MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MAKE MY DAY

2018.03.16UPDATE

2018年03月号掲載

MAKE MY DAY

メンバー:Isam(Vo) Julian(Gt/Vo) U-ske(Ba) Hal(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-今作の冒頭曲「The Awakening」にはどんな想いを込めて?

Julian:死ぬほどいろんなバンドで使われてきた曲名だろうけど(笑)。「reborn」(2016年リリースの会場限定シングル表題曲)という曲は"再スタート"という意味で、前作にもそういうニュアンスがあったんですよ。今回はHalが入って1年が過ぎて、ようやく次の段階にいけるから、まさに目覚めだなと。曲調はこれでもシンプルにしたんですよ。削ぎ落として、今の形になりました。

Isam:「Crowned Victim」のサビもそうだけど、「reborn」から僕のスクリーミング・スタイルの声色はどんどん理想に近づいてはいるんですけど、シャウトだと、なかなか歌詞が聴き取れなかったり、地声とは掛け離れたものになったりしがちで、それを変えたくて。地声とシャウトをいかにリンクさせられるかなって。歌詞が届くような歌い方を心掛けているので、現時点でそれはうまくやれたかなと思います。

-「Hide Behind」は同名映画からインスピレーションを受けて?

Julian:そうですね。ありものの曲を提供したというより、映画の主題歌をやるとなってから歌詞も曲も書きましたからね。題材があって作るのは初めての経験だったから、難しかったですね。映画の主人公の生い立ちとか、言っちゃえば復讐劇なんですけど、復讐の意味とか、その先に何があるのかを深く考えて、思いついた言葉を書きました。

-曲調的にも他の2曲とは違いますよね。

Julian:ピアノやオーケストラも入れているので、映画に相応しいアレンジを意識しました。いままでこれ以上にスローな曲もあったので、そこまでやりにくい感じはなかったですけどね。

-「The Awakening」もそうですが、この曲もシンガロング・パートを入れてますよね?

Julian:ライヴを想定して、お客さんが参加できるポイントを1ヶ所は作りたくて。サビも壮大にしたかったし、狙いどおりにできたなと思いますね。

Hal:お客さんと一体になれるのはいいですよね。

Julian:この曲はHalのエッセンスが結構入っているんですよ。小難しいプレイも入れてますからね。

Hal:自分の色も出していきたいですからね。重たい感じも好きだから......。

Julian:ドラマーがニヤッとするフレーズがふんだんに入ってますからね。ギタリストやベーシストでは思いつかない要素があるのかもしれないです。

Hal:聴いてて、カバーしたい! と思わせるドラムを叩きたくて。これどうやってるんだろ? と考えさせるフレーズが好きですね。

-「Urban Warfare」のTHE GAME SHOPのリミックスもいいですね。これはMAKE MY DAYのピコピコ感が前面に出てて、ラウド好き以外のファンにもアピールできる曲調だなと。ちなみにMAKE MY DAYが取り入れているピコピコ要素はどこからの影響が強いんですか?

Isam:俺はトラップ・ミュージックも大好きなんですよ。

Julian:ピコピコを入れているのは俺なんですけど、バンド・サウンドにピコピコを入れてる人たちからの影響が大きくて。バンドで言うと、LINKIN PARK、ATTACK ATTACK!とかそのへんですね。あと、海外のプロデューサーでCameron Mizellとか、その人が手掛けたバンドに入っているシンセは参考にしてます。耳心地よくて、バンド・サウンドともマッチしているんですよ。ちゃんと相乗効果がある入れ方をしているから、バランスが良くて。とにかく、今回は新たな名刺というか、ご挨拶的な作品ができたので、ここからブチかましたいですね。