MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Back & Forth

LOST

『Back & Forth』

Release Date : 2016-01-27
Label : MAXIMUM10

ドラマーが抜け、新4人体制で完全セルフ・プロデュースを敷いたEP。全体的にシーケンスの割合は減り、鍵盤やストリングスなど生楽器の比重を増やし、バンド感をより前面に押し出したロック色の強い作風にシフトした。エレクトロを配した「Crash & Burn」、クラブ・ミュージック的な「Happy」のような楽曲はあるものの、無駄を削ぎ落としたヘヴィ且つスケール感のある曲調が新鮮な印象を与える。メロディもキャッチーに磨き抜かれ、ストーリー性豊かな展開にも引き込まれる。ラウドとひと言では括れない広がりとシンフォニックな色合いも実にいい。シンガロングしたくなる楽曲が多いのも特徴で、早くライヴで聴いてみたい。表題曲はwaterweedのOhga(Ba/Vo)が参加している。 荒金 良介