MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Fear, and Loathing in Las Vegas

2017.10.16UPDATE

2017年10月号掲載

Fear, and Loathing in Las Vegas

メンバー:Sxun(Gt) So(Clean Vo/Prog)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-Track.9の「Accept Each Other's Sense of Values」はタイトルを見ただけで、おそらく変態度数が高い曲だろうなと予想していたのですが、見事的中しました(笑)。極悪なブレイクダウンもあり、このアルバムの中でも最もヘヴィで最も変態な楽曲だと感じましたが、この楽曲のコンセプトやできた過程を教えてくれますか。

Sxun:この曲はもうめちゃくちゃです(笑)。まずマネージャーさんとMinamiで詰めたトラックをもらったときに、フレーズの譜割とか解釈を理解するところから始まり、覚えるのも録るのも大変でした。1サビをアニソン・パートにするというのがもともとの曲のイメージで決まっていたのですが、マネージャーさんの提案でその部分をKei(Ba)が歌うことになるという。この時点でカオスなのですが、やってみたら意外とアリかもしれないという雰囲気になって、そこからKeiは毎日このパートを歌い続けていました。声質がふざけすぎていて、スタジオ中にずーっと歌声が響いていて途中みんなノイローゼになりかけましたが、Keiの努力の甲斐あってすごくいいパートになったし、きっと良くも悪くも頭から離れなくなると思います(笑)。

So:1サビをKeiさんが初めて歌っていて、しかもアニメ声で歌っています。Keiさんは歌に関してはそもそもかなり音痴なので、本当に気が狂ったかのように練習をしまくっていました。スタジオでは俺と同じ部屋で、薄暗い個室の中、髭面の男がアニメ声の大声で1日中ずーっと歌っているので、こちらの気も狂いそうでしたが、おかげでいいサビになったと思っています。

-Track.11の「The Sun Also Rises」は目の前が開けるような覚醒感があり、またアップダウンのあるドラマチックな楽曲で、アルバムのエンディングを飾るに相応しい楽曲だと思いました。7~8分の楽曲にできるくらいの展開内容ですが、それを4分以内に収めることができるのも現在のラスベガスの楽曲制作能力の成長によるものだと感じました。この 楽曲のコンセプトやできた過程を教えてもらえますか?

Sxun:この曲自体は最初からパーツをつくるうえでイメージしやすい曲というか、明確なテーマと雰囲気がありました。あとはスケール感とライヴで盛り上がる部分の両立だったり、壮大なEDM系の曲とメタルコア系のバンド・サウンドがひとつの曲になっているなかで、今までのラストの曲との違いをどう出すかというところがポイントだったのかなと思います。

So:歌詞のテーマは"進むべき道"となっています。『New Sunrise』に相応しい歌詞で、すごく険しい道だとしても、勇気を持ってその道を選ぶことができれば、希望、夜明けを見ることができるんじゃないか、というようなことを書いています。

-「SHINE」、「Return to Zero」に続く3本目のMVは制作中でしょうか? 制作中でしたらどの曲でどんな内容のものになるか教えていただけますか?

Sxun:このインタビューが出ている時にはきっと「LLLD」が出ていて、もう1本が公開になっているかどうかかなと思います。MVやアー写のビジュアル、それぞれの公開タイミングはすべてマネージャーさんが決めているのですが、今回は「SHINE」と「LLLD」が新しい雰囲気の楽曲で、断片的な印象でアルバムのイメージになってしまわないように、いつもより1曲多くMVとして出すことになりました。特に「LLLD」が新鮮なものになっていて、語弊ある言い方ですがラスベガスのくせにカッコいいMVみたいな感じです(笑)。

-リリース後、全47都道府県をくまなく回るロング・ツアーも決定していますね。小箱中心のツアーとなっていますが、今回のツアーを回るに当たってのテーマがありましたら教えてください。

Sxun:ラスベガスはライヴハウスでのライヴを大事にしているので、今回のツアーで今まで行けてなかった場所にもライヴしに行けるので嬉しいです! それに今までで期間も本数も最長なので、修行に行くぐらいの気持ちというか、どれくらい過酷なものか想像できないので楽しみですし不安もありますが、とにかく無事に半年間を乗り切りたいと思います。

So:初めての47都道府県ツアーなので、本当に全国の人達に会えるということを大切にしながら、1本1本やっていきたいと思っています。あとは体調管理です!

-それでは最後に、激ロックの読者へのメッセージをお願いします。

Sxun:今作はアルバムとしては約2年ぶりのリリースとなります。今まで応援してくださってる方や、このインタビューでラスベガスを知ってくださった方にも、このアルバムをぜひ聴いてもらいたいです。まず一度聴いてもらって、もし気に入っていただけたら歌詞にも目を通してもらって、アルバム、楽曲に込められたメッセージも見てもらえたら嬉しいです。この先ロング・ツアーやいくつかイベントの出演もありますので、ライヴも見てもらいたいです。これからもどうぞラスベガスをよろしくお願いします。

So:2年ぶりのフル・アルバム、いいものができあがっていると思うので、みなさんぜひ聴いて下さい! 47都道府県をツアーで回るので、近くに回ってきたときは、もし良かったら僕らのライヴも体感しに来てください!!