MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

神使轟く、激情の如く。

2019.09.05UPDATE

2019年09月号掲載

神使轟く、激情の如く。

メンバー:実久里ことの 生牡蠣いもこ 涙染あまね 二日よいこ 妖精かなめ 三笠エヴァ TiNA

インタビュアー:宮﨑 大樹

"この夏は全ていただく"と歌った結果がZeppの景色でわかる


-イントロがカッコいいという話もありましたけど、曲のどの部分を切り取ってもこだわりを感じられますよね。ここから配信シングルについて具体的に聞いていきたいと思います。まず「夏声蝉時雨」はいわゆる夏ソングだけど、アイドル的に王道な夏ソングではないところがいいですよね。イントロからストリングスが入ったり鍵盤が入ったりという壮大な感じから、エモい歌メロが来て――と思ったらエレクトロニコア的な激しいサウンドも入ってきて、いわゆるジェットコースター的な、まさに神激らしい曲だなと。

かなめ:曲自体は長いんですけど、転調があることによってそれを感じさせない、飽きさせないんですよね。曲中にスカダンやダブステを入れるところもあるので、すごく激しい曲調だなって思ったら、間奏のところはエモい感じになっていて。ライヴではそこで誰かが閃いてぱっと喋るとか、そういうふうに育っていってくれる曲だなと思ってます。

-ラップ・パートもカッコいいんですよね。

いもこ:ちゃんとメモしてきました。ラップ・パートはトラップっていうスタイルの、フロウっぽいブレイクダウン・パートを入れてます。基本的にミクスチャー・サウンド・トラップをハメる手法を使ってる......と聞きました。

エヴァ:なんかWikipedia読んどるみたいやな(笑)。

-(笑)ラップをするアイドル自体は今どき珍しくはないけれども、ここまでカッコ良くできる方ってそういないんじゃないかなと。

よいこ:もともと巻き舌がすごいんです。カッコ良く歌いたいなって思ったときに自然と巻き舌になったら、"それもいいね"って言ってもらえて採用されました。トラップって言われても自分ではわからなかったので、教えてもらったり、オススメのラップとか聴いたりして、韻がよく聞こえるように研究してました。

TiNA:「夏声蝉時雨」は、転調はあるんですけど、自分的には今までの神激の曲よりも親しみやすい流れなんです。AメロがあってBメロがあってサビがある、Aメロ、Bメロ、ラップ、Aメロ、Bメロ、サビって、他の曲と比べると自然な流れに沿ってるというか、親しみやすいのかなって。

-展開はあるけど、耳馴染みがいい構成というか。

いもこ:お年寄りにも優しい曲だね(笑)。

-そういう意味では、神激を初めて知る人にもいい曲なのかもしれませんね。

ことの:そうなんですよ。Twitterとかで検索してると、この夏に初めて神激を観たっていう人が"〇曲目に歌ってた曲が良かった"って言うのが、だいたい「夏声蝉時雨」なんです。ファンの人も、"今回の曲は本当に夏のキラーチューンになると思う"って言ってくれてます。誰でも好きになれる曲っていうか。

-歌詞で言うと、線香花火に自分を投影してるようなところが刹那的でいいなって思いました。

いもこ:いわゆる"夏ソング"を書くって決まったときに、勉強しようと思って他のバンドの曲とかをめっちゃ検索したんですけど、どれも恋をしていて、何も参考にならずに終わりました。"なんなんだ、この気持ちは"、"なんで夏は恋って決めたんだよ"って思って、とりあえずそれをメモに残したところから始まったんです。夏ってアイドルとかバンドでもそうなんですけど、"この夏が勝負だ"って言ってる人が多いし、大事な時期だとは思うんですよ。だけど、そこで油断してたら足元すくわれてしまうなっていう気持ちと、来年同じ場所にいる気持ちはないぞという気持ちで、自分たちにプレッシャーを与えるために宣言をする曲ですね。今しかない瞬間を生きようって感じ。また、"夏声"の"声"はこの夏を"越える"って意味合いもかけています。

あまね:自分はこの「夏声蝉時雨」のMCを担当しています。私は夏が好きっていうわけじゃないんですけど、歌詞の単語ひとつひとつがすごく好きなんです。自分のMCは、リズムに刻んでひと言ひと言単語を入れていく感じのMCなんですけど、夏の夕暮れを思わせる、そんな世界を作っていけるようなこの曲の歌詞がMCの力になっていて、とても感謝しております。ありがとうございます。

いもこ:ありがとうございます(笑)。あと、線香花火っていう話があったじゃないですか。私たちの人生は地球からすると線香花火のように儚い命だけど、その一瞬を輝いていきたいよねって気持ちがこもってますね。

-その感じがすごくいいんですよ。

いもこ:儚いですよね。

-そして新曲「不器用HERO」も聴かせてもらったんですが、この曲も1曲と思えない情報量ですね。イントロからヘヴィなサウンドでいって、そこからロック・サウンドになったかと思ったら、さらにシティ・ポップみたいなオシャレな感じにもなっていって。且つシンガロングのパートとかも入れて、なんなら和楽器も入ってるじゃないですか。

エヴァ:サウンド面で言うと、曲を聴いたときに毎回最高を出してくるなと思って。情報量が多いと、"ただ技法をひけらかしたいだけじゃん"みたいな曲って多いじゃないですか? でもこの曲は、情報量が多いのにすんなり入ってくるのがすごいなって。これだけ難しい曲をどんどん出し続けても、全然衰えないどころか、むしろ毎回カッコいいものを出し続けているってすごいなって思います。サウンドに負けないように、いもこさんがカッコいい歌詞を書いてくれていますし、自分たちもダンスとか頑張っていってますね。

-この曲の歌詞については、どんなイメージで作詞をしましたか?

