MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LOST

2011.04.07UPDATE

2011年04月号掲載

LOST

メンバー:HIROKI(Vo) TAG(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-結構なキラキラ感がありますよね?

T:キラキラ感は雪の感じだったり、ゲレンデで流れてたら良さそうみたいなことをエンジニアの人に言われて(笑)。

-非常にポップでキャッチーなので、もしかして2曲目のPVになるならこれなのかなと思ったのですが。

T:僕もそうは思いましたね。

H:僕もそう思いますね(笑)。

T:関係者にも“すごい良い曲だね!”って言ってもらえたりするんですけど、僕の中では実は四つ打ちはずっと禁じ手だったんですよね。それだけは止めようって思ってたんです。何故かというと、チャラいから(笑)。
別にその考えは今も変わらないですけど、四つ打ちがどうこうっていうよりかは、試した結果これが一番曲に馴染んでたんで、それで変なこだわりで、曲の可能性を殺すのはもったいないっていうことで、流行りはどうとかじゃなくて、このパターンが一番しっくりきたので採用しました。実際何パターンか作ったんですがこれがバッチリでしたね。

H:何パターンか試してみて、落ち着いたのが、四つ打ちです。

T:まぁチャラくても良いすけどね(笑)。どう捉えてもいいですけど、チャラい気持ちで四つ打ちは叩かないと(笑)。

-どの曲もライヴ映えしそうなものばかりですよね。この前SCREAM OUT FESTで「Cheers To The Blossom」をやったじゃないですか。あの曲がもしかしたら一番盛り上がったんじゃないかと思いました。

T:マジすか!?

-今回のアルバムって直接的に、頭でどうこうっていうよりは……聴いて、楽しい、モッシュしたいなとか、腕ブンブンしたいなとかって思える曲なんですよね。

T:じゃあもう大成功です。

H:前作もそうだったんですけど、今作ではさらにライヴをイメージして、曲を作りました。お客さんはこういう時はどうノりたいんやみたいなんを考えて、僕らの気持ち良い感じとかの兼ね合いでもあるんですけど。ライヴしてる姿を想像して曲作りは進めていきましたね。

-成功じゃないですかね。

H:今のめっちゃ嬉しかったですね。

T:ありがたいです。そうなんですよ、ほんとに。ほとんどの人が、初めてライヴで聴くっていうのが、今後絶対あると思うんで……というかそういう活動をしていきたいと思ってます。もちろんこういうシーンっていうのはすごく大切ですし、身内でいうとHER NAME IN BLOODだったりcrossfaithだったりとかLOSTのことを知ってくれてる中でやるっていうのはほんとに家に帰ってきたような温かさを感じるし、みんなどうしたらいいか分かってる人たちなんで、それでいいんですし、それはすごく有り難いし、楽しいですけど、僕らとしては、もっともっとこういう楽しみっていうのを他ジャンルの中にも飛び込んでいって、やってきたい気持ちをすごく持ってるんですね。そういう時に如何に伝えやすいかというのは絶対必要だと思うんです。初めて聴いて、初めて観て、構えるんじゃなくて、最初から楽しんじゃうみたいな。クラブに行って初めて聴いた曲やから、この曲では踊れんってないじゃないですか。“あ、あの曲めっちゃ楽しかったけど、誰の曲やったんやろ”とか、別にそれでいいと思うんですよ。単純に曲が鳴ってて、音楽が鳴ってて、“あぁ良いなぁ”って体揺らすことっていうのは、すごく自然なことだと思うんで、1回目やから考えるんじゃなくて、1回目からガチで取り込みたいというか、皆を踊らせたい、楽しませたいっていう気持ちがすごいこもっているEPになったんじゃないかと思います。

-海外の最新のスタイルを取り入れているのもLOSTの特徴だと感じました。今作ではオーセンティックなスクリーモに縛られないASKING ALEXANDRIAやA DAY TO REMEMBERなどのメタルコアやブレイクダウンなどの最先端のエクストリーム・ミュージックのテイストも感じると同時に、それとLOST本来のサウンドがうまい具合にミックスされていますね?

T:完璧やな。

H:完璧です。

T:もう何も言うことない。何も言うことないですホンマに(笑)。
こんなん初めてですよ、本当に。やっぱり良くご存じというか、一番伝わっている気がします、僕たちのやりたいことが。その通りですもんね。海外との時間差だったり温度差っていうものは、国内で活動していく中で常々今まで感じてきたので、よりタイムリーにしていきたいなっていうのがありましたね。別に流行りに敏感だとか、流行りに乗ってるとかって言われてもいいですし、単純にかっこいいものを追及するってなると、もっともっと今は何がかっこいいんだろうっていうのを、新しいものを聴いた時の衝撃みたいなものを求めてしまいますね。

H:基本的にそのへんにアンテナを張るようにしています。