MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SHIMA

2019.04.16UPDATE

2019年04月号掲載

SHIMA

メンバー:EGACCHO(Vo) YUSUKE HIKIDA(Gt/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

SHIMAの2ndアルバム『BLAST』は間違いなく最高傑作と言える仕上がりだ。前シングル『すすれ-Re麺ber-』に続き、HEY-SMITHの猪狩秀平をプロデューサーに迎えた今作は硬派なSHIMAらしさにフォーカスを当てることで、本来バンドが持っている楽曲の良さが前面に押し出されている。ザッカザカのヘヴィ・リフが脳天を直撃する激越盤である。マスタリングはPANTERA、NIRVANA、RANCID、SLAYERなどを手掛けてきたHowie Weinbergを起用しており、凄まじい音像の破壊力も聴きどころになっている。EGACCHO、YUSUKE HIKIDAのメンバーふたりに話を訊いた。


今までとは違う新しいSHIMAを見せたかった


-今作はめちゃくちゃかっこ良くて、表題通りSHIMAらしさが爆発した1枚ですね。

HIKIDA:有り難いです。"BLAST"もいろんな候補から選んだんですけど、候補も端から端まで出ましたからね。アルバム名だけで締切のケツを延ばしたくらいなんですよ(笑)。

-他にはどんな案があったんですか?

EGACCHO:例えば"SHIMAISM"、"忍法なんとか版"、"テクノブレイク"......。

HIKIDA:"沸騰"とか、PANTERAの"俗悪"(※邦題/原題は"Vulgar Display Of Power")みたいな感じで。

-PANTERAの漢字2文字シリーズですね(笑)。

HIKIDA:リアルに100個以上出して、そこから決まりました。ここまでアルバム名にこだわったのも初ですね。猪狩(HEY-SMITHの猪狩秀平/Gt/Vo)の"BLAST"はどう? という意見から、響きもいいし、最終的に満場一致でこうなりました。

-そして、今作は前シングル(2018年リリースの1stシングル『すすれ-Re麺ber-』)と同時進行で制作してたんですよね?

HIKIDA:そうですね。いっぱい作った曲の中からどれをシングルにするかを決めましたからね。その中で「すすれ-Re麺ber-」が選ばれたので、作曲は同時進行でした。今回の「LINDAMAN」もシングル候補に上がったけど、「すすれ-Re麺ber-」の方がシングルに相応しいかなと。なので、「LINDAMAN」は今回のリード曲になりました。

-なるほど。まずは今作を作り終えたふたりの感触から聞かせてもらえますか?

EGACCHO:非常に満足感に溢れております。ここまで細部にこだわったのは初めてだし、毎回"最強やろ!"と思ってリリースしてきたけど、過去作とは比にならないくらい本気でやれましたからね。これはマジで届くと思ってます。超自信作です。

-細部のこだわりというのは?

EGACCHO:がりちゃん(猪狩)がプロデューサーとして入ってくれたことで、見落としていた部分に気づけたりして。自分たちの武器を客観的に見れないところもあるし、"EGACCHOさん、ここ伸ばしてもいんじゃないですか?"と言われることもありました。 メンバーとは結成からずっと一緒なので、いい意味でお互いのいいところが見えたりするのですが、逆に気づかないところもありますからね。あと、今回はジャケもかなり気に入ってます。

-今作はメタル度の高いジャケですね、IRON MAIDENみたいな雰囲気で(笑)。

EGACCHO:そうですね。ジャケのデザインは福岡のSOWLKVEというバンドのメンバーが描いてくれました。今回の音源のキャッチフレーズでもある"稲妻脳天直撃最強盤"という言葉のニュアンスを伝え、実際に音源を聴いてもらい、このアートワークになりました。今作は今までとは違う新しいSHIMAを見せたかったですからね。"なぜいつもふざけるんですか?"とがりちゃんに言われて(笑)。

-根本の部分に斬り込んできたわけですね?

EGACCHO:そう! いや、ふざけるっていうか、それが楽しいからやってるんだけどなって。そこで"今回はかっこいいものにしましょ?"と言われたんですよ。

-それは猪狩君の提案だったんですね。

HIKIDA:ここまでかっこつけたのは初めてかもしれないですね。どこかにユニークさ、接しやすい部分とか、親近感みたいなものを意識してましたから。

-逆になぜ今まではかっこつけられなかったんですかね?

HIKIDA:普段からお調子者の部分がありますからね。

EGACCHO:最初から最後までキリッとしているのが嫌なんですよ。例えばアーティスト写真を撮る際にメンバー4人でスーツを着たとしても、横にウンコを置きたくなるんですよね。

-はははは(笑)。照れがあるんですね、かっこつけることに。

EGACCHO:かもしれないですね。ただ、照れっていうよりは楽しいことを突き詰めてるだけの意識ですが(笑)。

HIKIDA:大学のサークルのノリのままずっとやってる感じはありますね。

-猪狩君は良くも悪くもその身内ノリ感が気になったんでしょうね。

EGACCHO:そうなんでしょうね(笑)。じゃあ、ちゃんとやってみるか! って。自分たちだけではこうならなかったと思います。

-ただ、ライヴで観るEGACCHOさんは超真面目ですよね。

EGACCHO:俺......真面目なんですよね。

-あんなにガチで熱いMCをする人を久しぶりに観ました。

EGACCHO:ははははは(笑)。

-もともと男気は持ち合わせている部分というか。

HIKIDA:本来真面目な人ですからね(笑)。

EGACCHO:最近は素の方がかっこいいんじゃないかと思い始めて......それで熱いことも言えるようになったのかなと。以前は秘めた方がかっこいいし、その方が強いと思っていたけど、そこは変わりましたね。

-ライヴで受ける熱さと音源に隔たりがなくなりましたよね。

HIKIDA:そう言われると嬉しいですね。ただ、今回の曲作りはめっちゃしんどかったんですよ。でも曲を書いてメンバーに聴かせたときにいい反応を貰えると、それがやる気に繋がりますね。"どんな曲が欲しい?"とメンバーに聞いたり、この曲は猪狩が喜ぶかなって、みんなの気持ちを考えて曲を作るようになったりしたから。それはひとつ成長したところかなと。

-それは大きな変化じゃないですか。

HIKIDA:EGACCHOともお互いに思ったことは口にしようと話しましたからね。自分はわりと飲み込んでしまう方だけど、今回は意見もちゃんと言えたし......制作を通して自信を持てるようになりました。レコーディング期間中も毎晩飲んでたんですよ。"俺はこんな曲書けないっすよ!"と猪狩に言われてめっちゃ嬉しかったし。ベロベロになったEGACCHOから"バンド人生の中でひっきー(HIKIDA)さん、今めっちゃかっこいい!"と言われて。

-モチベーションは上がりますよね。

HIKIDA:そうですね。地獄でしたけど、メンバーから頼りにされてる感も伝わってきましたからね。