MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

M

MIKE TV

アメリカではGREEN DAYがアルバムをリリースし、BLINK182の再結成もあり、さらにはALL TIME LOWがインディーズ・シーンを率先するなど、音楽

ROM

神奈川県厚木発の男女ツイン・ヴォーカル擁するポスト・ハードコア・バンド。今年7月には"FUJI ROCK FESTIVAL"のROOKIE A GO-GOステー

INSIDE

結成から約2年で作り上げたデビュー・ミニ・アルバム。バンドの最大の武器は男女ツイン・ヴォーカルだ。どちらもシャウト兼クリーンもこなせる器用さで、他のポスト・ハー

suite

東京都立川市出身の女性ベーシストを含む4人組叙情ハードコア・バンド“militarysniperpinfall”による1stアルバム。どこのシーンにも群れること

SOS

結成26年、スウェーデンを代表するメロディック・パンク・バンド MILLENCOLINが、約4年ぶりのニュー・アルバムを発表! 1stアルバムから不動の仲良しメ

MACHINE 15

結成15周年を迎えたスウェーデンNO.1パンクバンド、MILLENCOLIN。約3年ぶりとなる新作「MACHINE 15」に織り込められた、彼らの"新境地"とも

IMAGINE

2018年10月にメジャー・デビューしたMINAMI NiNEが放つ"SUPER EP"第2弾。メロコア、青春パンク、フォークをバックボーンに持つ彼らの魅力を、

LINKS

2011年の結成以来、精力的に活動してきた宮崎出身の3人組がいよいよメジャー・デビュー。これまでよりも大きなフィールドで活動する自信と覚悟を"SUPER EP"

LAMP OF HOPE

宮崎県出身の3人が2011年に東京で結成したMINAMINiNEが前作『SWEET』から1年ぶりにリリースする1stミニ・アルバム。青春パンクのメッセージ性と、

You'll Rebel to Anything (As Long As Not Challenging)

もはやカテゴライズ不能な、超ハイセンス変態ダンス・サウンドの登場!!あのMY CHEMICAL ROMANCEのフロントマン、GERARD WAYの妻であるLY

The Complete Collection

90年代初期のEMOシーン黎明期のレジェンド、MINERALの号泣必至コンプリート盤デジタル・リマスター作品がリリース!1994年~1998年の4年という短い活

Misanthropy

極めて閉鎖的な閉塞感が、ここには音というかたちで凝縮され詰まっている印象だ。逆に言えば、この音はそれだけソロ・プロジェクトならではの純粋で高潔な方法論のもとで創

Heirs To Thievery

DYING FETUSに在籍していたメンバーを中心に結成されたMISERY INDEX。結成初期は“DYING FETUSチルドレン!?”とも思える程、まんまD

Somewhere Safe

JIMMY EAT WORLDやTAKING BACK SUNDAYにも劣らない豊潤なエモーショナル・ロックサウンドで人気を誇るオーストラリアの5人組による初の

A Curse, A Calling

前作EP「The Window」で既に日本デビューを飾っているTMIMが、本国オーストラリアでレーベルを移籍し、通算2枚目となるEPをリリースした。哀愁たっぷり

Shadows Inside

昨年、"Nuclear Blast"のCEOであるMarkus Staigerらが設立した新レーベル"SharpTone Records"に移籍したMISS M

Deathless

前作から1年という、短いスパンを経て放たれる最新作。前作ではTerry Date、前々作ではMachine、とヘヴィ・ロック界の巨匠をプロデューサーに迎えていた

Rise Of The Lion

4月12日の札幌を皮切りにcoldrain、Crossfaithと共に日本全国9箇所をOUTBURN TOURで回ってきたMISS MAY Iが、アルバム4枚目

At Heart

Joey Sturgisの元を離れ、CROSSFAITHを手掛けたことで邦楽ラウドロック・シーンにも名を知られることとなったMachineプロデュースの元、制作

Monument

プロデューサーには今を時めくATTACK ATTACK!、THE DEVIL WEARS PRADAなどを手掛けるJoey Sturgisを迎え制作された今作。