MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

T

Les Compteurs A Zero

フランスのレゲエ・ミクスチャー・バンドTAGADA JONESのサード・アルバム。主要メンバーであったGusとPascalが脱退し、Niko(Vo&Gt)、St

Le Feu Aux Poudres

2006年リリースの1stアルバム「L'Envers Du Decor」が耳の早いRAP METALフリークの間でかなりの話題になっていたフランス産RAGA R

The Resolution

2008年結成、2010年より現在のラインナップとなった東京中心に活動する5人組、Take ambulanceが2ndミニ・アルバム『The Resolutio

OREmind

NIGHTMAREのYOMI改め淳(Vo)率いるソロ・プロジェクト・バンド TAKE NO BREAKの、全国流通盤1stフル・アルバム。これまで同様にメンバー

Taking Back Sunday

プロデューサーに傑作3rdアルバム『Louder Now』を手掛けたEric Valentineを今一度起用し、バンド名を冠した5thアルバムが登場。また201

New Again

前作『Louder Now』はまさにEMOTIONAL ROCKの理想系といえる涙腺が緩みまくりの傑作であった。今作ではエモの香りをそこかしこに残しながらも、よ

We Were Lost

90年代の頃から続く長い活動歴がある、元祖カリフォルニア・サウンドTHE TANK。Kenによる疾走感溢れるアッパーなヴォイスに、聴いている側がワクワクとしてし

The Episodes

VICTORY RECORDS移籍第1弾に当たる前作『Plead the Fifth』では、全盛期の2nd『Gift』、3rd『Welcome』を髣髴させる、ア

Plead the Fifth

まさかのVICTORY RECORDS移籍第一弾アルバム。アルバムを出す毎にヘヴィさより雰囲気重視なサウンド変遷を少しずつ経ている彼らだが、ここに来て大きな変化

From Spirits And Ghosts (Score For A Dark Christmas)

ex-NIGHTWISHという肩書も、もはや不要であろう。ソロ・アーティストとして確かなキャリアを積み上げてきた、フィンランドが誇るソプラノ歌手 TARJAの最

Reckless 'Til The End

イタリア北西部に位置するトスカーナ州の港町、わずか15万人ほどの都市リヴォルノ出身の6人組。1999年にTASTER’S CHOICEという名で結成し、SOUL

Soho Lights

メロディック好き且つ、巨乳好きのみんな(笑)! TATを知らずしてパンクは語れない!!UK発女性ヴォーカルによるスリーピース・ストリート・メロディック・パンクバ

Black Moon Rising

若干18歳で雅-MIYAVI-のワールド・ツアーにDJとして同行し、ももいろクローバーZや柴咲コウの音楽制作に関わるなど、多岐にわたって活躍してきたTeddyL

Greatest Hits Vol.1

2014年2月にCORROSION OF CONFORMITYのメンバー2人が中心となって結成されたプロジェクト、TEENAGE TIME KILLERSのデビ

TEEN HEARTS

カリフォルニアから突如現れた大注目の4人組!日本デビューEPがタワーレコード限定でリリースです!メンバーはなんと!叙情派ニュースクール番長MIKOTOの元メンバ

Hometown

エモーショナルなメロディをのせた風通しのよい軽やかなインディ・ロック・サウンドが持ち味のTEN SECOND EPICの新作がいよいよ日本上陸。女性ヴォーカリス

Total Retaliation

これまで幾度となく来日公演を行い、日本でも人気の高い現行ハードコアの筆頭バンド TERRORが、ニュー・アルバムをリリース。近作では原点回帰のハードコア色が強く

Keepers Of The Faith

NEW FOUND GLORYのギタリスト、Chad Gilbertによるプロデュース作品というサプライズが光る今作『Keepers Of The Faith』

Bloodwork

聖地ペンシルバニアが誇る若手メタルコア・バンドの最新作にして、通算4枚目となるアルバム。今年に入ってヴォーカリストとギタリストが脱退、新たにJ.T. Cavey

Texas In July

UNIONWAY FEST 2012で初来日を果たし、そのパフォーマンスで日本のキッズを圧倒させたペンシルバニアの5人組クリスチャン・メタルコア・バンドが、バン