするイベント、"In The Family"。同イベントに前回、次回と連続で参加する4バンドからそれぞれひとりずつメンバーを招き、モデル撮影並びに対談を敢行した。

-まずは撮影お疲れ様でした。今回の撮影は始めて女性モデル(miko、MEG)が複数参加しての撮影でしたがいかがでしたか?

GEN:ふたりとも、撮られることに慣れている感じがしたけど。かっこ良く撮ることができたんじゃないかな。

-男性陣(Willian、Gaku)のふたりも慣れていましたね。

GEN:なんだかわからないくらいに撮られ慣れてたよね(笑)。

-モデルのみなさんは今回の撮影はいかがでしたか?

miko:すごい新鮮でした。普段はあまりストリート系のファッションを着ないのと、モデルはやったことあるんですけど"キメる系"みたいなものが多かったので、"ラフに着こなすにはどう崩したらいいんだろう?"って悩みながらの撮影でした。だけど、楽しかったです。

-撮影を横で見ていても、本当に撮られ慣れている感じがしましたよ。

miko:洋服がいいからですよね!

GEN:ありがとうございます!

MEG:Zephyrenはずっと激ロックとか雑誌などで見ている側だったので、撮影してもらってすごい嬉しかったです。急に決まりましたけど。

-MEGさんの撮影が決まったのは前日ですもんね(笑)。

GEN:"明日よろしく"って言ったら、KSKN(FOAD/Vo)から"1月31日じゃないんですか?"(※撮影日は7月31日)って返事が来て......。

-前日に急に変わったって連絡がきたのには驚きました(笑)。ところで、この4バンドでもともと繋がりがあったバンドっていますか?

Willian:Gakuさんとは撮影で一度会ったことがあるくらいですね。

Gaku:そうですね。

miko:exist†traceは今年に入ってmildrageと対バンしてますけど、それぐらいで。

-繋がりが濃いわけでも薄いわけでもなく微妙な感じですね(笑)。前回の"In The Family vol.5"が7月21日に行われて、そのイベントに出た4人がここに揃っているわけですが、振り返ってみていかがですか?

Gaku:初回は1月の"In The Family vol.3"(2018年1月27日にSHIBUYA THE GAMEにて開催)に出演したんですけど、そのときは後半に先輩バンドが多くて......。でも、前回は最初から最後まで歳の近いバンドが多かったので、気合が入りましたね。

GEN:ライヴはすごく成長している感じがあったよね。

MEG:イベントの出演者のジャンルとか、客層がいつもと違うなかでライヴができて、雰囲気が新鮮でしたね。ライヴを観ている側としても楽しい刺激のあるイベントだと思いました。

Willian:うちのバンドって暗い世界観のバンドで、"ホラー"や"ゴシック"のような雰囲気を重視していて。だからmildrageとかと対バンする企画だと結構"陰キャ"が多いんですけど、今回の"In The Family vol.5"はかなり"陽キャ"のお客さんが多くて。ラインナップを見ても明るい感じのバンドが多かったので、あれだけの"陽キャ"を前にライヴをするのは気まずかったです。でも"陽キャ"なのに自分たちに刺激を受けて話し掛けてくれる人もいたので、出演できて本当にありがたかったですね。打ち上げは次の日が愛知で移動があったので出れなくて......次はちゃんと打ち上げに出ます(笑)。

-打ち上げまでが"In The Family"ですからね(笑)。たしかに出演バンドも"陽キャ"が多かったですよね。

Willian:明るい人、対バンしたことがないようなバンドさんが多かったですね。いろんなライヴのスタイルがあるんだなってすごい勉強になりました。

miko:exist†traceってみなさんと全然対バンしてこなかったんですよ。出演するまでは、きっとみなさんすごい対バンをしてきて、繋がりがあって、お客さんも含めてガチガチに固まっているのかなって思っていたんです。でも蓋を開けてみたらそういうこともなくて、みんな違うパワーを持っていてかっこ良かったです。お客さんもいろんな人がいて、"私たちの知らない世界がまだここにあった"みたいな感覚があって。単純にライヴを楽しんでました。その1日だけじゃなくて、このイベントはもちろんだし、それぞれのバンドさんと今後も対バンしたいな、お客さんにもexist†traceを知ってもらいたいな、と思いました。1日で得るものというか、収穫がありすぎて。たっぷりと持ち帰りましたね。

GEN:オープンからずっと人が入ってくれて、お客さんも、ジャンルが被っていないはずなのにみんなノリが良かったから、だいぶ浸透してきた手応えはありましたね。最初から最後までいい感じに盛り上がっていて、すごく良かった。ただ、重い音のバンドが多くて、全バンドをがっつり観たら疲れたけど(笑)。

miko:バー・カウンターからGENさんにがっつり観られてましたね。目の前にいて、"うわ、観てる"って思って(笑)。