MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

オメでたい頭でなにより × 激ロック × バイトル

2018.04.10UPDATE

2018年04月号掲載

オメでたい頭でなにより × 激ロック × バイトル

メンバー:赤飯(Vo) ぽにきんぐだむ(Gt/Vo) 324(Gt) mao(Ba) ミト充(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 上溝恭香

オメでたい頭でなにより × 激ロック × バイトル キャンペーン情報

  1. フォロー&RTでオメでたい頭でなによりのサイン色紙をプレゼント
  2. バイトルのアプリDLでオメでたい頭でなによりのサイン入りタオルをプレゼント

▼応募はこちら
https://www.baitoru.com/contents/geki/18.html#oubo


-どこでも頼りにされている感じですね。

mao:車の買取屋だったときは、うち(の事務所)の機材車も探したりしてたよね。

-バンドの機材車はみんなで折半して買ったりしてるんですか。

mao:最初のは、ミト充さんが4~5万で持ってきたんだよね。

ミト充:最初は僕の車で、働いていた関係で安く買えたので。4万だったかな。

ぽにきんぐだむ:すごいよね、ラジコンくらいの値段。

ミト充:5人だけで回していたときは、ずっとその車で大阪日帰りしたりして。

ぽにきんぐだむ:まあまあポンコツなので、高速を走っていると下のバンパーみたいのが取れて、ガーっ! ってなってたりしてね(笑)。

ミト充:ガス欠で(車体を)押したこともあった。

mao:そんな思い出もあるね。

ぽにきんぐだむ:バンドマンっぽいですよね。

-オメでたい頭でなによりを始めたときは、みなさんバイトはしていたんですか。

ミト充:バイトをしていたのは、俺だけかな。

mao:バイト王だからね。

ミト充:動いていた方が、気が楽っていうかね。ダラけちゃうと、ぐでーっとしちゃうし。他はみんなサポートの仕事なんかもしていたんですけど、僕はそこまでなかったので。ちょっと前までバイトはしてましたね。

-バイト経験で役立っていることはありますか。

ぽにきんぐだむ:だいたい役立っているんじゃないかな。コミュニケーションとか。

mao:それこそ料理とかもそうだしね。

324:俺だけだね、役に立ってないの。

ミト充:でも、プロフィールに書いてるじゃん。

324:Twitterのプロフィールに、"チョコとおちょこを間違えてクビになった"って書いてるけど。俺、そこに書くためにバイトしてたのか(笑)。

赤飯:まぁ、話のネタにはなりますからね。それこそコンサート・スタッフの話なんて、めちゃめちゃあるじゃないですか。いろいろ怒られたこととか。

ぽにきんぐだむ:今、ライヴとかで会場に入って、前に働いていたコンサート・スタッフのパーカーを見ると、すごく優しくなる(笑)。過剰に"お疲れさまです"って言っちゃうような。

赤飯:自分たちが働いていた当時、アーティストの方が声掛けてくれるだけで死ぬほど嬉しかったやん。そういうことだよな。

mao:バイトも、いずれは偉くなるんですよ。テレビで言うと、ADがディレクターになったりするわけですよね。その人に優しくしておくのは大事。

赤飯:めっちゃ計算高いな(笑)。でもまぁ、そういうのもありますけどね。

324:単純に、人に優しくしようよっていうことだよね。


今回のドリームバイトは、うちのメンバーふたりも応募してました。ちゃんと意気込みとかも書いてね(ぽにきんぐだむ)


-324さんのバイト経験としては、苦いものが残っている感じですか。

324:まぁ、そのレストランでの1件と、あとは治験のバイトでお薬を飲む方のバイトもありました。僕の場合は、週に何日もバイトをするくらいだったら、ギターを弾きたいし、音楽を作りたいというのがあったから。

ぽにきんぐだむ:単発で稼ごうと。

324:治験のアルバイトで80万円稼いで、作曲の機材は全部揃えて、あとはバイトはしないで、音楽で稼いでいたんです。

赤飯:あ、僕もうひとつバイトありました。カラオケのガイド・ボーカルに僕の声が入ってるんですよ。JOYSOUNDで"ガイド・ボーカル入り"っていうのがあるんですけど、何曲か僕が歌ってます。例えば、Hilcrhymeの「春夏秋冬」は僕ですね。あと、AAAをひとりで歌っていたりします。それを週1で2曲とかやっていました。

mao:特殊だよね。それは赤飯にしかできない。

赤飯:昔から、よく人のモノマネとかをやっていたんですけど。その仕事では、その人っぽく歌ってくださいとか、クセをマネしてくださいと要求されるんです。マネをしていた経験が、初めて役に立ってお金に変わったということに感動しました。

mao:自分のスキルがバイトに使えるのはいいよね。ちなみに、ナベちゃん(※ドリームバイトの鍋島菜摘さん)は何かバイトやってたんですか。

ミト充:こっちから質問するパターン!?

ぽにきんぐだむ:言っときますけど、今回のドリームバイトはうちのメンバーふたりも応募してますからね。

ミト充:俺、落ちてるからね。

324:そうだよ。3万貰えるの? って応募したら、落ちたよ。

ぽにきんぐだむ:ちゃんと意気込みとか書いて応募してますからね。

-そうでしたか(笑)。ちなみに鍋島さんは、「wosushi ~ウォールオブ寿司~」(2016年リリースの1stミニ・アルバム『オメでたい頭でなによりです!』収録曲)のMVのエキストラに参加していたそうですよ。

鍋島:はい、2日間行きました。


ぽにきんぐだむ:じゃあ、我々のこと知ってるんですか。

ミト充:それはそうでしょ!

ぽにきんぐだむ:3万円に目がくらんだだけかと思った(笑)。

mao:楽しかった?

鍋島:めっちゃ楽しかったです。

mao:それなら良かった。

-では、鍋島さんからの質問の前に、みなさんから今、夢を追い掛けながらバイトを頑張っている人へ、メッセージやアドバイスを貰えますか。

赤飯:ドリームを掴むためにがむしゃらに自分の身を粉にしてというのも、どこかで限界がきちゃうから。バランスをとって、うまくやっていく方法というのも、やらなあかんよ! っていうアドバイスはあるよね。

-先ほどの324さんのような働き方も、選択肢としてはありますからね。

324:そうですね。本音を言うなら、バイトしてる暇があったら(音楽の)練習しようとかもあるけど。でも、自分がやりたいことって、千差万別じゃない? 音楽だけじゃないし。

ぽにきんぐだむ:飲食をやりたくて、飲食でバイトすると言うのはありだしね。

324:音楽をやりたいなら、音楽に関する仕事はたくさんあるし、その現場にいるのは、それだけでも価値があるから。例えば、ライヴハウスで働くことで、裏方の人にも気を遣えるようになるし。そうやって、絶対何か関連づけられることはある。自分のやりたいことに少しでもマッチするバイトとか、働くところは絶対に存在するから、貪欲に吸収するつもりで、めげずにそれを探すのも大事かな。とりあえずお金が欲しいから、募集のある適当なところに行くのではなくて、時給って、つまりは自分の寿命の切り売りだからね。その値段で、自分の寿命を買い取ってもらってるようなことだから、それは無駄にしたらいかんのではと私は思いますよ。

mao:まとめると、バイトの経験は、将来の夢に役に立ちますよということです。