MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BRAHMAN × SiM

2015.02.23UPDATE

BRAHMAN × SiM

メンバー:BRAHMAN:TOSHI-LOW (Vo) SiM:MAH (Vo)

インタビュアー:荒金 良介 Photo by 石原 慎

-MAHさんからTOSHI-LOWさんに直接声をかけて?

MAH:そうですね。打ち上げのときに話をして、それをバンドで持ち帰って......。僕らも同世代のバンドと何かをやりたいと言ってたけど、目の前のことで精一杯で形にできなくて、モヤモヤしてたんですよ。乗っからせてもらうわけじゃないけど、わりと早い段階で"僕らはこういうことをやりたいです。どうでしょうか?"と提案したら、"自分たちのできる形で協力してくれたらいいよ"と言われて。僕らはチャリティーグッズを作ってやらせてもらいました。

-そうなんですね。BRAHMANは今年結成20年目、SiMは昨年結成10年目ということで、世代的には2つ、3つ以上の違いがあると思うんですが。出会う以前はお互いにどんな印象を抱いてました?

TOSHI-LOW:10年ぐらいすると、なんとなく一周しちゃうんだよ。だから、ライヴを観ても違和感なかったんだよね。俺らもBAD BRAINS好きだし、ミクスチャーといわれた音楽も好きだしね。ただ、それをもっと精巧にしてるし、上手だなと思うけど、源流にあるものは同じなのかなって。だからこそ、逆に初めて会ったときは厳しいことを言った気がする。レベル・ミュージックということをわかった上でやって欲しいって、エラそうに言った気がする(笑)。

MAH:ふふふふ。

TOSHI-LOW:そうじゃないと、ただのラウドな音楽のパフォーマンスになっちゃうから。そういう音楽があってもいいけど、俺の中ではパンク/レゲエを扱ってるのにレベル・ミュージックじゃなければ、ただのポップな商業音楽......、死んだ音楽になるから。自分たちがそこに誇りを持ったり、攻めていかないと、俺たちのルーツにある音楽の良さがなくなっちゃうんじゃないの?って。

MAH:それをSoulPowerの控え室で言われました(笑)。すげえ覚えてます。パンク、レゲエというふたつのレベル・ミュージックを組み合わせているんだから、そこにこだわりを持たなきゃダメだってTOSHI-LOWさんに言われて。僕らもそう考えていたから、改めて身が引き締まるような思いでした。

TOSHI-LOW:でもルックスがこうだから、初めて会ったときはわからないじゃん。髪とかずっとイジッてるしさ。

MAH:ははははは。

TOSHI-LOW:そう思っていたけど、付き合う中ですごく芯のあるバンドなんだなと。

-逆にSiMから見たBRAHMANの存在は?

MAH:僕は高校のとき、先輩たちがバンドでBRAHMANのコピーをやってたんですよ。僕はそれまで洋楽ばかり聴いてて、若いころは"邦楽って......"みたいな気持ちもあったけど。先輩がコピーしてたんで、"これ誰ですか?"と聞いて、BRAHMANのことを教えてもらいました。僕らはAIR JAM世代よりさらに少し下になるから、初めて対バンしたときはよくわかんない状況でしたね。

-なるほど(笑)。

MAH:いまだにTOSHI-LOWさんやほかのメンバーの方から"MAH"という単語が出ると、不思議な感覚になります。俺らのことを知ってるんだって(笑)。やっぱりTOSHI-LOWさんはピン・ヴォーカルとして盗むべきことが多いし、ライヴでも目でずっと追いかけてますからね。初めてライヴを観たのは"AIR JAM 2011"で、もちろんビデオで観たことはあったけど......、生TOSHI-LOWさんを観て号泣しました。今、ピン・ヴォーカルってあまりいないじゃないですか。

TOSHI-LOW:ほんとにいないんだよ!

MAH:初めて"こういう人になれたらいいなあ"と尊敬できる人に出会えました。だから盗めるものは盗みたいし、でも俺流の新しいヴォーカル像を作れたらいいですね。

-"こういう人になれたらいいなあ"というのは?

MAH:求心力ですかね。人の心を掴むというか、付いて行きたいと思わせる人ですね。やっぱりロック/音楽シーンにはいろんな人がいますけど、なかなかそういう人はいないですよね。お客さんに"この人を信じていれば大丈夫"と思わせられるヴォーカルになりたいなと。

-ピン・ヴォーカルという言葉が出ましたけど、今回BRAHMANがキュレーターをする上で"ピン・ヴォーカル"がテーマになってるんですよね?

TOSHI-LOW:ゴチャゴチャなものはSiMがやったじゃない? 今回はそこじゃねえなと。逆に縛りを設けた方が面白いのかなって。で、自分たちと同じ形態でやってる人たちを探したけど、上はいっぱいいるの。でも全然下がいなくて。こんなにいないのかって。絶滅危惧種だよ、ピン・ヴォーカルって。

MAH:ギター・ヴォーカルの4人組はいますけどね。

-確かに言われてみると、すぐに出てこないですね。

TOSHI-LOW:だって、ピン・ヴォーカルは恥ずかしいもんね? フルチンで立ってるようなものだもんね? MAH:はははは、そうっすね。