MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

L

EVO:ERA

"EDM(エレクトリック・ダンス・メタル)"を掲げる4人組のニュー・アルバム。今作は現時点で最高作と言える仕上がりになった。fadeのruiを初のプロデューサー

QUATTRO

前作『EnFLAME』はKihiro(Vo)とKEN'ICHI(Dr)のユニットで作り上げたものだったが、この2ndアルバムはバンド体制で初めて作り上げた音源で

01 -zero one-

あのSupeのkihiroが帰ってきた。3年ぶりの音源リリースはなんと元SEX MACHINEGUNSのドラマーKEN’ICHIと結成したニュー・バンド“LOK

Awake In Color

SLIPKNOTらを擁するRoadrunner Recordsが契約したメリーランド州ボルチモアの4人組、BAD SEED RISING。2012年結成とのこと

Sexorcism

フィンランドが生んだ、文字どおり"モンスター"な5人組が送る、21世紀型ショック・ロックの世界! 前作『Monstereophonic』(2016年)では長尺曲

Monstereophonic (Theaterror vs. Demonarchy)

SLIPKNOT顔負けの厳ついマスクにオドロオドロしいバンド・ロゴから受ける印象は、"どんだけヘヴィなメタル・バンドだろう?"だ、間違いなく。しかしフィンランド

Deadache

2006年発表の3rdアルバム「The Apocalypse」が母国フィンランドでトリプル・プラチナムを記録する大ヒットとなり、さらにはメタルの祭典「OZZFE

Back & Forth

ドラマーが抜け、新4人体制で完全セルフ・プロデュースを敷いたEP。全体的にシーケンスの割合は減り、鍵盤やストリングスなど生楽器の比重を増やし、バンド感をより前面

RECREATOR

『THE MONSOON』以来約2年ぶりのリリースとなるポスト・ハードコア・バンド、LOSTによるニューEP。今作はこのシーンのパイオニア的存在であるFACTも

The Monsoon

ここ2~3年で最も成長している国内屈指のスクリーモ/メタルコア・バンド、LOST。今作ではZESTONE RECORDSを離れメジャーのBELLWOOD REC

DISCOVERY

霧の中に包まれているようにアンビエントなイントロから突如、激昂ヴォーカルが襲いかかるという衝撃的なオープニングで幕を開け、シンガロングを誘うリード・シングルTr

Unwritten Pages

6月9日リリースのセカンド・アルバム『discovery』に先駆け先行マキシ・シングルをリリース。このマキシ・シングル並びにフル・アルバムを聴いてまず思ったこと

Entertainment System

結成からわずか1年半、カナダより彗星の如く現れたメロディック・パンク・バンドLOST DELIVERIES。アルバム1曲目の「Have A Good Life」

SMILES THAT SCREAM

2005年にオーストラリアで結成。これまでに自主制作EPを2枚リリース、それが運良くBODYJARの手元に渡ったことがブレイクへの架け橋となり、今年1stフルア

Weapons

LOSTPROPHETS、5枚目の新作が遂に登場!……まずは先に言っておくと、これは評価が分かれる作品になるだろう。というのも、前作『The Betrayed』

Betrayed

『The Betrayed』(=裏切り)というネガティヴなタイトルが付けられている通りにシングル曲「It's Not The End Of The World,

Between Here And Lost

元KORNのギタリストであるBrian Phillip "Head" Welchによる新バンドの1stフル・アルバム。Headは宗教的な理由もあってKORNを脱

CLOCKWORK IMMORTALITY

1stフル・アルバム『AWAKENING FROM ABYSS』、ミニ・アルバム『BATTLE AGAINST DAMNATION』同様、ミックス&マスタリング

BATTLE AGAINST DAMNATION

1stアルバムに続き、プロデューサーにSteve Jacobs、エンジニアにMikko Karmila、Mika Jussilaを迎えて作り上げたミニ・アルバム

AWAKENING FROM ABYSS

オープニングを飾るインスト曲「The Awakening」の壮大且つ神秘的なサウンドから、続く「The Hammer Of Wrath」のギターが唸り、超高速の