MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

生牡蠣いもこ(神使轟く、激情の如く。)

2022.04.15UPDATE

2022年04月号掲載

生牡蠣いもこ(神使轟く、激情の如く。)

メンバー:生牡蠣いもこ GODちゃん

インタビュアー:宮﨑 大樹 Photo by fukumaru

今年はもっと刺々しく生きたい


-さらなるステップアップに向けて、神激として考えている次のチャレンジはありますか?

いもこ:"夏フェスに出たい"というのはみんなで言っているじゃないですか? 自分自身が音楽を好きになって、ライヴとかには行ったことがあるんですけど、フェスというものに参加したことがなくて。でも、どうせ参加するなら自分たちの音楽で出て参加したいじゃないですか? それが大きな目標ではあります。あとはなんだろう......難しいな。なんでもやりたいですけどね。街で神激の音楽が流れたらいいなと思います。自分たちの音楽が有名になってほしい気持ちはもちろんあるんですけど、どこでも流れていたら、みんながつらいときに耳に入るタイミングがより増えるんじゃないかとか、いろいろ考えたこともありますね。

-神激としてではなく、個人としてはどうですか?

いもこ:個人としては、もっとハッピーなイメージをつけていきたいです(笑)。自分がテレビに出させてもらうこともありがたいし、歌詞を書かせてもらうこともありがたいんですけど、それで"すごい人"みたいなイメージがついてしまうことが多くて。話しづらそうとか、難しそうみたいなイメージがつきやすいんです。チラシ配りをしていても"こういう感じだったんだ"とか言われることが多かったので、もっと外に出て、いろんな人と接して、ひとりでもいいからチラシ配りをして、知ってもらえるきっかけを作ったほうがいいんじゃないかと思いました。

-話しづらそうなイメージというのは少し意外でした。バラエティ番組での下ネタキャラとか、むしろ親しみやすそうですけどね。

いもこ:そうですよね。でも自分が思っていることと、みんなが感じていることは意外と違うんだなと思いました。あとは、自分自身の音に対しての理解度というか、そういう勉強はもっとしていきたいです。神激の音楽に対して、今までは歌詞とかメンタル的な部分とかでの理解しかなかったんですけど、音に寄り添えるくらい理解をもっと深めていったら、より神激の音楽を伝えていけることができるんじゃないかなと思って。

-神激の曲は、音楽的にいろんな要素が詰め込まれていますからね。勉強のやりがいがありそうです。武道館を経て、いもこさんの歌詞がどうなっていくのか楽しみなんですけど、武道館後に作詞活動はしているんですか?

いもこ:ある程度はしているんですけど、感想みたいな感じで歌詞というほどではないんです。例えば、"結果も大事だけど、過程が君だったから素敵な武道館だったと感じた"とか、"自分の幸せの中にはいつも君がいるんだよ"という話を入れたいと思っています。

-武道館で感じた感謝だったり愛だったり。

いもこ:そうですね。今までは"他人に対して愛という感情が湧くのかな?"って気持ちが自分の中にあって。もちろん家族は大事だし、大事にしている人のほうが多いと思うんですけど、活動するにあたって本当に他人だった仲間――メンバーとかファンの人に対しての感情が大切だし、これが愛なんだと感じることが多いんです。それを武道館でより感じることができたなと思いますね。例え他人からしたらなんでもない場所でも、雨がふってても槍がふってても、地獄だったとしても、そこに神激チームとファンがいたら、そこは私にとっては楽園なんですよね。

-そういう歌詞の曲ができそうなんですね。

いもこ:はい。「EGO PARADICE」っていう曲に入りそうです。

-今さらの質問なんですけど、神激には、いもこさん以外のメンバーが歌詞を書くプランはなかったんですか?

GODちゃん:いもこは神激のメッセンジャーなんです。本人も"作詞家と言われたいわけではなくて、神激のメッセンジャーとして伝えていきたい"と言っていて。メンバーやチームからのワードで作って、それをまとめて形にする役目なんですね。言ってしまえば、作詞は"神使轟く、激情の如く。"名義でもあるのかなと。

いもこ:自分もみんなで作っているものだと思っているので、作詞がすごいと言われると少し気が引けます(笑)。みんなが素敵なんだよって。

-でも、いもこさんの個性も発揮されていると思いますよ。

GODちゃん:さっき言っていた"感謝"とかそういうのって、最近の想いだと思うんです。だけど、いもこにはハングリー精神というか、狂犬じみたところ、なんにでも否定から入るような性格がもともとあって。それが、良くも悪くも神激の歌詞の皮肉めいた、攻撃的な部分に反映されているんです。いもこはヒップホップを聴いて育ってきたわけではないですけど、そういう部分で言ったら根っからのヒップホップな子だと思います。神激の歌詞ってヒップホップじゃないですか? だから面白いんですよね。"感謝"でも、ただのいい子ちゃんだとそういう歌詞にはならないと思っていて。歌詞を書くのはいもこで間違っていなかったなと。

