MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

a crowd of rebellion × 激ロック × バイトル

2018.07.10UPDATE

2018年07月号掲載

a crowd of rebellion × 激ロック × バイトル

メンバー:高井 佑典(Ba) 近藤 岳(Dr) 小林 亮輔(Vo/Gt) 宮田 大作(Vo) 丸山 漠(Gt)

インタビュアー:杉江 由紀 Photo by ゆうばひかり

前川:わかりました、ありがとうございます。それから、これは僕の個人的な見方ではあるんですけど、こういう界隈のバンドさんたちは横の繋がりが結構あるのかなと思うんですが、みなさんが仲良くされているのはどんな方々ですか?

小林:ジャンルは全然違うんですが、ゴールデンボンバーの鬼龍院 翔(Vo)さんによく飲みに誘ってもらってます。実は僕、高校1年生のときに、当時まだこんなに有名になる前だったゴールデンボンバーと対バンしたことがあるんですよ。のちのち、フェスで一緒になってご挨拶をしたときに"おぉ、あのときの!"みたいな感じになって、そこから仲良くなりました。あと、ヴィジュアル系でPlastic Treeの有村(竜太朗/Vo)さんとも仲良くさせていただいてますね。僕、大ファンなんです(笑)。でも、そのくらいかも。うちのバンドは、わりとそんな感じです。個人レベルで飲みに行く人はいたとしても、バンド同士で付き合いが深くて横の繋がりがあるっていうのは基本的にないですね。というのも、僕らは仲良くなるまでにだいぶ時間がかかっちゃうんですよ。うちは鎖国みたいなバンドなんです(笑)。

近藤:そういうとこ、前はあったよね(笑)。

宮田:今はもう考え方として"打ち上げは交友関係を広げる場所だ"っていうふうにやっとなりましたけど、昔は他のバンドさんから打ち上げに誘われても、"怖い......"ってなっちゃって、打ち上げの場でメンバー5人でぎゅって固まってました(笑)。最近は、ヒスパニ(ヒステリックパニック)なんかとも仲良くさせてもらってます。

前川:それだけバンド内の仲がいいっていうことですよね。

宮田:それは周りからも言ってもらうことが多いです。たぶんそうなんですよ(笑)。

前川:あはは(笑)。みなさん、今日は貴重なお話をいろいろとありがとうございました。今うちの大学にはa crowd of rebellionさんのコピーをして頑張っているバンドもいますし、僕も今度ライヴに行くときは柵を乗り越えるくらいの勢いでガンガン行くので(笑)、また、すごいライヴを見せてください。これからも応援してます!


a crowd of rebellion × 激ロック × バイトル キャンペーン情報

バイトルのアプリDLでa crowd of rebellionの
サイン色紙+男祭り限定手ぬぐいプレゼント

バイトルのアプリをダウンロード後、お知らせメニュー一覧にある激ロック×バイトルのページからご応募いただけます。
キャンペーン詳細はこちら


フォロー&RTでa crowd of rebellionの
サイン色紙をプレゼント

応募方法は、激ロック Twitterアカウントをフォローした上で該当のつぶやきをRTするだけ。締切は7月24日(火)。たくさんのご応募お待ちしております。
※お送り先をDMで伺いますので、激ロック Twitterアカウントをフォローした上でリツイートをお願い致します。