MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

locofrank | PUNKSPRING 2010

2010.04.04 @幕張メッセ

Reported by TETU★KID

グリーンステージのラストを務めるのはlocofrank。定刻になろうかという頃、突然場内が暗転。と同時に、観客から怒号のような歓声が沸きあがった。盛大なOiコールと手拍子に迎えられ、意気軒昂に登場したlocofrankの3人。Idol Punch、Racco画伯によるイラストを刻んだ巨大なバック・ドロップがとても印象的だ。情感も豊かにバツグンの声量で歌い上げる木下、飛んだり跳ねたり足を蹴り上げたり、デカいアクションでギター弾き倒す森、鼻っ柱の強いリズムをドカドカと叩き出す笹原――それぞれの持ち場で持ち得る限りのエネルギーを一音一音に注ぎ込み、ペース配分など考えずにどんどんライヴを進めていく。
"ようこそ!今日はやってしまおう。余計なこと考えんでエエ、最高のライヴを作ろう!!"と木下のMCもアツい。キッズも負けじと激烈なモッシュ&ダイブで応戦(フロアのそこここで同時多発的にヘッド・サーフが巻き起こる様はマジ圧巻!)。
なかでも中盤のリミッター振り切って果敢に未体験ゾーンへと踏み込んでいった怒涛の名曲連打にはシビれまくった。今回のステージは間違いなく、locofrank史上最高の1つと言っていいだろう。すべてを曝け出すバンドだから、観客からのリアクションもダイレクトに飛んでくる。時には"まだまだ足んねーぞ!"という挑戦的な声援も飛び交い、そんなバンドと観客とのガチンコなライヴはこのステージのトリに相応しいものだと思った。
なぜlocofrankのライヴはこんなに楽しくも死にもの狂いで、生き急ぐようなエネルギーに溢れているのか?"1回でもいいから生きた心地がしたい...・・・死ぬまでに1回でも多く、心の底からそう思いたい。俺たちはそんなバンドです。生きた心地がしたかったらライブ・ハウスでまたお互い成長して会おう!"燃焼し切ってほとんど足元もおぼつかないほどだが、去り際に何度も"ありがとうございました!"と感謝を告げ、深々とお辞儀を繰り返すメンバー。普段はおバカで調子のいい連中だけれど、ホント、どこまでも律儀で実直な3人なんだなと感じた。6月にはアルバムもでるので、これからのlocofrankにも期待大である。 

  • 1