-「EGO PARADICE」の話が少し出ましたけど、武道館の最後には、4つの新曲のリリースが告知されましたね。これらの歌詞も、いもこさんがまとめるんだと思いますが。

いもこ:メモを取ったりはしています。それがどの曲に入っていくのかは未定ですね。

-これから歌詞を仕上げていくということは、タイトルだけ先に決まっているんですね。

いもこ:そうですね。タイトルはみんなで会議をして、どんな感じがいいかなとかワードを出し合いました。

GODちゃん:曲ができて、歌詞ができて、タイトルを決めるのが一般的なパターンではありますよね。神激は、武道館までに出す曲みたいなのを2021年の頭に4つ告知したんですけど――「神奏曲:ガイア」(2021年2月リリースの17thシングル)、「BAD CAKE」、「神奏曲:インフェルノ」(2021年7月リリースの19thシングル)、「オキシバギー」(2021年10月リリースの20thシングル)、って、これもタイトルだけ出したんですよ。タイトルができあがっている時点で、アートワーク、MV、曲のイメージもある程度できているんですけど、まだ形にはしていないんですね。イメージの構想だけでタイトルを出していて。で、そのやり方がすごく良かったので、今回もその形で出すことにしました。

-なるほど。

GODちゃん:ただ、今回は「神奏曲:ライトニング」(2021年12月リリースの21thシングル)が本当に限界突破――突破できないレベルの限界値の曲なので、いろんなプレッシャーもありますし、これ以上の曲を作れるのかなと、ちょっと億劫な気持ちになっていたんですよ。"このまま曲は出さなくてもいいかもしれない"とは思っていないですけど、それくらい弱音が出ていたんです。でも、いざやるとなって、タイトルを決める前に自分の中である程度イメージして、土台みたいなものを作ったりしたんですけど、そのときに「神奏曲:ライトニング」を超える曲を作れるアイディアがいろいろと出てきました。そうして、こんな曲を作ろうってリストアップして、"メンバーに何かいいワードはない?"みたいな話をして、メンバーから出てくるワードがひとつあると、また世界が開けるんですよ。

-メンバーから出るワードですか。

GODちゃん:例えば"ジャンヌダルク"という単語だけでも世界が広がるんです。ジャンヌダルクって神激のことだと思うんですよ。女の戦士が立ち上がって革命を起こす、みたいな。ジャンヌダルクと神激でいいものができると思えますし、何かワンワードを貰うとポンポンとアイディアが出てくるので、最近の作り方はそんな感じですね。それをチーム全体でやってるので、僕ひとりの力じゃできませんし、みんなのアイディアがあって曲ができています。そうすると個々のここを生かしていこう、とか考えが出てきますし、より強い曲が作れるんじゃないかなと思っております。

-「神奏曲:ライトニング」超えの曲ですか。楽しみにしています。

GODちゃん:頑張ります(笑)。「神奏曲:ライトニング」って、ドラムとかもめちゃくちゃ難しくしていて。この前、ゲーセンとかにある"GITADORA"という音ゲーに曲が入ったんですよ。あれはコナミ(株式会社コナミアミューズメント)さんが作ってるんですけど、コナミオリジナル楽曲みたいのがあるんですね。そういうのは基本的に難易度が高かったりするらしいんですけど、版権曲という、僕らとかからの提供曲もあって。リベリオン(a crowd of rebellion)さんの曲とかも入っていたりするんですけど、リベリオンさんの曲は難易度が8.3とかなんです。で、神激の曲が9.75とかで、版権曲最強みたいな、版権曲で一番難易度が高いらしいんですね。神激の曲は難しいことをやっていると、なんとなくわかっていた人たちにとっても、数字で戦闘力が出たわけじゃないですか。譜面がゲームで出るので、"こんなフレーズだったんだ"みたいなこともファンは目で見ることができるし、そういうのってメンバーにも大事なんです。

-そんな気がします。

GODちゃん:さっき本人が"音に対してもっと勉強していきたい"と言っていましたけど、メンバーが理解することによって、できることが変わってくると思うんですよ。自分らのバンドの曲のフレーズを知ってるだけで、言葉では言えないグルーヴがそこで生まれるので。メンバーが一個一個の音を聴くことによって、バンドマン、フロントマンのグルーヴ感が養われていくのかなと最近は思っています。次の幕張メッセまでには、そういう部分も伸ばしたいですね。神激のライヴではすべての音をパラ出ししているので、パラ・データで出したときに、メンバーが"それ「合法トリップ:ボイルハザード」のBメロのベース!"みたいなのが言えるくらいになったら、ワンランク上がるのかなって。

-さて、次の大きなステージとして幕張も決まりましたけど、今後の神激の活動についてはどんな想いでいますか?

