MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×MY FIRST STORY

2017.04.10UPDATE

2017年04月号掲載

Zephyren代表GEN氏×MY FIRST STORY

MY FIRST STORY:Hiro(Vo) Teru(Gt)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰 Photo by umihayato

A.V.E.S.T project vol.10の開催を目前に控えた今回のZephyren対談には、日本武道館公演、ドキュメンタリー映画公開とバンドのキャリアにとってのマイルストーンを打ち立ててきたMY FIRST STORYの2人が1年ぶりに登場。この1年の振り返りから、A.V.E.S.Tへの出演に向けての思いまで、Zephyren代表でありながらMY FIRST STORYの所属するINTACT RECORDSの代表でもあるGEN氏とともに語った対談インタビュー。

-モデル撮影お疲れさまでした。まずはGENさんの目から見て、おふたりのモデルとしての魅力をうかがえますか?

GEN:ずっとやってもらってるからね。マイファス(MY FIRST STORY)結成のころは、当たり前だけど、若いし堅かったよね。でも今は撮られ慣れてるっていうか、今日もかなり巻いて撮れたしね(笑)。あとは、みんなだいぶ大人になってきたというか。表情もすごく変わってきて、以前より引きしまってきている感じがしますね。ライヴをやっている会場の規模もどんどん大きくなっているので、そういうところからも雰囲気が出てきてるのかなって。

-今日の撮影もめちゃくちゃ早かったですね。

GEN:なんとなく、巻いてほしそうな雰囲気だったんで(笑)。

一同:(笑)

-シルエットが特殊なZephyrenのアイテムを着こなしているカットを見るたびに、そもそもそのアイテム自体がおふたりのことを考えて作ったんじゃないかとよく思っています。実際のところはいかがですか?

GEN:それは結構ありますね。だいたい友達とか仲間にこんなの着てほしいなと思って作っているので。"これはHiroに着てもらおうかな"っていうのは、だいたい最初にイメージできてますね。あとは、それを実際に合わせていくっていう感じです。

前回の対談が昨年の春でしたが、昨年11月に日本武道館公演、今年2月にドキュメンタリー映画公開と、今回の対談までの約1年の間にバンドのキャリアにとって大きなマイルストーンを立てた期間になりましたね。この1年を振り返ってみていかがですか?

Teru:ホントに、1年と思えないくらいの濃さで。それこそ、去年のここでのインタビューと動画も残ってるじゃないですか。見返してみると、"まだ若いな"って(笑)。この1年はいろいろ経験してきたなっていう1年だったので。

-Hiroさんはどうですか?

Hiro:月並みなスピードで進んでる気はするんですけどね。人には干渉されない、"just leave me alone"ってとこです(笑)。

-日本武道館のステージの感想をおふたりにうかがいたいと思います。実際に立ってみて、いかがでしたか?

Hiro:これ、いろんな取材で共通して言ってることなんですけど"覚えてない"んです(笑)。

Teru:4月に発売されるDVDを観て、やっと実感できるかなって思っていますね。

Hiro:僕はもう見飽きるくらい観てるんですけどね。5,000回くらい観てるから。

Teru:そうか(笑)。むちゃくちゃ編集してたもんね。

Hiro:4日間ね! ぶっ通しで編集してましたからね。つらかったですよ。

-武道館当日よりも?

Hiro:全然つらかったですよ、編集の方が! もう二度としたくない(笑)。14時間くらい缶詰にされて。

-14時間×4日間?

Hiro:そうです。それプラス、その時期はレコーディングもあって。

-バンドの初期から見てきて、そしてINTACT RECORDSの代表でもあるGENさんから見た日本武道館のステージはいかがでしたか?

GEN:武道館はね、お酒も飲まずに、一瞬も目を離さずに観てたんですよね。やっぱり武道館を目的としてずっとやってきたのはわかっているので、この目に焼きつけとこうと思って。率直に言うと本当に感動したし、うるっときちゃいましたね。こうしてやってきて、よかったなって思えた瞬間でしたね。Hiroが高校生のころから始まって、まさかこんな景色を見させてくれるとは思っていなかったんで。武道館には何度か観に来たことはあるけど、普通に上の方で観てて。今回はPAのところで正面からずっと観て、やっぱりいろんなことがよぎって。ここまで来るのに、いろんな人と関わってきたし、K(Pay money To my Pain)のこととかも思い出したりして。いろんなことを思い出しながら観てましたね。あとは、演出がどんなふうになっているか聞かされてなかったので、ドン! って大きい演出のたびに、いちいちビクッとしたりして(笑)。面白かったです。

-その演出はメンバーのみなさんで考えられたんですか?

Hiro:そうですね。ああしようこうしようって。みんなで意見を出し合って実現できた1日なんじゃないかなって思っています。