MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

神使轟く、激情の如く。

2019.09.30 @Zepp DiverCity(TOKYO)

Reported by 宮﨑 大樹

"神激"こと"神使轟く、激情の如く。"が結成わずか2周年にしてZepp DiverCity(TOKYO)で開催し、見事にソールド・アウトを記録したワンマン・ライヴ"神激2周年-神時代到来~God make nova~"。結成2周年でZeppワンマンと聞くと、もしかしたらその道のりは順風満帆なものであったと想像してしまうかもしれない。だが、彼女たちが歩んできたZeppへと至る道は、決してきれいに舗装されたアスファルト道路ではなく、むしろ道なき道を切り拓いていくようなものだったと言える。"アイドル業界に革命をもたらす"ことをコンセプトとしている彼女たちは、ツー・ステップやスカダン、ダブステといったバンド・シーンのノリを取り入れたり、独自のMCスタイルで魅せたりと、神激というひとつのジャンルの確立を目指してきたように思う。しかし革新的な行動というものは、時として批判も呼ぶもので、その言葉はメンバーの目や耳に直接入ってきていたようだった。それでも、自分たちの音楽、自分たちの流儀を信じて突き進んできたことが実を結び、この日、彼女たちはZeppを満員にしたのだ。そんなドラマもあってか、神者(※神激ファン)で埋め尽くされた会場では、いつにも増して彼女たちのエモーションが爆発していた。そして、Zeppだからといって変に特別なことはせず、いつも通りのやり方のままスケールを大きくしたこの日のショーからは、これまで神激が築き上げてきたものに対する自負の表れが窺えたようにも思える。

スタート・ダッシュを決めるかの如く、疾走感のある「残響カタストロフィー」からライヴは開幕。エモーショナルな歌唱からヒップホップのノリまで縦横無尽に展開していく様は、まるでジェットコースターのようだ。続く「風Zing!雷Zing!」では、神激メンバーに追随するように神者がフロアを左へ右へと大移動。およそ2,000人もの観客が次々とお馴染みの口上を叫んでいく光景は壮観だった。千変万化のミクスチャー・ロックに乗せて、ファンとともに作り上げる熱量の迸るライヴ。これぞ神激のライヴの真骨頂と言える。続く3曲目にキラーチューン「自己都合主義メタモルフォーゼ」をパフォーマンスし、序盤からフルスロットルで飛ばしたライヴは、その圧倒的な熱量を放ったまま進行していく。いわゆる曲間のMCを基本的には行わず、曲が繋がっていくなかでの、あくまで音楽の一部として捉えているような曲中のエモーショナルなMC。彼女たちのライヴの大きな特徴でもある革新的なMCスタイルの効果で、演者も観客も常に最高潮のテンションが維持されているのがわかる。なお、終盤で披露した「夏声蝉時雨」について、実久里ことのは、本誌インタビュー(※2019年9月号掲載)で"「この夏は全ていただく」と歌って、その結果として「全ていただけたのか」がZeppの景色でわかる"と語っていた。その結果は、全身全霊で本編12曲を駆け抜けていったこの日のライヴを通して、確かな手応えとして感じられたのではないだろうか。

熱狂の本編を終え、ダメ押しとも言えるアンコールでは新曲の「Supernova」を披露。歌詞にメンバー全員、スタッフ、そして神者の言葉が入っているというこの曲では、TiNAがボイスパーカッションに挑戦し観客を沸かせた。歌詞の面でも、曲の面でも、新しいことを貪欲に取り入れていくところは実に神激らしい。神激メンバーと神者が、それぞれ肩を組んで一体化した会場の景色はまさに壮観のひと言で、この新曲が今後の神激の歴史を語るうえでの重要な1曲になっていくことを予感させるひと幕だった。

この日、彼女たちは、来年2020年に最大規模を更新するワンマン・ライヴ"神時代覚醒 -GOD AWAKE WORLD-"を豊洲PITで開催することを発表した。熱狂の一夜を締めくくった、この日二度目の「自己都合主義メタモルフォーゼ」の曲中のMCで、妖精かなめが語った"邪道を貫き王道となる"という言葉。邪道と揶揄されようが、歩みを止めずにその道を王道へと変化させ始めた神激の7人が起こす革命は、これからも続いていくだろう。

[Setlist]
1. 残響カタストロフィー
2. 風Zing!雷Zing!
3. 自己都合主義メタモルフォーゼ
4. G.O.D
5. さよならネガティブ
6. 宣戦布告
7. 瞬間成仏NEXT YOU→
8. 喪失のカタルシス
9. STAGE
10. 革命前夜-AwakeEve-
11. 夏声蝉時雨
12. 不器用HERO
En1. Supernova
En2. 自己都合主義メタモルフォーゼ

  • 1