MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MAKE MY DAY

2018.03.16UPDATE

2018年03月号掲載

MAKE MY DAY

メンバー:Isam(Vo) Julian(Gt/Vo) U-ske(Ba) Hal(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

東京を拠点に活動するMAKE MY DAYが、ニュー・シングル『The Awakening』を作り上げた。今作から弱冠19歳のドラマー Halを迎え、新4人体制として初の音源となった。昨年公開された映画"Hide Behind"の主題歌に起用された同名曲や、既発曲「Urban Warfare」の"The Game Shop REMIX"を含む全4曲。これまで幾度かのメンバー・チェンジを経験した彼らだが、ようやくメンバーが固定化されたことで、ここからさらに攻め込んでいこう! とするバンドの覚醒感が刻まれている。メンバー4人に話を訊いた。

-今回は新ドラマーのHalさんが加入して、第1弾作品になりますね。

Julian:僕らはドラムがずっと安定してなくて、SNSで自薦他薦問わずに募集してたんですよ。(Halからは)1年前ぐらいに連絡が来てたのかな、そのときは17歳だっけ?

Hal:17歳ですね、当時は高校3年だったんで。

-若いですね。バンド的に年齢はそれほど気にならなかった?

Julian:年齢はそんなに気にしてなかったんですけど......"17歳か、う~ん"と思って、しばらくシカトしてたんですよ。

一同:はははは(笑)。

Julian:それから1年後にまた連絡が来て、"あいつかよ!"って(笑)。でもそのメールに動画が添付されてて、それを観たときに"おっ、やるじゃん!"と思ったんですよ。それで一度連絡を取り合って、スタジオに一緒に入ろうと。実際に会うと、人間性も良かったので、あれよあれよという間に決まりました。しかも前身バンド(ASHLEY SCARED THE SKY)を含めて、MAKE MY DAYのファンだったことも大きいですね。じゃあ、お願いします! って感じで。

-Halさん以外のドラマーともスタジオに入ることはあったんですか?

Julian:いや、生意気にも書類審査の段階で落としたり、他にも動画を送ってくれた人がいたんですけど、なんか違うなと思って、"ごめんなさい!"って感じで断ったりしてました。

-Julianさんは(Halさんの)動画を観て、どこに惹かれました?

Julian:才能があるなって思いました。テクニックを持ってるし、映像からもやる気が伝わってきたんですよ。ルックスや叩き方を含めて、必要なものがちゃんと揃ってるし、経験がないのは怖いけど、それはこれから補っていけばいいかな、と。

-HalさんはMAKE MY DAYの前身バンドであるASHLEY SCARED THE SKYからのファンだったんですか?

Hal:そうですね。高校生のころにバンドをやってて、そこでASHLEY SCARED THE SKY時代からMAKE MY DAYまでの曲をカバーしてました。だから、今はバンドに加入できて嬉しいですね。

-Halさんの中にあるMAKE MY DAY像というと?

Hal:ピコピコ。

Julian:ドラムちゃうやん!

Hal:ははははは(笑)。

Julian:ドラムのイメージだよ。

Hal:結構、ドラマーが交替してますからね。

Isam:そうなんだよね、作品ごとに違うから。毎回"新たに"っていう気持ちがあるんですよね。やっと、次の作品も一緒に作れるメンバーに出会えました。

Hal:今回はやっぱりシンセを殺さないドラムを心掛けました。

Julian:僕が代弁すると、(Halは)バンドでコンポーズすることが初めてだから。何を意識したかと言うと、曲を壊さないように、エゴを出しすぎないように意識したと思いますね。

-あと、ドラマーが固定すると、精神面でも変わってきませんか?

Julian:ほんとそうですね。

Isam:うん、Julianが曲を作るうえでも余計なことを考えてほしくないし。このドラム叩けるかなって、心配せずに曲作りできるようになったことは大きいですね。だから、頼むな。

Hal:任せてください(笑)!

-実際に4人で合わせたときの感触はどうでした?

Julian:来たな! って、絶対こいつだなと思いました。

Isam:やりやすかったですね。ちょっと走るぐらいの方が歌いやすいし、粗い方が面白いから(笑)。一直線のドラムだったので、俺は賛成だよって。ただ、まだ20歳にもなってないんで、一緒にお酒は飲めないですけどね(笑)。

U-ske:ドラムはめちゃくちゃ上手いなと思いました。何も文句はなかったですね。

-メンバーとはひと回りぐらい世代は違うわけですよね?

Julian:僕に関しては干支がピッタリ一周違いますからね。

Hal:1999年生まれです。

-SLIPKNOTのデビュー・アルバムが出た年ですね(笑)。

Isam:はぁ~、マジですか。

Julian:平均年齢を下げてもらえたので、それはいいかなと。