MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Fear, and Loathing in Las Vegas

2014.08.06UPDATE

2014年08月号掲載

Fear, and Loathing in Las Vegas

メンバー:Sxun (Gt) So (Clean Vo/Prog)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-今後のライヴでもこれがSEになりそうですか?

Sxun:そうなるでしょうね(笑)。

-Sxun君のヴォーカルやKei君のスラップ・ベースなどもフィーチャーされた今年1月にシングル・リリースされたTrack.2「Rave-up Tonight」は新体制ラスベガスの名詞代わりの1曲でしたが、この曲を軸に据えてアルバムを作りあげていく感じでいかがでしょうか?

Sxun:軸というよりは、アルバム制作基準のハードルにしていましたね。

-それは楽曲のクオリティという意味で?

Sxun:そうですね。幸先良い楽曲だと今でも思ってるし、『All That~』を経て、1発目にこの曲を出して、全曲これと同じクオリティで出せたら今自分たちが目指してるアルバムが作れるなとずっと意識は持ってましたね。

-ある意味で判断基準になっていたんですね。この曲はラスベガス過去最高のオリコン3位を記録しましたが、新体制の門出のリリースが最高の実績を生んだことで何か思うことはあったのではないですか?

Sxun:嬉しい気持ちもあれば、正直まだ上に行けるという悔しさもありますね。ただあまり順位にはこだわってないので、どちらかというと曲の反応の方が気になりました。MV見て反応もらったり、ライヴでやってみていい反応もらった方が"あ、良い曲できたな"って実感が持てますね。

So:ランキングの結果は嬉しいなって気持ちもありましたが、それよりライヴでの反応に手応えを感じましたね。「Rave-up Tonight」のイントロが鳴り始めた瞬間に"ワァー!!"って大歓声で盛り上がってくれるんですが、その方がちゃんとこの曲を知ってくれてるんだなって手応えを感じてます。

-先日MVが公開されたTrack.4「Thunderclap」は最近のラスベガスのエッセンスがギュッと詰まっている楽曲だと感じました。Taiki君の雄叫びやSxun君の中音域のクリーン・ヴォーカルなど、ラスベガスが身に付けた新しい要素が詰まった曲だと思いました。

Sxun:ありがとうございます。自分たち本来のツイン・ギターのリフで押して行く部分や、コアでラウドな部分など、勢いが強い曲になってる思います。割りと自分たちの持ち味の延長線上のスタイルに新しい要素を入れることができました。

So:「Thunderclap」は僕らがもともと持ってるスクリーモ・スタイルの曲のなかでも、新しい要素を取り入れて進化を果たした楽曲になったと思います。

-1:40辺りからのエッジの効いたギターとキーボードのせめぎ合いはメタルっぽいなと感じました。特にキーボードはDREAM THEATERを思い起こしましたね。

Sxun:影響を受けましたと言えるほどではないですね(笑)。

-キーボードのメロディは誰が作ったんですか?

Sxun:Minamiですね。キーボード・ソロのフレーズが先にあって、その後ギター・リフを作ったんですが、ソロとリフを一緒に演奏するか分けてやるかで悩んだんですけど、結果的に分けることにしました。あのキーボード・パートはMinamiらしいソロで適度にクサさもあるので、その前に俺のギター・リフで味付けした感じです。

-MVは演者の手元を中心に撮影していますが、これは各メンバーのテクニカルなプレイをフィーチャーしたいという考えからでしょうか?

Sxun:そうですね、この曲はフレーズごとに推してるパートが違うので。今までだったら全体かピンポイントのどちらかだったんですけど、"今コイツとコイツがハモってる"というようなものまでピックアップできるのが今回の撮影方法だったんです。

-また外せないのがMV内のTaiki君のルックスですが(笑)。

Sxun:まぁその話になりますよね(笑)。

So:そりゃそうだ(笑)。

-触れないでおくのもどうなのか、というぐらい大きな変貌を遂げていますよね(笑)。

Sxun:何を話せばいいのか......(笑)。

So:メンバー、マネージャーみんなで話して、似合うから良いんじゃないということで......。あとはTaikiさんが振り切ってやったので、すごく良い味付けになっていると思うし、僕らもテンション上がるので、良かったと思いますね。

-「Rave-up Tonight」の側転だったりと、最近のラスベガスには1つコミカルな要素が入ってるのは面白いですよね。Track.6「Virtue and Vice」でもTaiki君が斧で......(笑)。

So:あれもTaikiさんか......(笑)。

Sxun:俺らも楽しんでますからね(笑)。