MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Fear, and Loathing in Las Vegas

2015.01.06UPDATE

2015年01月号掲載

Fear, and Loathing in Las Vegas

メンバー:Sxun(Gt) So(Clean Vo/Prog)

インタビュアー:村岡 俊介(DJムラオカ)

-Track.3の「Abyss」はラスベガスの楽曲の中ではわりと変則的でないオーソドックスなスクリーモ・スタイルの楽曲だと感じました。この楽曲のコンセプトを教えてください。

Sxun:これは、最初前半部分しかなくて。イントロのフレーズとかも全然今と違う状態でリフ押しのスクリーモ曲というスタートでしたね。1発目の声がTaikiから始まるところであったりとか、基本系がオーソドックスなんですけど、実は加わってる要素が新しくて、最後は歌いあげるパートでしめるっていう展開です。入りを聴いただけだと、スクリーモの曲だなってなるんですけど、最後まで聴いてもらえたら、結構壮大な終わりかたになっていますね。

-ドラマティックな楽曲になってると思います。So君の伸びやかなクリーン・ヴォーカルが聴きどころのひとつですね。

So:そういってくれると嬉しいです。ニュアンス的な部分でもそういうエモさみたいなのを低めのトーンで出したりと曲の雰囲気に合わせるようにしたので。あとはみんなで伸ばせて歌えるシンガロング・パートも入ってて、そういうところはSxunさんと一緒に歌ってますね。ライヴでそういうパートをみんなで歌えたらなと思っているので、注目して欲しいですね。

-Taiki君とMinami君のシャウトの掛け合いに、So君のクリーンが切り込んでくるという、トリプル・ヴォーカルのスタイルもスリリングですね。

So:シャウトの掛け合いの部分はTaikiさんの声とMinamiの声が違う声質ではあるんで、掛け合ったときにお互いがちゃんと立つように詰めていった感じですね。そこは結構苦労しました。歌詞も含めてフレーズが耳に残るか試行錯誤したので、いいパートに仕上がっていると思います。

-Taiki君のヴォーカルはシンガロングとシャウトの中間というか、独特な感じなんですよね。Taiki君は今歌うことにテンションが上がっているんじゃないですか?

Sxun & So:そうですね(笑)。

Sxun:すごいテイクとか飛び出してきますからね。

So:レコーディング・スタジオのロビーのスピーカーで、みんなが聴ける状態でサウンド・チェックをするんですが、そのときのTaikiさんのチェックは面白いので、みんな期待して聴いていますね(笑)。この声きたか、みたいな。

-(笑) ちなみに歌詞はどういうテーマを扱っているのでしょうか?

So:この曲は"自分を見つめなおす"っていうことがテーマです。なにかうまくいかないことがあったとき、自分の中に原因があるということを自分でも思う節があったので、そういうことを歌詞にしています。例えとして"自分という海に潜っていく"っていうことをサビとかで歌っていてジャケも海になっててリンクする部分があります。

-ジャケットはAbyssからひっぱられてる感じなんですか?

Sxun:「Let Me Hear」の共存、自分たちのイメージでもある派手さと、「Abyss」のイメージを表現できる海、アルバム・ジャケットを実際開けてみてもらうといろいろわかることもあると思うので、そこはお楽しみにということでチェックしてください。

-本当に3曲とも新機軸を打ち出しているにもかかわらず、ラスベガス感満載という濃厚なシングルができましたね。

Sxun:やっぱりライヴをしながら制作したということもあって、どんどんライヴに焦点が合っていったっていうこともありますね。ライヴをイメージしてサウンドを作っていったので、そういう意味では今まで以上にクオリティを追求した部分もあります。ライヴでやるのもすごく楽しみな楽曲が揃ったと思いますね。恐らくこのシングルにしか入らない曲もあるのでそのへんも気にして聴いて欲しいです。そしてライヴに来て欲しいですね。

-ライヴが楽しみな曲ばっかりですよね。盛り上がりもすごそうです。
さて2015年も迫ってきた(インタビュー 2014年12月)ところですので、2015年をどういう年にしたいかそれぞれ抱負を教えてください。

Sxun:このペースでどんどん曲も作っていくことになるだろうし、ツアーも終わったタイミングなので、もう1回自分たちのやりかた、スタンスを見つめ直したいですね。2015年もっといいライヴができるように、どういう曲を出せばみんなが喜んでくれるかっていうことを、もっともっと追求していきたいと思います。

So:このツアーで、ライヴのスタンスを再確認できたので、"気持ちをしっかり伝えていく"ライヴができるようになりたいですね。ただし気持ちだけがあればいいわけではなくて、伝えるためにはクオリティも必要だと思うし、ライヴにかける想いをメンバー内で話すことも大事やと思うし、そういう意味でしっかりと気持ちを伝えられるバンドになりたいです。

-ありがとうございます。2015年、いいスタートを切れるような素晴らしいシングルになっていると思いました。来年の更なるステップ・アップを期待していますね。

Sxun & So:ありがとうございます!