MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

"CAFFEINE BOMB TOUR 2017"座談会

2017.09.20UPDATE

2017年09月号掲載

"CAFFEINE BOMB TOUR 2017"座談会

HEY-SMITH:猪狩 秀平(Gt/Vo)
Dizzy Sunfist:あやぺた(Vo/Gt)
SHIMA:EGACCHO(Vo)
CAFFEINE BOMB RECORDS/CAFFEINE BOMB ORGANICS:MOPPY(社長)
インタビュアー:荒金 良介 Photo by ゆうばひかり

今年、創立15周年を迎えたパンク・レーベル"CAFFEINE BOMB RECORDS/CAFFEINE BOMB ORGANICS"。レーベル名はイギリスのTHE WILDHEARTSの超名曲から命名されているとおり、もともとCDショップで働いていた経歴を持つレーベル社長 MOPPY氏の根っからの音楽好きが窺える最高のネーミングだ。そして、今回は5年ぶりにレーベル・ツアー"CAFFEINE BOMB TOUR 2017"を決行! それに伴い、ヘッドライナーを務めるHEY-SMITHの猪狩秀平、Dizzy Sunfistのあやぺた、SHIMAのEGACCHOの3人に社長を交え、4者による座談会を行った。

-今年15周年を迎えるレーベル"CAFFEINE BOMB RECORDS/CAFFEINE BOMB ORGANICS"が、5年ぶりに行うレーベル・ツアー"CAFFEINE BOMB TOUR 2017"を中心に話を訊きたいと思います。まずこの15年を振り返って、どんな感想を持ちますか?

MOPPY:みんなに助けられた15年ですね。いろんなバンドと仲良くなって、そのバンドたちにも助けられたから。出会いがすべてですね。

猪狩:お肉も付いたでしょ?

MOPPY:体重はね、徐々に......。

猪狩:儲かってる証拠でしょ?

MOPPY:違うわ! 安いもの食べてるから太るんじゃ!

-ははははは。

MOPPY:何もない人間だし、ただの音楽好きですからね。

猪狩:異常に詳しいっすもんね。レベルが違いますもん。

MOPPY:そこだけは負けない気持ちがあります。

-MOPPYさんから教えてもらったバンドもいたり?

猪狩:めっちゃありますよ! それこそメタル系もそうだし、普通に生きてたら、絶対出会わないバンドも教えてもらって。MOPPYさんの家にCDだけの部屋があって、よく泊まっていたから聴いてました。

MOPPY:猪狩に貸して、なくなったCDもありますね。

猪狩:ははははは。

あやぺた:私もめっちゃ聴きました。いろいろ薦めてくるから、早く寝たいのにって。

MOPPY:ははははは。

猪狩:あと、MOPPYさん家のリビングで音楽のDVDを観てましたね。『The Big 4』(※METALLICA、SLAYER、MEGADETH、ANTHRAXが行った合同ライヴの模様を収録した2010年リリースの映像作品)を観て、ほかのメンバーが"前奏、長い!"って。

MOPPY:あのDVDは革命的だったもんね。あやぺたにもパンクをめっちゃ教えたよね?

あやぺた:女ヴォーカルのパンクとか。

MOPPY:ほかにMichelle Branch、Shania Twain。NO DOUBTも教えたもんね。

猪狩:NO DOUBT、聴いてなかったん?

あやぺた:はい(笑)。

-『Tragic Kingdom』は名盤です。

MOPPY:ですよね? 懐かしいですね。

-EGACCHOさんは?

EGACCHO:僕は基本的にMOPPYさんとはラーメンの話しかしないです。

MOPPY:ははははは。EGACCHOは年間300杯以上食べますからね。

あやぺた:歩く"食べログ"ですからね。

MOPPY:ほんとそう。EGACCHOにラーメンのこと聞くバンドマン多いですからね。

-そもそもMOPPYさんが2002年にレーベルを立ち上げた動機は?

MOPPY:自分のバンドを出すために適当に作りました(笑)。

猪狩:あの、最高のバンドでしょ?

MOPPY:やめてください。

あやぺた:ドムドムバーガー?

