MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

ACME

2023.08.25 @TOWER RECORDS 渋谷店 9階屋上 野外イベントスペース

Writer : 杉江 由紀 Photographer:RINAASUKAI

処暑を過ぎた晩夏の頃とはいえ、あたりにはまだ熱気が残る夕暮れ時。渋谷の茜空を震わせたのは、ACMEの放つ激しくも情緒を漂わせた音の数々であった。

この日、彼らがTOWER RECORDS 渋谷店 9階屋上 野外イベントスペースにて開催したのはニュー・シングル『ウルフヘズナル / 黄昏』の発売を記念するフリー・ライヴ。渋谷のド真ん中に位置する現地では、開演時刻を前に性別や年齢、さらには国籍まで問わない様々な人たちが集結していたなか、まずこの日の火つけ役となったのは和旋律と"本日も晴天なり"の歌詞が交錯する、ACME的お祭りチューン「絶唱謳歌」だ。
"ついにやってきました、この日が! 暑いので、みんな倒れないようにね。あ、でも倒れるくらいには暴れてほしいですけども(笑)。いっぱい曲を持ってきたので、初めて観るので曲がわからないっていう人も、いっぱい動いて、たくさん声出して、最後まで楽しんでいってください。そして、そろそろ日が暮れてきたのかな?"(CHISA/Vo)

"たしかに、あっち側(ステージから見て真向かいの方面)はそんな感じやね"(将吾/Gt)

"なんか、今日はチリから来てくれたっていう人もいるみたいなんだけど、次にやる新曲「黄昏」はそういういろんなところから集まって来てる人たちもそうだし、誰にでもひとつある故郷を思って作ったものなので、みなさんそれぞれにとっての「ふるさと」を想いながら聴いていただけると嬉しいです"(HAL/Dr)

まさに日没時刻になろうかという、絶好すぎるタイミングで演奏が始まった「黄昏」は、歌詞中の"オレンジ色の空"というフレーズはもちろんのこと、チルいゆったりした曲調がそよぐ夏風に馴染んで響き渡る様も実に心地よく、それはもはやロックだのJ-POPだのといった垣根を超えた佳曲としての存在感を放っていたと言っていい。

ただ、ACMEにとっての十八番と言えばやはりダイナミックなラウド・チューンであることも間違いのないことで、CHISAがギターを肩にかけながら歌った「ラストワンショー」以降は容赦ないほどのエグいパンチ・ラッシュが続くことに。

"渋谷、楽しんでますか! なんかヤバくね? この時間とこの熱狂を、俺たちだけで独り占めしてる感じがすごく気持ち良いです。さっきやった「黄昏」と、もう1曲「ウルフヘズナル」を持って10月からはワンマン・ツアーをやりますので、ここから一緒に育てていきましょう! 「ウルフヘズナル」のほうはめちゃくちゃ激しいんだけど、この大都会の中でやるにはカオスでいいんじゃないかと思います(笑)。じゃあ、周りから苦情来るくらいに激しく行きましょう!!"(CHISA)

将吾のヘヴィ且つエッジーなギター・ワーク、RIKITO(Ba)の唸らせる野太い低音、HALのシャープで攻撃力に満ちたリズム、CHISAのただワイルドに歌うだけではない表現力豊かなヴォーカリゼーション。その四位一体なACMEの音は、どこまでも躍動していた。

なお、そんな「ウルフヘズナル」の歌詞に出てくる"berserker"の言葉を冠したワンマン・ツアー"ACME Live Tour 2023「Reborn as the BERSERKER」"が10月後半から始まり、これは2024年1月7日にファイナルが行われるshibuya CYCLONE公演まで続いていくそう。しかも、このツアーは公式サイト上のインフォメーションには"演奏時間も長くし、一曲でも多くACMEの楽曲をお届けする内容です"との記載がある。フリー・ライヴでさえ約1時間もたっぷりと楽しませてくれたACMEだけに、ここは大いに期待して良さそうだ!!!

  • 1