MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

U

Ceremony of khaos

関西発のカオティック・ハードコア・バンド Does It Escape Againと、"neo tokyo"をコンセプトに活動をするアイドル uijinによるス

stay hungry, stay foooolish

グループ名とアルバム・タイトルだけを見ると、ロック・バンドと間違ってしまうかもしれない。いや、実際にロック・バンド並み、もっと言えばそれ以上のエモーションが詰ま

imagent theory

沖縄県は石垣島出身、4ピース・プログレッシヴ・メタル・バンドの3年半ぶり、3枚目のニュー・アルバム。前作に引き続き、本作はオリエンタルな雰囲気を全編に漂わせ、技

Idealogy

沖縄の石垣島出身の同級生4人によるプログレッシヴ・ラウド・バンドulma sound junction。ヴォーカルの手術による活動休止期間を乗り越えて、前作から

GRACE

前作『ROCK ALL NIGHT』は"歌って踊れるエモ・ポップ"を意識していた。だが、この4thミニ・アルバムはその延長線上でありながら、バンドの原点とも言え

NO ANTIDOTE

前作のサウンドとヴィジュアルのインパクトが大きすぎて、あれはなかなか超えられないだろ、と思ってたらあっさり超えてきた。いとも簡単に。ジャケットのアートワークもイ

Flash Back

2ndアルバムにして"Mastered by Ted Jensen"という自主としてはいきなり規格外の音源を作ってしまったUNDEAD CORPORATION。

φ (Disambiguation)

10年4月、Aaron Gillespie (Dr/Vo)がまさかの脱退を発表。それまで唯一のオリジナルメンバーであり、サウンドの肝であったAaron不在のUN

Lost in the Sound of Separation

前作「Define the Great Line」は全米チャートの2位にランクインし、ゴールド・ディスクを獲得。過去作のトータルセールスは100万枚を超えている

MATERIALS LEFT ASIDE

“シーンを分割しない”という志のもとスタートしたLeda(Gt)のソロ・プロジェクト、UNDIVIDE。ヴィジュアル・シーンとラウド・シーンに風穴を開けた昨年9

UNDIVIDE

DELUHI解散から約1年が経過し、メイン・コンポーザーLedaのソロ・プロジェクトが遂に始動する。テクニカルなLedaのギター・ワークとSujk (ex-DE

Watchers Of Rules

元THE FACELESSのNick PierceがUNEARTHに正式加入し、新体制で制作されたUNEARTHのニュー・アルバム。これまでUNEARTHの多く

Darkness In The Light

KILLSWITCH ENGAGE、ALL THAT REMAINSらと同郷であるマサチューセッツ出身のUNEARTHが放つ5作目は彼らの音楽性をまた一歩ネクス

The March

前作「Ⅲ:In The Eyes Of Fire」がビルボード・チャート初登場35位を記録するというハードコア・バンドにとっては異例の大ヒットとなったUNEAR

And The Battle Royale

SONIC SYNDICATEの創設メンバーであったSjunnesson兄弟を中心として誕生したバンドによる、通算で4枚目となるアルバム。前作『Lust And

Fragile Immortality

SONIC SYNDICATEの中心人物だったRichard Sjunnessonが脱退後に結成したバンドTHE UNGUIDEDの2ndアルバム。さすがの楽曲

Hell Frost

激ロックFESで初来日を果たしたSONIC SYNDICATEを脱退したRichard Sjunnesson(Vo)が結成したTHE UNGUIDEDの記念すべ

New Life Behind Closed Eyes

シラキューズの重鎮ハードコア・バンドANOTHER VICTIM、SANTA SANGREのメンバーからなるUNHOLYのPROSTHETIC移籍第1弾がリリー

OUR LIFE IS OUR ARTS

結成2年と、まだ新しいバンドではあるが、メンバー全員がそれぞれ様々なジャンルでのキャリアを持つ実力派。なので、この1stアルバムも本格的なサウンドと多様性のある

Scars Of The Wasted Years

ジャパニーズ・スラッシュ・メタル・シーンの帝王UNITEDから究極のリ・レコーディング・ベスト・アルバムがドロップ。1990年発売の1stアルバム『Bloody