MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Calendula

a crowd of rebellion

『Calendula』

Release Date : 2014-07-09
Label : new wisteria RECORDS
¥2,000

リリース毎に着実にその名を広げ、ライヴでは持ち前のハイテンションでフロアを踊り狂わせる新潟出身の"コシヒカリーモ"バンドa crowd of rebellionより、待望の3rdアルバムが到着!かねてより彼らの強烈な個性であるフックの強い日本人的なメロディは変わらず生かしつつも、前作以上にレンジの広がった音楽性に驚かされた。ドラマチックなリフや、随所に効いているピアノで音の奥行きを表現したかと思えば、疾走感ある四つ打ちやツー・ステップ必至のリズム回しが冴え渡る。もちろんブラストビートやブレイクダウン等メタルコア然とした要素は安定のゴリゴリっぷり。その多彩な表情が、狂気じみた鋭いハイトーンと音圧たっぷりのいかついシャウトのツイン・ヴォーカルによって見事にまとめ上げられている。全てに通ずるようで何にも属さない"リべリオンの音"は、ラウドロック・シーンの枠に留まらず多くのリスナーを巻き込んでいくに違いない! 小林 詩央里