いもこ:自分自身が落ち着いたというか、大人になった部分もこの4年間にはあったんです。いろんな大切なものが増えたり、大切な人が増えたりすると、それを守らなきゃいけないって気持ちが自然と増えてきて、守り態勢になりがちで。でも、今年はもっと刺々しく生きたいと思っております。武道館を控えていたときは、何か物申すことを歌詞以外でしていなくて。それも守りに入っていたなって、のちのち感じることが多かったんです。なので、思ったことは伝えるようにしていこう、もっと感情をむき出しにしていこうと思います。そこで新たな発見もあるだろうし、きっと反省することも増えると思うんですけど、上京したてのときの気持ちを忘れずにやっていきたいです。

-神激に守りは似合わないですもんね。

いもこ:そうですね。常に攻めの態勢ではいるんですけど。

GODちゃん:攻めの態勢で言うと、「宣戦布告」のBメロで"4年間ずっとここは歌わずにしゃべり続けてきた、バカにされたこともあった、でもぜってぇにやめなかった。信じ続けてきたから立てた武道館なんだよな"と言っていたんですけど、初期のころに、そのパートで"歌えよ"みたいなヤジを入れられたことがあるみたいで。

いもこ:そうなんです。中指を立てられました。フロアに降りて胸ぐらを掴んだってこともあります。で、その人が武道館の日に一番前の席にいて、泣いていたという。後日"お前がいなかったら神激はなかったよ。ありがとう"って言われました。

GODちゃん:だから、刺々しくても、いつかはわかってくれる人がいるので、そのままやってほしいなと思いますね。

-では最後に、今日はここにいない各メンバーへのひと言を聞かせてください。

いもこ:え、真面目なやつですか(笑)? 文句ならめっちゃあるんですけど(笑)。ことのちゃんは、いい意味でまともだったんですよ。今も十分まともだし。でも、"アーティストやなぁ"ってライヴ中に思うことが増えました(笑)。何目線って感じですね(笑)。棘が本当にない人間というか、喋り掛けやすい感じだったんですけど、ライヴでいい感じに尖っている瞬間が見えるとカッコいいなと思います――だけど「不器用HERO」で台から降ろされたことは一生恨み続けます(笑)。

-ん? 台?

いもこ:スポットライトが自分の色で当たる台の上にいたのに、"間違えてる、下に降りろ"みたいな感じでこう(ジェスチャー)やるんですよ。で、降りたら、ことのちゃんが間違っていたんです。"一生許さねぇぞ"って思いました(笑)。

-(笑)TiNAさんと涙染あまねさんについてはどうですか?

いもこ:TiNAは、武道館に向けて自分がネガティヴになっているときに、マジでポジティヴ・メーカーになってくれて。言葉とかじゃなくて、雰囲気を作るのがすごく上手というか、自然とハッピーを呼び寄せてくれるタイプの人間なので、本当にいつもありがとうと思っています。雑談とかを任せられることが多いんですけど、間の使い方が上手になっているというか、"面白くないキャラ"を脱却できたんじゃないかなって(笑)。本当は面白いんですけどね。"面白くないブランディング"のせいで面白くなくなっているのはちょっと申し訳ないけど、でも本当に面白くないときもあるからフォローしきれない部分はあります(笑)。で、あまねは、本当に自分というものをわかっているなと武道館を観て思いました。自分を表現するのが上手だなって。そういうところを見習っていこうと思います。あまねは入場のシーンをカッコ良く決めていたのに、私だけクソダサかったんで、そういうところを磨いていきたいなって、動画を観て感じました。

-では、三笠エヴァさんと二日よいこさんは?

いもこ:三笠は本当に根っからの熱い人間だと思っていて。実は自分と似ている部分も多いんです。そのぶん、自分に自信がないところも似ているので、もっと自信を持てよって思います(笑)。いるだけでパワーを感じるじゃないですか? なので、ずっとあんな感じでいてほしい。なんて言ったらいいんだろう、ひと言にまとめづらい。カッコいいです。三笠もそうなんですけど、よいこは根がすごくロックだと思うんですよ。2年一緒にいて、徐々に化けの皮が剥がれているというか、いい意味で遠慮しなくなってきました。でも、まだ周りの目を窺っていますね。そこがいい意味でも悪い意味でも得意なので、自分的にはやんちゃになってほしいなと思います。そうしたら、もっとロックになるし、いつも見ているので今後が楽しみ。今でもカッコいいけど、もっとカッコ良くなれるよいこが楽しみです。たぶん私は神激のファンだったらよいこ推しだと思います(笑)。

LIVE INFORMATION
"LEGIT Vol.18-GODの日-"

"神使轟く、激情の如く。日本武道館公演"
5月10日(火)新宿BLAZE
出演:神使轟く、激情の如く。 / アルカラ / バックドロップシンデレラ
S席(前方エリア)¥5,000 / A席(通常エリア)¥2,500(各D代別)
チケット購入はこちら