MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

HEY-SMITH

2021.10.18 @渋谷TSUTAYA O-EAST

Reported by 荒金 良介 Photo by HayachiN、Kanade Nishikata

HEY-SMITHが3年ぶりになるライヴ会場限定シングル『Back To Basics』を引っ提げ、47都道府県ツアーを敢行。ツアー折り返し手前の渋谷TSUTAYA O-EAST公演は、同郷、大阪の先輩にあたるlocofrankが登場。木下正行(Ba/Vo)、森 勇介(Gt/Cho)、昨年5月にサポートで加入した横川慎太郎(Dr)を含む3ピース体制で、1曲目「Tobacco Smoke」からブッ飛ばす。"久しぶりにHEY-SMITHに呼ばれて、あの6人に会えて嬉しい。いつの間にか(猪狩秀平(Gt/Vo)は)YouTubeの教祖様になってて、俺らも撮ったで!"と語る木下。後半もハンドクラップで観客を束ね、ラストは初期の代表曲「START」を放ち、切れ味鋭いメロディックを叩きつけてくれた。
そして、SEが流れると、ついにHEY-SMITHの出番がきた。快活なホーンの響きと共に「2nd Youth」で本編開始。「Living In My Skin」の高速スカ・リズムでフロアを揺さぶると、メタル・リフが冴える「Over」と繋ぎ、序盤から猛攻撃を仕掛けていく。"久しぶりに新曲出ました。踊れるほうの曲!"と猪狩が言うと、「Fellowship Anthem」へ。人種差別に対してNO! を突きつけながら、シンプルな演奏と合唱コーラスで観客を踊らせていった。

"HEY-SMITHがライヴハウスに帰ってきたぞー!"と挨拶すると、次は「California」を披露。猪狩の伸びやかな歌声を含めて楽曲の良さを存分にアピールする。そのあと、"暴れたくなるほうの新曲!"と説明すると「Be The One」をここで投下。メタル、スカ、パンクなどHEY-SMITHの美味しい部分を凝縮した曲調で、YUJI(Vo/Ba)と猪狩のコントラスト鮮やかな歌声も素晴らしく、新たなアンセム曲誕生と言えるかっこ良さであった。今後のライヴにおいても重要曲になることは間違いないだろう。

そして中盤にはデモ音源で聴いて衝撃を受け、のちに1stアルバム『14 -Fourteen-』に収録された「DRUG FREE JAPAN」も炸裂。バンドの原点とも言えるメタル・テイスト溢れるパンク・サウンドは、今なお強烈な破壊力を発揮。それから間髪入れずに「Download Me If You Can」に移り、個人的に大好きな楽曲が続く流れに興奮を抑えられなかった。

"大阪のlocofrankと東京で対バンするとは......"と猪狩は感慨深く語り、メロディアスな「Summer Breeze」、緊張感を帯びた「Truth Inside」と繋ぎ、ショーは佳境に差し掛かる。かなす(Tb)の威勢のいいコーラスが映える「Let It Punk」をやり終え、本編ラストは「Goodbye To Say Hello」で締めくくった。アンコールを要望する拍手に応え、バンドは再びステージに登場。「I'm In Dream」、「Don't Worry My Friend」と畳み掛け、最後は「Endless Sorrow」をプレイした。イントロが始まった瞬間、観客はその場で躍り狂ったり、ヘドバンしたりと、最高潮の盛り上がりを記録。合唱パートも歓声は聴こえないけれど、それを凌駕するほどの熱狂ぶりで、改めて音楽のパワーを思い知らされた。しばらくの間、コロナ禍のガイドラインを守ってのライヴハウス観戦は続くだろう。そうした観客の気持ちを汲み取り、よりいっそう前のめりに攻め立てるHEY-SMITHの振り切ったパフォーマンスに魅せられた。深刻になりすぎず、音楽の楽しさを全力で伝えようとする衝動的な姿勢にグッときた。

  • 1