MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×ROTTENGRAFFTY

2016.10.11UPDATE

2016年10月号掲載

Zephyren代表GEN氏×ROTTENGRAFFTY

ROTTENGRAFFTY:NOBUYA(Vo) N∀OKI(Vo) 侑威地(Ba)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰 Photo by 木場 ヨシヒト

-あれからまだ2年しか経ってないんですよね。スタート当時のころのエピソードなどがあればうかがえますか?

NOBUYA:Zephyrenが立ち上がって、コラボするなら第1弾じゃないと意味がないと思ってたんで、"第1弾でやってもらえるんなら、コラボお願いしたいです"ってGENさんに言ってて。たぶん10-FEETも同じ気持ちでGENさんに言ってたと思うんですよ。で、GENさんに"第1弾でできるけど、10-FEETと一緒にやりたい"って言われたんですよ。同じ京都で一番仲いいバンドなんで、一緒にできることがまた夢があるなと思って。で、わざわざ京都まで来てもらって"鴨川で撮りたい"って言ってくれたのも嬉しかったし。東京まで行かなくても、GENさんが京都まで来てくれるんだって。

侑威地:"京都で撮りたい"って言ってたもんな。

N∀OKI:10-FEETと一緒にモデルやることなんて今までなかったから、あの撮影のことも覚えてるし、楽しかった。あんな真っ昼間から京都の街で10-FEETと会うこともないんで、なんかすごい楽しかった思い出がありますね。

侑威地:当日帰るのかなと思ったら、"楽しいから残っちゃおうかなー"とか言って、その場でホテル予約して飲みに行ってましたね(笑)。

一同:(笑)

GEN:いやー、あのときは楽しかったわ!

N∀OKI:攻めまくりやし。出店も早かったもん。

-当時見ていて、鴨川で撮るというところにストーリーがあって面白いなと思っていました。

GEN:昼間から鴨川行ったこととかなかったし。なんか良かったな、思い返せば。俺の異常行動によってめちゃくちゃにしときながら、撮影を頼んで、わーっとやって。よくわからない節目だけど、そういう節目節目で一緒にいられるっていうのは、やっぱ運命を感じるというか。好きだから、こうやって一緒にいるわけで。

N∀OKI:俺らが全然アカンときも、ちゃんと気にしてくれてたし。A.V.E.S.T.出たいなーとか思っても、なかなか出れへん時期とかもあって。それは俺らの活動が芳しくなかったんやけど。初めて出させてもらったときはいいタイミングでしたし。

GEN:しかもeggman(笑)。

N∀OKI:俺らが志願したんですよ。

GEN:あれはヤバかったよね。

N∀OKI:入場規制かかってましたからね(笑)。

GEN:いきなりもう、人、人、人って。

N∀OKI:あのA.V.E.S.T.、めっちゃ面白かったなー。

NOBUYA:その次の回も10-FEETがTSUTAYA O-EASTのトリで、俺らが下のduo MUSIC EXCHANGEで出番を被らせるっていう。

N∀OKI:あれもめっちゃ面白かった。

侑威地:あえて被らす。

NOBUYA:普通そんなことしないじゃないですか。でもあえてしたのが面白かった。

侑威地:東京のど真ん中でライヴやってるのに、京都のバンドで締める(笑)。

GEN:俺、もともと関西の人が好きだから。東京はちょっと苦手(笑)。

侑威地:めっちゃ東京おんのに(笑)。

GEN:なんか東京って疲れるんだよね。

NOBUYA:京都に繋がりがありそうですよね、前世とかに。

GEN:だから、いずれ京都に出店しようと思って。

NOBUYA:絶対してほしい!

N∀OKI:全然働くんで。店長やりますんで(笑)。

NOBUYA:京都出店したら、絶対アツいな。

侑威地:またいきなり行くんでしょ? "決まったから"って(笑)。

一同:(笑)

NOBUYA:"今月末くらいに行くから~"とか言って(笑)。

-ちなみにそのA.V.E.S.T.は、Zephyrenを立ち上げてからの一発目のときも含めて、3年連続出演されてますよね? 中でも一番印象深かった回はありますか?

N∀OKI:やっぱeggmanじゃないですか?

GEN:あれはすごかったもん。"えー!?"って思って。

侑威地:自分でやっといて(笑)。

NOBUYA:eggmanは、俺らで始まって、ラストがTOTALFATで。それもめっちゃ面白かったですね。

N∀OKI:TOTALFATも1番目を志願してたけど、俺らの方が早くて。言うたもん勝ち、みたいな(笑)。

NOBUYA:そりゃ、やっぱAXに出られた方がいいんですけど、バンドマンとしては。でも、GENさんのイベントやし、突拍子もないことやる方が絶対記憶にも残るし。俺はその方がいいなと思ってたんで、それを言わせてもらったんですけど。

GEN:AXはほら、"ワンマンでやりたい"って言ってたから。

NOBUYA:そうですね。でも、それ言ったときにホンマ2秒くらいで"いいよ"って(笑)。

GEN:面白いなと。絶対なんか起こるんだろうなーって思ってたから(笑)、"全然OK"って。

NOBUYA:そういう心意気みたいなのがいいじゃないですか。