MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×Bentham×Emily Sugar×I Promised Once×MAKE MY DAY

2018.09.10UPDATE

2018年09月号掲載

Zephyren代表GEN氏×Bentham×Emily Sugar×I Promised Once×MAKE MY DAY

Bentham:辻 怜次(Ba/Cho)
Emily Sugar:Shown(Vo/Gt)
I Promised Once:Flo(Vo)
MAKE MY DAY:Isam(Vo)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰 Photo by 結城 さやか

SHIBUYA THE GAMEを始め、渋谷トウセン宇田川ビルに入る4会場にて行われる"In The Family FEST"の開催を10月6日に控え、同公演に出演する4バンドと主催のZephyren代表 GENとの対談第2弾を敢行! それぞれの出会いから、Zephyren主催の大型イベント"A.V.E.S.T"での共演、今回の"In The Family FEST"への意気込みまで、じっくりと語ってもらった。

-撮影お疲れ様でした。Zephyrenとの関わりということで、4バンドとも"A.V.E.S.T"への出演を果たしていますね。それぞれGENさんとの出会いと、"A.V.E.S.T"に出演したときの流れをまずはうかがってもよいでしょうか?

Isam:GENさんとの出会いはROCKAHOLIC(※激ロック プロデュースのMusic Bar ROCKAHOLIC-Shibuya-)でのお酒の場だったんです。僕はもちろんGENさんを知っていたので挨拶をしたんですけど、そのときはベロベロだったので覚えてないかなという感じでした。そのあとも2度、3度会うときも結局酒の場で。音楽と同じくらい酒が繋げてくれたっていう感じですね。

GEN:ROCKAHOLICで会ったのは俺も覚えてるよ。"In The Family"を始めるときにいろんなバンドを調べていて、もともとJulian(MAKE MY DAY/Gt/Vo)に昔NineMicrophones(※Pay money To my Painのヴォーカル Kが立ち上げたストリート・ブランド)のモデルをお願いしたことがあって、MAKE MY DAYを調べてたんだよ。最近の活動はどうなっているのかなってホームページを見てたら、"結構精力的に動いてるんだ"って思って連絡したのかな。"In The Family"(2017年10月14日にSHIBUYA THE GAMEで開催した"In The Family vol.2")に出てもらって、"A.V.E.S.T"(2018年3月10日に渋谷全7会場で開催した"A.V.E.S.T project vol.12")への流れでお願いしたんだよね。

Isam:GENさんが"「A.V.E.S.T」だと規模が大きくてなかなか全バンドを観れないから、SHIBUYA THE GAMEに観たいバンドを自分で集めて自分で観たい"って言って。

Shown:僕は2~3年前くらい前に同じくお酒の場で(笑)。最初にGENさんと出会ったときに大量の(試験管)テキーラを持って歩いている人がいる......ってビックリしました(笑)。そのときは一方的に知っていたんですけど、すごいワイルドだなと思って。ブランドの代表もされてるのに、プライベートでも自分を表現するのは本当にかっこいいなと。何回かロカホリ(ROCKAHOLIC)で出会って、名前を覚えてもらってはいたんですけど、バンド名は言ってなかったんですよ。なんか恥ずかしかったんです。出会い方が音楽ではなくお酒の場すぎて。"一緒にお酒を飲んでもらえてありがたいな"って感じだったんですけど、SHIBUYA THE GAMEの方から4月の"In The Family"(2018年4月21日に開催した"In The Family vol.4")に出てみないかって話を貰ったんです。そのときにGENさんとようやく音楽で関わることができるかもしれないって思いました。

GEN:Shown(がEmily Sugar)って知らなかったもん。ミュージック・ビデオを観て"あれ? あれShown!?"って。

Shown:"このバンドなの?"みたいな感じになって(笑)。その勢いから"A.V.E.S.T project vol.12"出演が決まりましたね。4月の"In The Family"が先に決まって、"A.V.E.S.T"も2週間くらい前に決まりました。すごい嬉しかったです。今年一ですね。ありがたいです。

-ミュージック・ビデオを観て知るって面白いですね。

Shown:"A.V.E.S.T"の決起会のときにGENさんから"なんで言わなかったの?"って言われましたね。

GEN:"MVお前じゃん"って(笑)。

-ただの酔っ払いだと思っていたらバンドマンだったと(笑)。

Isam:流れ的にはFloも面白いですよ。

Flo:まだ覚えてますよ。たぶんROCKAHOLICで......。

GEN:みんなROCKAHOLIC(笑)。

Flo:僕は(ROCKAHOLICで)ゲストDJをやってたんですけど、GENさんはお酒でできあがってましたよね。それでみんなで盛り上げて(笑)。そのあと去年の"In The Family vol.2"に呼んでいただいて......。

GEN:"あれ? Flo、LINE知ってるよ?"って。

Flo:Shownさんと同じ感じで(笑)、それから"A.V.E.S.T project vol.12"に呼んでいただいたので、すごいありがたいです。

Shown:親近感がある(笑)。

-辻さんだけは違うパターンじゃないですか?

辻:そうなんですよ! GENさんとお酒を飲ませていただくのは今日が初めてで。フェスの会場とかではお会いしてたんですけど。うちの事務所の人間が昔からZephyrenさんと仲良くさせていただいていて、その関係でうちのバンドもモデルでやらせていただくようになりGENさんと出会うっていう、この中で一番つまらないパターンですね(笑)。

一同:(笑)

辻:俺に話が来るのちょっと嫌でしたもん(笑)。"GENさんと出会ったのは撮影が初めてだったかも"って気づいて。

Isam:テキーラ持っていないGENさんって珍しいですよ。

辻:素面のGENさんとしか今まで会ったことがない......。

Isam:それはGENさんじゃないです(笑)。

GEN:改めてよろしくお願いします(笑)。最初のモデルのときは"こんな感じの服が似合うかな"ってミュージック・ビデオを観て調べたり準備もしていて。最初撮るときはこっちも緊張するよね。

辻:こっちもめちゃめちゃ緊張してたんですよ。GENさんがどんなキャラなのかも全然わからなくて。今もまだ1年くらいのお付き合いなので、この中では新参者で。"GENさん、すごい怖そうな人だな"って思っていたら"今日よろしくね"って言ってくれたから、"あ、優しい人だ"って思いました。

GEN:髪とかも何回も直してね。

辻:そうなんですよ。撮影のときにいつも俺の髪を"こっちの方がいいんじゃない?"って直してくださって......お世話になっております(笑)。

GEN:いやでも、いきなり俺が近づいて来るんだよ? 気持ち悪いよね(笑)。

Shown:画的に面白いですね(笑)。