MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LOST

2011.04.07UPDATE

2011年04月号掲載

LOST

メンバー:HIROKI(Vo) TAG(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-前作リリース前後から、SCREAM OUT FESTやVERSUS TOUR、激ロックFES.などに出演と非常にアグレッシヴに活動をしていますね?外から見ているとその頃から活動ペースのギアを一気に上げたように見えるのですが自分達ではいかがですか?

HIROKI(以下H):そうですね。自分達がアグレッシヴに活動してることを皆に伝えたかったということと、タイミングもよく素晴らしいイベントに誘われたので、チャンスかなと思って去年一年は畳み掛ける感じでしたね。バンドも進んでいったんだと思います。

TAG(以下T):今までもできることなら、いっぱいライヴをしたり、チャンスをものにしたかったというのはあるんですけど、自信を持ってそういう大舞台に立つには準備段階だったので、それまでは活動できなかったのが去年はいつでもどうぞっていう状態にまでなったので、そういうお話をいただいたものすべてに出るようにしました。内容が伴ってきたということなのかもしれないですね。

-先日SCREAM OUT FESTでライヴを観させていただきましたが、HIROKIさんのクリーン・ヴォーカルを初め、楽器隊の演奏スキルも目に見えて上達したと感じました。

T:そうですね、1年前と比べて良くなってないと困るんで(笑)。良くなってるとは思うんですけど、自分たちが理想としてるところには、まだまだ届いてないなっていう感じです。まだまだやらなきゃいけないことはいっぱいあるんですけど、それが手探りではなく、確実にこうしたいっていう目標ができて、あとはそこに到達できるように詰めていくところです。

H:前作を出した直前直後はどこか探り探りっていうか、これといって決まった目標がなかったのですが、それを見つけてから今に至る中で、一気に成長のスピードが上がったっていうか、自分たちらしさも出しつつどうアピールしていくかっていうのが明確になったかなって思います。

T:メンバー間でライヴに対する意思疎通が、よりできてきたのかなって思いますね。そういう話をする機会も増えましたし、国外からのバンドからヒントを得ることもあれば、身近なバンドやよく一緒にやるバンドのライヴを観て、“あぁいうところ良いよね”とか、“俺たちもっとこうした方が良くなるんじゃないか”みたいな議論を以前とは全然違うレベルで話が出来るようになってきたかなとは思います。

H:そう考えると去年1年はすごいでかかったです。

-ではバンドとして充実していると。

T:そうですね。

-ミニ・アルバム『The Monsoon』リリース決定おめでとうございます。
前作リリースから1年以内というショート・スパンでのリリースになりましたね。短期間でリリースすることにこだわりはありましたか?

T:そうですね。前のアルバムは結構制作が長引いちゃって、最終的にレコーディングしてから出るまでに半年以上かかってたんですね。その間もライヴはしつつも、曲作りは常にしてたんで、まとまってる曲も何曲かあって、その度に限定的な感じで新曲を配布したり、アップしてきたんですけど、それをまとめたものを2010年の間にある程度構想を固めたいなっていうところはあったんですね。次の作品はライヴ一本分のイメージで、ライヴが始まって最初から最後までお客さんに“この曲知ってる!”という状態で楽しんでもらえるようなサイズのEPがいいんじゃないかなっていうイメージはあったんですね。それを出したいねっていう話をしてる時にちょうど、BELLWOOD RECORDS さんから“一緒に仕事しませんか”っていうお話をいただいたんですね。“実は僕たちもこういうこと考えてて……”って、じゃあそれを春に出そうということになりました。
正直思ってたよりは早いリリースになりました。若干、駆け足ではありましたけど、すごいタイムリーなものを出せたんで、曲作りからCD盤になるまでの期間がこんなに短いのはないんちゃうかなっていうぐらいですね。なので出来立てほやほやですね。2011年になってから出来た曲もありますから(笑)。1月に出来てそのまますぐレコーディングみたいな。

-自分たちにとっても新鮮な段階でリリースが出来たと。

H:そうですね。まだ馴染んでない段階でレコーディングしてリリースするんですけど、まだホンマにレコーディングしたのかなぐらいのスピードで進んでるのが不思議な感覚で。最近になってリリースの実感がだんだん沸いてきました。

-曲作りっていうのはライヴとライヴの間とかでも進めていたのですか?

T:そうですね。

-ツアー中は曲作らないバンドもいますが。

T:僕たちそんなに長期のツアーがあんまりないので、ツアーの合間に作ったりもするので、ツアーと曲作りは並行してやっています。

H:一回ライヴのリハ終わりに駐車場で曲作りました(笑)。