MOPPY:うるさい(笑)。ちゃんと話すと、みんな事務所にデモとか送るじゃないですか。正直、それがめんどくさくて。僕はCD屋さんで働いていたんで、流通のシステムも勉強してたんですよ。じゃあ、自分でやっちゃえって。かっこよく言うと、DIYです。勝手にレーベル作って、勝手にロゴを作りました。

猪狩:ちなみに俺はMOPPYさんが出したSCREAM、FAITHが自分の中でバコン! と来て。めっちゃ洋楽やったし、特にFAITHはメロディックだけど、フレーズはメタルで、自分にとってこんなにど真ん中のバンドがいるんや! って。それで"CAFFEINE BOMB RECORDS/CAFFEINE BOMB ORGANICS"というレーベルを知りました。

MOPPY:FAITHでレーベルを知ってくれた人は多いですね。うちでリリースできなかったら、FAITHは解散するつもりだったみたいで。で、聴いたら、めちゃくちゃかっこいいじゃん! って。これをリリースしない意味がまったくわからなかったですね。

-FAITHはMOPPYさんの事務所で取材した記憶があります。このへんで、3バンドとの出会いを聞かせてください。

MOPPY:忘れもしない、AUTHORITY ZEROの初来日公演(※2007年開催)です。大阪に3.6MILK(現SUNSHINE DUB)のSATOSHI(現サトサンシャイン/Ba/Vo)がいて、"大阪にいいバンドいない?"と訊いて、紹介してもらったのがHEY-SMITHで。AUTHORITY ZEROの大阪公演に出てもらったのが初対面ですね。猪狩も"レーベルどうしよう?"って、SATOSHIに相談してて、SATOSHIが"MOPPYのところがいいんちゃうん"って。

猪狩:(声を大にして)すごくたくさんオファーがあったので。

MOPPY:いや、そうなんですよ。十数社からあったもんね。

-それはすごいです!

MOPPY:今でも覚えているけど、梅田のマルビルのスターバックスで、ふたりで2時間くらい話して。そのときにね、衝撃的なことを言うんですよ。

-なんと言われたんですか?

MOPPY:"僕らちゃんとやるんで、一番面倒をみてください"って。あっ、こいつは普通の奴とは全然違う! と思いました。

猪狩:まず出してあげるよとも言われてないのに、"俺のバンドをプライオリティ高くやってくれ!"と言ったんですよ(笑)。

MOPPY:売り言葉に買い言葉で、"ファースト・プライオリティでやる!"と言ったんですよ、なぜか。

一同:はははははは(笑)。

MOPPY:ぶっちゃけ、このバンドを売らないと、俺もレーベルやってる意味がないと思いましたからね。

-MOPPYさんはHEY-SMITHのどこに惹かれて?

MOPPY:めちゃくちゃなところですね。ライヴでも裸だし、インパクトがズドーン! ときて。デモをもらったときにも、かっこいいなと思ったし。

猪狩:SCREAM、FAITHがいたし、SATOSHI君とか、思いっきり信用している人たちがMOPPYさんを薦めるから。"なんで?"と訊いたら、とにかくいい奴やからって。いい奴、熱いなぁと思って(笑)。会社のサイズどうこうじゃなく、人で選びました。

-そして、2009年にHEY-SMITHと契約して、Dizzy Sunfistと2013年に契約するので、少し間が空きますよね?

MOPPY:そうなんですよ。FAT PROP、HEY-SMITHをやるので精一杯で、新人をやろうという気になれなくて。で、どこで出会ったんだっけ?

あやぺた:FAT PROPのインストア・ライヴ。

MOPPY:あぁ~、そうだ!

あやぺた:猪狩さんがPAをやってたんですよ。

猪狩:あっ、一度だけやったことある!

あやぺた:そこでMOPPYさんに出会って、『3rd DEMO』(2011年リリース)を渡したんですよ。

MOPPY:で、"東京に来たら、観に来てください!"って。そういうバンドは多いけど、東京に来るたびに必ず連絡くれてたんですよ。それでF.A.D横浜に観に行ったのかな。そこでスターバックスに行って。

猪狩:好きやなぁ、スターバックス。

MOPPY:ははははは。直接、"入りたいです!"という言葉をもらって、それから1年ぐらい考えたんだよね。

あやぺた:そうですか? わりとすぐやった記憶があるんですけど。

MOPPY:いや、俺の中ではわりと泳がせた記憶があるんだけど(笑)。

-MOPPYさんが即決しなかった理由は?

MOPPY:俺がやるべきかどうか、わからなかったんで。関わったら、そのアーティストを成功させなきゃいけないプレッシャーがあるから。それで考えちゃうんですよ。アーティストの人生がかかってますからね。100パーセント売れるなんてことはないけど、最大限やってあげたいから。