MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

神使轟く、激情の如く。

2022.03.30 @日本武道館

Reported by 宮﨑 大樹

桜が咲くためには、じっと寒さに耐えて長い冬を越える必要がある。あの日、日本武道館を囲む堀に咲いていた満開の夜桜は、これまでひたむきに走り続け、とうとうこの日を迎えた彼女たちの姿に重なって見えた。

結成から4年。いわゆるメジャー・レーベルに所属することもなく、独自のやり方で活動を続けてきた"バンドユニット"神激(神使轟く、激情の如く。)が、多くのバンドマンにとっての聖地である日本武道館でワンマン・ライヴ"宣戦布告"を開催した。

デビュー当時からの目標のひとつであった日本武道館の舞台に神激が立つ姿を見届けるために、多くの神者(神激ファン)が九段下に集った。彼らに迎えられ、二日よいこ、生牡蠣いもこ、三笠エヴァ、TiNA、涙染あまね、実久里ことのの順でメンバーがステージに登場する。神激が開幕に選んだのは、彼女たちにとっての初楽曲であり、本公演のタイトルにも据えられた「宣戦布告」。"夜明けを待ってた! 産声を上げる日を待ってた! 神使轟く、激情の如く。、目覚めの時だ!"。実久里ことのが叫び、爆音が日本武道館を席巻する。常にシーンの異端児であった神激の"宣戦布告"は、ついにこの場所で響き渡ったのだ。

続いて"神奏曲"シリーズの始まりの曲「神奏曲:テンペスト」へ。二日よいこの高速ラップ、"昇竜拳!!"とシリーズお決まりの必殺技を叫ぶ三笠エヴァ、涙染あまねのデス・ヴォイスといった、神激の"らしさ"、スタイルを誇示するようなステージングで魅せていく。ここから「青瞬螢詠」、「神奏曲:アブソルートゼロ」、「オキシバギー」と超展開を繰り広げる楽曲を次々と繰り出し、さらに大舞台を照らすライティングとVJ演出、そして役割と個性の分かれた歌声が相まって、いつも以上にものすごい情報量だ。

TiNAが声の代わりに拍手で応えるコール&レスポンスを求め、涙染あまねが"今あるものを全部ここに置いていきます"と静かに決意を口にした。そうして「夏声蝉時雨」を届けてから、ゴリゴリのメタルコア「神奏曲:インフェルノ」で日本武道館を燃え上がらせ、「生まれ変わっても自分になりたい」ではエモーショナルなメロディを歌い上げると、再びヘヴィなメタルコアの世界へ。「神奏曲:ガイア」では、緊張感のある無音ブレイクダウンを打ち砕くような涙染あまねの咆哮が、その場にいた人々に鮮烈な印象を刻みつける。

その後も神激らしさ全開の熱いライヴで突き進んでいくが、中盤では加熱しすぎた空気をいったんクールダウンさせるように、「発狂的発散案件=惰性」の歌詞にある"じっくり妄想シリーズ/武道館でやらせたる"が、実久里ことのによりオチ付きで実現。音楽だけではなく、ちょっとしたおふざけ(実久里ことの本人にとっては大真面目だろうけど)を全力でやるところも、神激の魅力だろう。

ここから再びライヴ・モードへ。二日よいこが無音状態で絞り出すようなラップを披露した「BAD CAKE」明けには、涙染あまねが"この熱気、まさにここはライヴハウス武道館です。こうやって本気でぶつかり合っていく時間が好きです。だからこそもっと遊びたい、もっと楽しみたい。まだやれますか!?"と、あの伝説の台詞を彷彿させる言葉を投げかける。普段はもの静かな涙染あまねが感情を露わにしていることからも、今日に懸けた特別な想いが伝わってきた。特別という意味では、ライヴ・アンセム「自己都合主義メタモルフォーゼ」のフリースタイル・ゾーンで会場を揺らすお馴染みの光景もこの日は特別に見えたし、「合法トリップ:ボイルハザード」で落ちサビを歌うTiNAを照らす、おびただしい数のオレンジのサイリウムも、ひときわ輝いて見えた。

初の日本武道館公演はいよいよラスト・スパートへ。ここで投下されたのは、この日のために作られた、自らの殻を破り限界を突破するための1曲「神奏曲:ライトニング」だ。稲妻か閃光のごとく、瞬く間にセクションが変化していくラスボスのようなこの曲に、エネルギー、スキル、想いなど、すべてを込めて立ち向かっていく。とりわけ、この曲で最大の見せ場となる、三笠エヴァと涙染あまねの叙情的なスクリームが交差する様は圧巻だった。

そうして、神激では初の試みとなるVJ映像で歌詞を映したことに触れたのは、全曲の作詞を手掛ける生牡蠣いもこだ。"こうやって歌詞を書いていると、勇気を貰えたって言ってくれる人もいるし、救われたって言ってくれた君もそこにいるし、神激の音楽が愛されているなって感じる。でも、最初は強がりだった。自分に自信がなくて、強がりでしか言葉が言えなかった。「きれいごとすらも現実に変えていこう」――そう思えるような自分になりたかった。だから理想の自分を歌詞に写した。そうしたら、いつの日か、強がりで吐いた言葉が現実に変わっていったんだ。君だってそう、最初は強がりだっていいんだよ。その強がりで吐いた言葉が、いつか君が見ている世界を変えていくから"。神者へのメッセージを伝えた生牡蠣いもこが感情を爆発させながら「不器用HERO」を歌い出し、最後は「Supernova」で夢の舞台が締めくくられた。

どれだけオーディエンスがいようとも、神激は1対1で対話をするようなライヴをする。そんな彼女たちの姿を観て、届けられたメッセージを胸に刻み、明日からまたやってやろうと思えた"貴方"はどれだけいただろうか。

"「悔いはねぇ!」って言って帰りたかったんだけど、全力を尽くすほどに、フロアの熱量を感じるたびに、やっぱり声が聞きたい。あんたらと一緒に私は歌いたい。だからさ、武道館、もう1回やろうよ"

MC中に実久里ことのが言ったその言葉が、現実になる日が楽しみだ。


[Setlist]
1. 宣戦布告
2. 神奏曲:テンペスト
3. 青瞬螢詠
4. 神奏曲:アブソルートゼロ
5. オキシバギー
6. 夏声蝉時雨
7. 神奏曲:インフェルノ
8. 生まれ変わっても自分になりたい
9. 神奏曲:ガイア
10. 喪失のカタルシス
11. STAGE
12. BAD CAKE
13. 自己都合主義メタモルフォーゼ
14. 合法トリップ:ボイルハザード
15. 神奏曲:ライトニング
16. 不器用HERO
17. Supernova

  • 1