いもこ:きれいごとを言うのが得意ではないので、自分たちの曲で世界中の人を救うことはできないと基本的には思っていて。それでも応援してくれている"あなた"は救いたいっていう気持ちがあるんです。この曲を聴いてくれた人の救いになったり、背中を押したりしたいなっていう気持ちが詰まっています。居場所はここにあるから、いつでもおいでっていう気持ちです。

ことの:MVを撮ってきたんですけど、"身近なあなたを救いたい"っていう思いが込められた映像になっています。今までも、"周りの人に感謝しているよ"とか、"君を応援したいよ"という曲はあったんですけど、"君のヒーローになりたい"とは歌ってこなかったから、また新しいメッセージをこの曲で伝えられるのかなって。

かなめ:メンバーが歌っているところを見て、そのメンバーに合っている音が聴こえてくるんです。それぞれのキャラや背景を知ったあとに、歌詞を見たり曲を聴いたりすると、当てはまっているような気がしてきます。その人が歌っているからこそ深みの出る曲かなと。そういうのを考えたうえで作詞や作曲をしてくださっていると思うと、すごく感動しますね。

よいこ:この曲でもラップ・パートをたくさん貰いました。前半のパートは流れるような感じで、いつもとは違う雰囲気を出せたかなと思います。女の子が"ウォーウォー"って歌う曲が好きなので、自分で"ウォーウォー"歌いながらウルウルしちゃってます(笑)。

-ライヴ映えするのは間違いないですよね。

ことの:曲の中にツー・ステップ・ゾーンが入っていますし、シンガロング・ゾーンをみんなで歌えたらさらにエモくなるなって。

エヴァ:この曲を聴いたら、"ここ絶対走り出すやん!"とか、"ここ絶対手拍子やん!"みたいな、聴いたらノリ方がわかってくる感じもするので、身体が勝手に動くかもしれないですね。この曲は超フェス映えするんですよ。

-今後出ていくであろうフェスに向けた勝負曲と言えるかもしれませんね。

エヴァ:デカい野外フェスで、みんなが"わぁー!"って走り回ってるのが見えますもん(笑)。

-(笑)出たいフェスとかあるんですか?

エヴァ:"モンバス(MONSTER baSH)"に超出たいです! 実は、アイドルになろうって思ったのが"モンバス"に出たかったからなんですよ(笑)。BiSHさんがアイドルとして初めて"モンバス"に出ていたんですけど、神激の音楽だったらフェスに出られるんじゃないかって。

-フェスで神激を観たロック・ファンがどんな反応をするかっていうのは楽しみですね。ライヴで言うと、現在"神巡り2019-夏-"を回っています。

エヴァ:無料で全国を回ってるんですけど、普通ありえないですよね(笑)。それもあって"初めて来ました"っていう人も多くて。あとYouTubeで"しんげきっ!"っていう番組を配信する活動もしているんですけど、それを観て"初めてアイドルのライヴに来ました"っていう人もいました。

いもこ:初めて来た人がライヴのノリ方がわからなくても、ファンの人が教えてくれたり、誘導してくれたり、推しの子の前に行かせてあげたりって、思いやりのあるファンの人が多いんです。ファンの人への評価もすごく高くて、とてもいい環境ができてるんだなって。

-正直"神激のライヴって怖そうだな"と思っている人は結構いるじゃないですか。でも蓋を開けてみると全然そんなことはないんですよね。

いもこ:そうなんです。

エヴァ:フロアの状態もめちゃくちゃいいし、自分たちもライヴに対してはプライドを持っているというか、観てくれたら絶対に好きになるよって思っています。アイドルが初めてとか、神激が怖そうとか思う人もいると思うんですけど、絶対に楽しい、絶対にハマると思うので一度はライヴに来てほしいですね。

-そして9月30日にはZepp DiverCity(TOKYO)で"神激2周年-神時代到来~God make nova~"が行われます。2周年でZeppというのも勢いを感じさせますね。

TiNA:新メンバーとして加入して間もないタイミングで、大きなステージに立たせてもらうことになります。自分が入って新しい風を吹かせるっていう意味もある"神巡り2019-夏-"では、そこで一歩踏み出して会いに来てくれた人に、"もう一度観に行きたい"って思ってもらえるようなライヴを作り上げているところです。Zeppでは、"神巡り2019-夏-"からさらに進化した姿を見せていきたいと思います。

ことの:「夏声蝉時雨」で"この夏は全ていただく"と歌って、その結果として"全ていただけたのか"がZeppの景色でわかると思うんです。

いもこ:"祭囃子が遠くなる その頃にきっと分かる/この夏は全ていただく"っていう歌詞は、夏の終わり、つまりZepp DiverCity(TOKYO)ですべていただくよっていう意味なんですよ。

ことの:この夏は"JR山手線ツアー"で対バンをして、いろんなアイドル・フェスにて出て、今"神巡り2019-夏-"を回って――夏ってアイドルにとって勝負の季節なんです。そこでどれだけの人に観てもらって、そしてハマってもらえるか。ライヴはもちろん、YouTubeで多くの人に観てもらったり、Twitterでリプをしたりと、やれることを全部やったうえで、夏をいただいて、そしてZeppを埋めたいですね。

LIVE INFORMATION "神激2周年-神時代到来〜God make nova〜"

9月30日(月)Zepp DiverCity
OPEN 18:20 / START 19:00
[チケット]
チケット一般発売中!
イープラス ローチケ チケットぴあ 専用予約フォーム