MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Fear, and Loathing in Las Vegas

2014.08.06UPDATE

2014年08月号掲載

Fear, and Loathing in Las Vegas

メンバー:Sxun (Gt) So (Clean Vo/Prog)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-ただ絶対盛り上がる十八番(おはこ)の展開ってあると思うんです。そこにラスベガスは帰結してないですよね。

Sxun:そうですね。分かりやすい展開を作る時でもすでに使われているようなアプローチは避けるようにしています。でもなるべくシンプルに提示するってことはかなり考えてますね。

-なるべくシンプルに提示することを意識しているなかで「Counterattack by~」のような曲ができ上がることにはビックリしました(笑)。

Sxun & So:(笑)

Sxun:「Counterattack by~」はアルバム全体でいうとだいぶ奇をてらった曲ですからね。でも最後の歌メロやシンガロング・パートはみんなで一緒に歌えるイメージです。

-そうですよね。ラスベガスの曲は一筋縄ではいかないものがほとんどですよね。激しい曲でも必ずどこかにキャッチーな部分はありますし、Track.10「Flutter of Cherry Blossom」も最初四つ打ちでノリやすいですけど、それだけでは終わらないですもんね。

Sxun:そうですね。

-そしてアルバム最後を飾る7分越えの大作、Track.11「Stay as Who You Are」ですが、壮大でドラマティックな楽曲ですね。最初からこういった長編の楽曲を作ろうというテーマを基にスタートしたのでしょうか?

Sxun:そうですね、仮タイトルが"長い曲"だったんで(笑)。もともとアルバムを作る時に1曲長い曲を入れたらどうかというアイデアがあったんで試してみたんです。長い曲をライヴでやるとなるとコンパクトにしないとダレれしまうし、今までの曲もそれを意識して作っていたんですが、今回あえて長い曲に挑戦してみました。

-この曲は展開も面白いですね。他のラスベガスの楽曲は急転直下で目まぐるしく変化していく、例えるならジェットコースターのような短編小説ですが、この曲は起伏も展開もたくさんあるのですが、流れるようにスムーズに進んでいきます。例えるなら山あり谷ありの壮大な長編小説、スペクタクルだと感じました。他の楽曲とは明らかに趣が違うなと感じたのですが。

Sxun:やっぱり長い分、フレーズを繋ぎ合わせただけだと少し強引になってしまうんで、繋ぎ目の転調やBPMのチェンジに関してかなり気を遣ってます。前後で違う2曲を貼ったようなツギハギな繋ぎ目になってもおかしいので、1曲の構成として意味があるものになるように気を遣いました。

So:この曲は3部構成で長い曲だけど飽きさせずにちゃんと最後まで聴かせるようにしたいなと思っていました。あと少し暗いメロディで終わって、その後明るく変化していくパートがあるんですけど、そこでの切り替わりを伝えるためにこのアルバム唯一の日本語を使っている点にも注目して欲しいです。

-後半のエレクトロ感もかっこいいですよね。ちなみにこの曲はどんなことが歌われているのでしょうか?

So:"こんなことがあったんだよ"という今までのバンドの歩みや、"ここからどうしていきたい"というような気持ちも歌っています。

-今聞きました曲以外で伝えておきたいポイントはありますか?

Sxun:Track.10「Flutter of Cherry Blossom」は驚いてくれるんじゃないかなって思います。BPMも曲の雰囲気も今までにないタイプの踊らせる曲です。Track.8「Rain Inside Your Eyes」はアコースティック・ギターを使ったバラードなんですが、今までのラスベガスのバラードはラウドな要素も少しばかりか入っていたんですが、この曲はより本格的な大人びたバラードになっています。歌にもだいぶこだわっているのでそういう点も楽しんで欲しいですね。

So:アルバム全体を通して一連の流れを持たせたかったので、冒頭のTrack.1「Are You Ready to Blast Off?」と最後のTrack.11「Stay as Who You Are」はリンクさせるように意図して作っています。歌詞もリンクしていたり、フレーズもよく聴くと少し似ているものが入っていて、アルバム全体で1つにまとまっているという雰囲気を出しています。

-リリース後は9月からツアーが始まりますね。約3ヶ月ありますね。

Sxun:ライヴハウスをガッツリ回ります。Keiが入ってからは初めてのツアーなんで、しっかり各地に顔を見せに行きたいなと思ってます。

-最近大きな会場でしかラスベガスを観ていないので、小さいライヴハウスでどうやってライヴをやっているのか想像つかないです。

Sxun:俺らも想像つかないです(笑)。

So:ドロドロのライヴがしたいですね(笑)。久々なんで楽しみです。

-最後に激ロック読者にメッセージをお願いします。

Sxun:新体制になって気持ちを新たにという部分と、バンドが第2章に突入するという提示と、進化した姿をしっかり込めた1枚に仕上がっています。俺個人としてもこの作品で間違いなく1つハードルを越えれましたし、自信を持って出せるクオリティに仕上がってるので、ぜひ聴いて欲しいですね。ライヴで力を発揮するイメージで作っているので、このアルバムを聴いてツアーにも遊びに来て欲しいですし、どれぐらいライヴで遊べるかを証明したいなと思ってます。

So:バンドとしても作品としても第2形態のラスベガスができたと思っています。精神的な面でも気持ちを新たにしているので、今後のライヴでこの作品の楽曲がプレイできるのがすごい楽しみです。今年は夏フェスにもたくさん出演しますし、リリース・ツアーもあるので、早くみんなに聴いてもらって、ライヴで楽しんで欲しいですね。