MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

MAYSON's PARTY

2021.12.05 @SHIBUYA THE GAME

Reported by 荒金 良介 Photo by 高木潤也

ex-SKALL HEADZのメンバー3人で新たに立ち上げたMAYSON's PARTY。彼らがHEY-SMITHの猪狩秀平(Gt/Vo)をプロデューサーに招き、セルフ・タイトルを冠した1stミニ・アルバムを発表。そのレコ発ツアー・ファイナルは完全ソールド・アウトの大盛況ぶり。

トップを務めたのは横浜発の5人組、NUBOだ。ツイン・ヴォーカルから放たれる人間臭い歌声に加え、ファンクやダンサブルな要素を絡めたロック・サウンドで序盤から観客を焚きつけていく。お祭り感溢れるアッパーな曲調で攻め続けると、フロアも俄然ヒート・アップ! 後半には「RESHINE」も飛び出し、ソウルフルな歌声と共に灼熱の演奏を叩きつけてくれた。

"行こうか、渋谷!"とRYO(Gt/Vo)が叫ぶと、次はSECRET 7 LINEの登場。快活なポップ・パンクをかき鳴らし、疾走感溢れる楽曲を畳み掛けていく。観客もそれに応えて、熱い盛り上がりを記録。ラストはアンセム曲「YOUR SONG」を披露し、今は声を出せない状況ではあるけれど、聴く者の心をひとつに束ねる強烈な訴求力を発揮した。

2バンドが場内をしっかり温めると、AYATOMO(Vo/Gt)、MIKI(Gt/Vo)、Ya-knock(Dr/Cho)、TSUKASA(Ba/Cho)、MOE(Tb/Cho)、SAKI(Tp/Vo)、PON(T.Sax/Cho)とメンバー7人がところ狭しとステージに並び、ついにMAYSON's PARTYの出番がきた。「Break down!!」が始まるや、ミクスチャー・ロック的なノリにスカのリズムを織り込み、爽快なホーンに気分もアガるばかりだ。「START NOW」、「Super Fly High」と演奏は加速度を上げ、眩しい高揚感で照りつけてくる。
"帰ってきましたよ、東京に! 足が千切れるまで踊らせる!"とAYATOMOが言うと、「Tiny Tune」へ。女性コーラスを生かしたポップ・チューンでフロアを揺らし、そこにRAMONESの「Do You Remember Rock 'N' Roll Radio?」を投下。パーティー感溢れるカバーも聴き応え十分であった。
そして「Don't Bring Me Down」はライヴでも爆発力に満ち溢れ、観客の動きは片時も止まらない。そのあとに大人っぽいホーンが印象的な「ALARM SONG」を差し込む流れも良かった。ちょっとクール・ダウンさせたあとに「BAM BAM BAM BOOM」がここで炸裂。テーマパーク的なイントロからパンキッシュに雪崩れ込む怒濤の勢いは圧巻のひと言だった。
"マジでバンドやってて良かった!"とMIKIが言うと、"バンドをやっていて、心底いいと思えるツアーだった!"とAYATOMOが興奮気味に続く。そうした気持ちの高ぶりが、フロアの熱量を押し上げていたのは言うまでもない。
後半は「SON OF A BITCH」、「Wonderful Day」と繋げ、ラストは「Yummy Yummy」をプレイ。10年以上前のスカ・ポップ・シーンを彷彿させる屈託なき明るさを放ち、大勢の観客を沸騰させていた。本編を締めると、"GAME(SHIBUYA THE GAME)の床を抜かせてやろうぜ!"とAYATOMOが煽り、アンコールで再び「Break down!!」をプレイ。観客は余力を絞り出すように飛び跳ね、盛大なるフィナーレを迎えた。MAYSON's PARTYとして初のレコ発ツアーは大成功のうちに幕を閉じた。今後の飛躍を約束するような素晴らしいファイナル公演であった。


[Setlist]
1. Break down!!
2. START NOW
3. Super Fly High
4. Tiny Tune
5. Do You Remember Rock 'N' Roll Radio?(RAMONES)
6. Don't Bring Me Down
7. ALARM SONG
8. BAM BAM BAM BOOM
9. SON OF A BITCH
10. Wonderful Day
11. Yummy Yummy
En. Break down!!

  • 1