MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SECRET 7 LINE

2018.06.19UPDATE

2018年06月号掲載

SECRET 7 LINE

メンバー:Narita(Ba/Vo) RYO(Gt/Vo) TAKESHI(Dr/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

Naritaを含む現体制で初のミニ・アルバム『THE DAY has come』を挟み、SECRET 7 LINEが早くもニュー・アルバム『7 LOCUS』を完成させた。今作においてもメンバー全員が作詞作曲を手掛けることで、メロディック・パンクを主軸にしつつも、新たな色合いに挑戦した曲調も多く収録されている。ライヴにおいてもより骨太且つ力強いサウンドへと成長を遂げてきた彼ら。現メンバーで初のフル・アルバムには"今のバンド感"がストレートに反映されていると言っていいだろう。Avril Lavigneのカバー「Sk8er Boi」もいいフックになっている全13曲入りの今作をぜひ聴いてほしい!

-Naritaさんが正式加入して、1年数ヶ月が過ぎましたね。

TAKESHI:Naritaは曲作りにおいても積極的で、いっぱい曲を持ってくるんですよ。

Narita:そうですね。前作のときに入らなかったものが2曲あったので、今回はそれにプラスして3曲作りました。

-えっ、全13曲中5曲を手掛けているんですか。

Narita:そうですね。頑張りました。そこまで曲作りは好きではないけど(笑)、フル・アルバムは曲が多くなきゃいけないから。

-TAKESHIさんはこの1年を振り返ってどうですか?

TAKESHI:今が一番かっこいいんじゃないですかね。Naritaの立ち位置もバンド内で定まった気がするんですよ。頼れるフロントマンになってきたんじゃないかと。

Narita:なったというより、なってきたという感じじゃないですかね。僕が加入して1年ちょっとで、加入時よりもふたりのこともわかるようになったから。ふたりがどういう曲を作るとか、どんな趣味嗜好なのかもわかってきたし。

-それによって、自分のポジションも明確になってきた?

Narita:そうですね。今はライヴもそうですけど、自分の立ち振る舞いもわかるようになりました。

TAKESHI:単純に馴染みましたね。対バンの人ともどんどん仲良くなってるし。

-RYOさんはどうですか?

RYO:同じような感じになるけど、今年に入ってからライヴも変わってきたんじゃないかな。良くなったというか、馴染んできたと思います。

TAKESHI:ライヴやレコーディングを重ねて、やっといい感じになってきたなと。グルーヴの積み重ねがライヴにも表れていますし。

-こないだのCHUNK! NO, CAPTAIN CHUNK!のジャパン・ツアー("ICE GRILL$ PRESENTS CHUNK! NO, CAPTAIN CHUNK! Japan Tour 2018")のときにライヴを観させてもらいましたが、全体的に男臭さがアップしてきたなと思いました。ボトムが太くなった印象を受けて、すごくかっこ良かったです!

TAKESHI:あの日はめっちゃ褒めてくれましたよね? 俺たちは骨太でいこう! と話したわけじゃないんですけど。

RYO:トップバッターだったこともあり、また違う意味でスイッチが入ってましたからね(笑)。

-バンドが一枚岩になってきたなと。Naritaさんの声質もあるのか、ハードコア感も増してきた印象です。

Narita:そうっすね。ちょっと汚らしいというか(笑)、それはよく言われます。

TAKESHI:声の棲み分けができているので、それはいいバランスじゃないかな。Naritaはがなる感じで、RYOは甲高い声ですからね。Naritaは性格的にマジメなんですよ。考え始めると、すごく時間を割くので。俺は迷ったら、サクッと"こっちにしよ"って感じだから。

RYO:両極端かもしれない(笑)。

Narita:うん、僕は慎重ですね。悪い方を選びたくないから、"どっちがいいのかな"って考えると、止まらなくなるんですよ。

RYO:詰めることは大事ですからね。Naritaが持ってきた曲でもいろいろ加えた部分もあるんですよ。

Narita:曲を作っても、自分にはない発想を持ってきてくれるから、そこは助かりますね。僕がもともと作ったものにメロディがプラスされたりして。

TAKESHI:今作はそういうことが多かったですね。

-今作を聴くと、シクセブ(SECRET 7 LINE)のルーツにある90年代メロコア、00年代ポップ・パンクに素直に向き合った曲調が多いのかなという印象を受けました。

TAKESHI:いろんなタイプの曲があるので、面白いなぁと思います。今言ってもらったように、自分たちが聴いてきたパンクが集約されているという意味では、ルーツ的なものが出ているのかなと。メンバー的には特に原点回帰しようと思ったわけではないんですけどね。

Narita:曲を揃えていく後半には、今まで自分が作ったことがないものに挑戦しようと思っていました。「GET IT RIGHT」みたいな曲は今まで作ったことがなかったですからね。

RYO:Naritaがオケを考えて、俺がだいたいメロディをつけたんですよ。それは今までやったことがなかったから。

Narita:ロック調のリフとマイナー進行、ビートもそこまで速くない8ビートですからね。