MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Fear, and Loathing in Las Vegas

2015.01.06UPDATE

2015年01月号掲載

Fear, and Loathing in Las Vegas

メンバー:Sxun(Gt) So(Clean Vo/Prog)

インタビュアー:村岡 俊介(DJムラオカ)

-(笑)まさかメンバーが物販にいるとは思われないんだろうね。

Sxun:まだまだ頑張らなきゃあかんと思いますね・・・・・・(笑)。

-アー写も露出度低めだし。

Sxun:はっきりとわかるものがないので、そりゃあ自分から言わなきゃわかんないよなって(笑)。

-ゲスト・バンドもコーストのLOUDNESSやTHE冠などメタル・シーンの大先輩からパスピエやtofubeats、KEYTALKというシーンの異なるアーティストまで幅広いですね? ゲストのセレクトはどうやって行っているのでしょうか?

Sxun:そうですね。1番最初はメンバーからこういうバンドとやりたいってのがまずあって。それから周りからの薦めだったりもありました。1番気にしたのは、自分たちがライヴを観ていいと思うかどうかと、ジャンルとか、スタンスとか含め異色な感じを出したかったので、今までやったことのないタイプのアーティストとやりたかったんです。

-対バン相手のライヴは観ていますか?

So:はい、ちゃんと観させてもらってます。

Sxun:ほとんどのかたは対バンが発表される前のタイミングでチケットを買ってくれてたと思うんですけど、そこで対バンのかたがどういうライヴをするのかっていうのが気になりましたね。その人たちの本来のやりかたで攻めるのか、僕たちのライヴに寄せてくるのかとか。日によって、バンドによっても異なるのですごく勉強になりました。

-印象に残ったアーティストを教えてもらえますか?

Sxun:バンド・メンバーが共通して良かったと思ったのは、UZMKですね。リハーサルからすでにヤバくて。UZMKは僕らと同じく新体制になっての状況だったんですが、"昔よりも今の方がカッコいいだろ"っていうのがUZMKのリハからビシビシ伝わってきたました。キレッキレやし、すごい気持ちがキュッとひとつになってて。それが前面に出てきてたんです。リハってなんの演出もない状態なのにあんなにかっこいいって思えたのはすごい衝撃的でした。自分たちもああいうライヴをできたらいいなって思ったし、ライヴの良さはそういうところにあるなって再確認できましたね。

-So君はいかがですか?

So:よくツアーに出ていただいてるんですけど、観てて"気持ち"を感じたのはPALMさんですね。"気持ち"って自然に伝わってくることはありましたが、そこを中心にライヴを観ることはあまりなくて。でも"気持ち"に重点を置いてPALMさんのライヴを観てみるとMCもすごく伝わるものがあって。ジャンル的に僕らのお客さんからみたらハードコア寄りなので取っ付きにくい部分もあっってか、最初はお客さんもぽかーんって観てる感じだったんですけど、そういう状況のMCでもトシさん(Vo)はすごいアツい話をして。そういうのがお客さんに伝わったのもわかったし、終盤ではすごい歓声も手もあがってて、カッコいいなと思いました。

-さっきも触れましたが、今回のツアーではメンバー自らグッズ販売を手伝ったり、お客さんと話したりと今までよりファンとの距離感を縮めていますね。Twitterなどでもメンバー自ら発信する機会が増えていたり......何か心境の変化があったのでしょうか?

Sxun:本番の前に軽く言葉を交わせただけでも、その日に初めて来る人が多いとか、年齢や雰囲気がわかるんですよね。そうやって距離がすごい縮まるので、ライヴがやりやすくなりましたね。あとはMC中お客さんを見てても親近感を強く感じるようになりました。Twitterはツアーに1日だけ来た人や、俺らが来るのを待ってる人が35本全部楽しめるようになるんじゃないかなと思って。ツアーの様子を見ながら待てたり、自分たちが参加したあとはこうやって続いていくんだとか。当日ライヴに来る以外の目線で応援できたり、見守ることができるひとつの手段なんじゃないかなと思って。そういうふうに使ってもらえたらいいなって思うし、そういう良さがあるんじゃないかなと思います。

So:ツアーの始めにみんなで決めた"自分たちでなんでもやっていく"っていう目標もあったからこそ、お客さんとの距離感を以前より縮められたと思います。お客さんが"すげー楽しみにしてきました"とか、初めていく土地では"何年も前から聴いてて初めてライヴに来ました"とかライヴ前に聞けるっていうのはパワーになりますね。いつもだとライヴでみんなの顔を見ることしかできないけど、生の声を聴けるのはすごく嬉しかったですね。僕はそんなにTwitterをしてないけど、Sxunさんがやってるのを見てると反応も凄いなって思ったし、みんなも楽しみにしてるのが伝わってくるのでバンドにとってはいいことだと思いますね。

-さて、それでは本題に入っていきますね。『Let Me Hear』完成おめでとうございます。このシングルは傑作ですね。3曲とも素晴らしいです。先週金曜日にマスタリングが終了とできあがったばかりのできたてホヤホヤのシングルですが今の気持ちを教えてください。

Sxun:毎回そうですけど、『PHASE 2』制作で全部出し切ってたんですが、そのレコーディング終盤には今回のシングル・リリースの予定がすでに見えてました。全部出し切った状態からのスタートでしたが、今作『Let Me Hear』はどの曲がタイトル曲になってもおかしくないくらいいい曲ができましたね。捨て曲ナシというスタンスはもちろんあるんですけど、どの曲から聴いても大丈夫やっていうくらいそれぞれ色も違うし、内容の濃い曲が作れたと思います。

So:移動中にマスタリング前の3曲ずっとまわして聴いてたんですけど、やっぱりいいなって。自画自賛になっちゃうんですけど、リスナー目線で聴いてもどの曲もいいなと思えました。それはみなさんにも聴いて確かめて欲しいですね。