MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Emily Sugar

2016.08.15UPDATE

2016年08月号掲載

Emily Sugar

メンバー:shown(Vo/Gt) Kenta(Gt) Taka-C(Ba) Nori(Dr)

インタビュアー:山口 智男

-初の全国流通盤となるフル・アルバム『Feel U』をリリースする現在の心境は?

shown:正直、まだ実感が湧かないんです。中学3年生のころから名前を変えずにこのバンドを続けてきて。そのときはまだ、学校の文化祭に出るために組んだコピー・バンドで、GREEN DAYやLINKIN PARKの曲をやってたんですけど、そんなふうに始めたバンドがオリジナル曲でフル・アルバムをリリースするってことがまだ客観的に把握できなくて。

-でも、この2、3年、着実に前進してきたという手応えはあるんじゃないでしょうか?

Nori:もちろん、多くの人に聴いてもらいたいと思いながら活動はしてきたんですけど。目の前のことをまず楽しむ、ということを前提にしながら、1回1回のライヴや曲作りを確実にこなしているうちに、気づいたら激ロックさんのライヴ(※激ロックGIG VOL.5〜7)に出していただいたり、こうして激ロックさんからインタビューしてもらったり、ってことになっていたという感じです。自分たちでも少し驚いているところはあるんですよ。

shown:ずっと走り続けてきて、振り返ってみたらこうなっていたっていう。一歩一歩前に進んでいるなという感じではなかったです。毎回、次も頑張ろう、次も頑張ろうって。

Taka-C:自分は初期のころからshownとやってきたんですけど、最初はホントにPAの人と1対1でやっているようなライヴばかりで。

shown:お客さん0人って当たり前でしたからね。

Taka-C:共演バンドぐらいは観てくれるだろうと思ったら、客席に誰もいなかった(笑)。それでも無理やりテンションを上げて、がむしゃらにやるみたいなことを続けながら、毎回ベストを尽くそうとやってきた結果、ここまで辿り着けたことが嬉しいです。

shown:NoriとKentaが入るまで別のメンバーと組んでたときは、新曲も作らずに高校時代の曲をそのままやってたんですけど、お客さんが0人というライヴが続いたこともあって、だんだんと"なんでバンドやってるんだろう"ってわからなくなってしまったんですよ。でも、その状況を変えたいという気持ちがTaka-Cと僕にはあったので、"どうしたらいい?"と以前いたメンバーも含め話し合った結果、脱退したメンバーとは方向性が違うということがわかって。それでTaka-Cと僕が残ったんですけど、そのときに楽曲を変えようということになりました。ライヴって、やっぱりお客さんがいて、お客さんとの繋がりがなきゃ意味がない。自分たちがやりたいことだけをやるのではなくて、ライヴとしての楽しさも追求した方がいいんじゃないかということになって、2012年に一度、活動を止めて、曲作りにしっかり向き合ったんですよ。今回、『Feel U』のTrack.2「so here I am」とTrack.3「your eyes」は、そのときに作った曲なんです。その後、楽曲がだんだんできあがっていく中で、ライヴもしなきゃいけないということで、同じ高校で別のバンドをやっていたNoriが入ることになって。

Nori:そのタイミングでEmily Sugarが生まれ変わったというか、休止したあとに作った曲しかライヴでやらなくなったんですよ。でも、そのころはまだ3ピースで――

shown:そう、3ピースでやってたんですよ。楽曲自体はギター2本ないと成立しないものだったので、ライヴでは同期でもう1本のギターを流しながら(笑)。

Taka-C:でも、演奏に全然馴染まなくて(笑)。しかも、(ステージでの)見栄えもどうなのって。

shown:どう考えてもおかしい(笑)。ギター・ソロが聴こえているのに誰も弾いてないんですからね。ライヴが終わったあと、"ギター・ソロは誰が弾いてたんですか?"って散々聞かれました。それで、これはやっぱりギターを募集しなきゃいけないってことになったとき、Taka-Cが大学の軽音サークルでKentaを見つけてきたんですよ。

Taka-C:そのとき、Kentaは別のバンドをやってたんですけど、"俺たちにはお前が必要なんだ!"って新曲ができるたびに聴かせて、口説き落としたんです。

Kenta:メチャクチャかっけーって思って、絶対やりたいと思ったんですよ。それまで別のバンドをやってたんですけど、思うようにいかないところがあって、"本気でやるならこのバンドだ"、"Emily Sugarならやりたいことができる"と思いました。

-さて、今回の『Feel U』を作るにあたっては、どんな作品にしたいと考えたんでしょう?

shown:最初はミニ・アルバムを作ろうと考えて、今まであった楽曲を入れて5曲ぐらいにしようとしてたんです。でもだんだんと、これもやりたいあれもやりたいといろいろなアイディアが浮かんできて、じゃあ6曲にしよう、7曲にしようってどんどん増えていった結果、10曲入りのフル・アルバムになりました(笑)。ベスト・アルバムっぽいものになっていると思います。3人で再スタートしたときの曲も入ってるし、Kentaが入ってからみんなで作った曲も入ってるし、僕らの歴史を感じられるものになったと思いますね。

-Track.1「fairy tale」がイントロっぽい曲だから、全10曲でひとつのコンセプトがあるんじゃないかと思いながら聴いてましたが。

shown:「fairy tale」と「so here I am」はもともと繋げて作ってたんですよ。その2曲と「your eyes」を、3人編成だったころに一度リリースしようと考えたんですけど、ライヴで再現できないのにリリースしても、CDを聴いてきてくれたお客さんをがっかりさせるんじゃないかってことになって、これまで温存してたんです。「your eyes」はシングルとしてリリース(※2014年に1stシングルとしてリリース)しましたけど、その3曲の延長上で今回のアルバムを作ったというところはあります。「so here I am」はこういう曲だから、そうじゃない雰囲気の曲も入れたいよね、というふうにバランスを考えながら作り上げていったんです。