MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×MAKE MY DAY

2017.08.10UPDATE

2017年08月号掲載

Zephyren代表GEN氏×MAKE MY DAY

Isam(Vo) Julian(Gt/Vo)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰 Photo by 結城 さやか

-久しぶりに出会ったのがそもそもいいタイミングだったんですね。ところで、モデルとして撮影するのって、ライヴで人前に立つのとはまた違う感覚かなと思うのですが、実際はいかがですか?

Isam:止まってることがまず普通じゃないんで、それが一番難しいですね。動いていると、それなりにごまかしが利くんですけど......。

Julian:音も鳴ってるし。

Isam:それに、僕だけが見られてるわけじゃないっていうのもありますし......。

Julian:みんな、いっ君(Isam)だけ見てるよ(笑)。

Isam:まぁまぁまぁ。Julianも見てるよ(笑)。

-なんだこれ(笑)。

一同:(笑)

Julian:ほんと、まぁ動いてないっていうのもそうですし、僕の場合、ギターも持ってないんで、なんかもう、丸裸にされたみたいな(笑)。曲があって、ギター弾いて、動いてりゃ、"どや!"ってやれるけど、それがないと赤裸々な感じになっちゃう。ちょっと何したらいいか、わかんなくなっちゃうんですよ。

-個人として注目されるわけですからね。

GEN:でも、初めて撮ったとき、楽しそうにしていた気がするな。あれはみんないたからうるさかったのか(笑)。

-Isamさんはモロッコとフランスと日本の混血ということで、独特な雰囲気もありますよね。

GEN:たしかに、ちょっと特徴があるっていうか、オリジナルな雰囲気があるよね。

Isam:5年くらい前、最初に会ったときとは全然顔も違いますし。

GEN:あぁ、変わった気がするよね!

Julian:4年かな? 筋トレもしてるしね!

GEN:前の方が、なんか日本人ぽかった気がする。

Julian:若かったんじゃない? 少年っぽすぎたというか。

GEN:たしかにそうだな、若かったんだな。Julianも話してて、前より大人になった感じするもん。

Julian:そうですか? 髭じゃないですか?

一同:(笑)

GEN:昔よりなんかね、どーんとしてる気がする。しっかりし始めてきたなって。

Julian:おぉ、ありがとうございます。

-出会ったころの印象ってどうでした?

GEN:なんかね、とにかく若かった! それに尽きる。今の方がなんか面白いんだよね。

Julian:あざっす!

GEN:昔は、そんな面白くないイメージがあった。

Julian:いやいやいや(笑)。

Isam:飲んでるときは面白いんだから、"MCでもそれを出せ!"ってよく言ってる(笑)。

Julian:飲んでライヴは無理だからね。

GEN:真面目なイメージあるもんね。だって、一緒に撮影してるときも、なんか真面目な話してるイメージあるもんね。

Julian:たしかに。

-そこは、やっぱりリーダーだからっていうのがあるんじゃないですか?

Julian:そういう気質もあるかもしれないですね。俺がすべてを取りまとめてるわけではないんですけど......。でも、俺がもし超適当になったら、このバンドはエグいことになるかも。収拾がつかなくなっちゃう(笑)。新しいドラムも、バカだしね。

一同:(笑)

Julian:18歳の新しいドラマーは、まだアー写はないんですけど。アー写撮った直後に決まったんで。彼が人生で初めて観たライヴが、"Red Bull Live on the Road"の第1回の決勝のステージで、ゲストにはONE OK ROCKとかSTORY OF THE YEARが出てて。

GEN:ヤバいよね。ワンオクとSTORY OF THE YEARなんて、今では考えられないよね!

Julian:考えられないですよね。そこに決勝で僕らの前身バンド(ASHLEY SCARED THE SKY)が出たときに彼が観てて、そこでファンになってくれて。ドラム自体は小さいころからやっていたらしいんですけど、そこからそのバンドの曲をカバーして学祭でやったりとかしてた子が今回ドラマーになった、という流れで。

GEN:努力しているといいことあるね。