MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

P

In The Passing Light Of Day

スウェーデンが誇るプログレッシヴ・メタル~ロックの巨人による最新作。こういった説明だけで二の足を踏んでしまう若いリスナーもいるかもしれないが、様々な音楽的要素を

Blue Rose

Daisuke(Gt)が加入し、新5人体制になって初の4th EP。昨年10月に開催されたCrystal Lake主催の"TRUE NORTH FESTIVAL

War Declaration

今年2月にはPERIPHERY東京公演のサポート・アクトを務めた福岡発の5人組。平均年齢20歳という彼らから3rd EPが届いた。音楽的にはメタルコア/Djen

Palisades

"激ロックGIG vol.4"で2015年に初来日を果たしたPALISADESの新アルバム。前作『Mind Games』からちょうど2年でのリリースとなった今作

Mind Games

急遽、激ロック主催イベントにて9月12日、13日の2日間の来日が決定したRise Records所属ニュージャージー出身の新世代スクリーモ/エレクトロコア・バン

To Live Is To Die,  To Die Is To Live

大阪発、日本が世界に誇るハードコア・バンド PALMによる、フル・アルバムとしては約6年ぶりとなる通算3枚目の作品だ。ハードコアもグラインドもデス・メタルもスト

我ニBET

前作『ザ・マジックアワー』から4ヶ月という短期間で、新たにリリースされる10thシングル。20年超えの活動歴を誇るバンドが、今、勢いに乗っていることに対して、息

PANJOY!!!

曲名はフザけているが、楽曲は圧倒的に素晴らしい! 今に始まったわけではないけれど、そのギャップがどんどん広がってる気がする。結成22年目に突入する大阪発の4人組

Pray For The Wicked

毎回、アルバムごとに様々なアプローチで、リスナーを独自のファンタジーな世界へいざなう、ポップ職人 P!ATDの最新作! 今作の印象はズバリ、Brendon Ur

Death Of A Bachelor

00年代後半のエモ・ブームをMY CHEMICAL ROMANCEとともにリードしながら、アルバムごとに大胆な変化を遂げてきたことを考えると、どのタイミングで出

Vices & Virtues

『Pretty. Odd.』リリースから3年、RyanとJonの脱退を乗り越えついに新作リリースへと漕ぎ着けたPANIC! AT THE DISCO("!(ビッ

Pretty. Odd.

「あぁなんて長かったんだ/いなくなっててごめんね/君のために曲を書いていて忙しかったんだ/心配しないで/僕達は今も同じバンドだから」とクイーン風の多重コーラスを

F.E.A.R.

1999年のデビュー以来ラウドロック、ミクスチャー・ロック・シーンを牽引し、多くの日本アーティストからもフェイバリットに名前が挙がるPAPA ROACH。KNO

The Connection

アルバム毎にスタイルを変えながらも、一貫して完成度が高く、普遍的な魅力を放つアルバムをリリースし続けてきたPAPA ROACH の2 年ぶりの新作! Jacob

Diary Of My Demons

2010年オハイオ州デイトンにて結成された黒人ヴォーカル、Mike Luciano含む5人組。最近ますますメタルコアの画一化が進んでいて、トップのバンド以外もは

After Laughter

非常に80s的。いや、そのころはまだ生まれていない若い読者は無視してください。一聴して彼らだとわかるエレポップ・サウンドで、80年代に一時代を築いたプロデューサ

Paramore

3年半ぶりのニュー・アルバムは3ピースの新体制となって初の作品。セルフ・タイトルである今作のファースト・インプレッションは、バラエティに富み、過去最高の振り幅、

Brand New Eyes

SUMMER SONIC09東京公演では紅一点ヴォーカルのHaley がセーラー服で登場したことで観衆を驚かせたことでも記憶に新しいPARAMORE。そんな彼女

Ire

マイナー・コードを多用するエモーショナルなスタイルは維持し続けながらも、サウンドのスタイルを徐々に変化させてきたPARKWAY DRIVEの5thアルバム。デビ

Deep Blue

近年のメタルコア・シーンの中でも最もアグレッシブでモッシーなサウンドをたたき出すバンドとして大人気のオーストラリア出身PARKWAY DRIVEの新譜。前作『H