MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

MAYSON's PARTY

2022.11.05 @Spotify O-WEST

Writer 山口 哲生 Photo by Junya Takagi、白石達也

"MAYSON's PARTYと、俺ら7人のバンドマン人生、すべてをここに置いて帰るんで!"(AYATOMO)

1st EP『ONE』をリリースし、全国24ヶ所を回るツアーを開催したMAYSON's PARTY。そのツアー・ファイナルには、前身バンドのSKALL HEADZ時代からの付き合いでもあるBACK LIFTがゲストに招かれた。KICHIKU(Vo/Ba)の"今日は踊れる曲持ってきた"という宣言通り、「All Mouth」を皮切りに、「LET IT DIE」、「RELAX」など、持ち曲の中からスカ・ナンバーを選りすぐってプレイしていく3人。「IRIE PLACE」では"考え方は別々かもしれないけど、みんながひとつになって大切な場所を守っていけたら"と、MAYSON's PARTYの「ONE」にも通じるピースフルなメッセージを高らかに放つ。また、「GO OVER」、「NEVER SAY DIE」など、豪快に突き進んでいく彼ららしいメロディック・パンクでもフロアを沸かし続け、ラスト・ナンバーは「THE MEMORY MAKES ME SMILE」。エモーショナルなクライマックスで本日の主役にバトンを繋いだ。

MAYSON's PARTYのステージは「ONE」からスタート。Ya-knockが叩き上げる躍動感たっぷりのドラムから幕を開け、性急なビートの上でAYATOMO(Vo/Gt)、MIKI(Gt/Vo)、SAKI(Tp/Vo)が交互にマイクを取っていくとオーディエンスは飛び跳ね、踊り、拳を振り上げる。"踊ろうか O-WEST!"と繋げた「Tiny Tune」では、TSUKASA(Ba/Cho)とYa-knockによる磐石のリズムの上で絡み合うSAKI、MOE(Tb/Cho)、PON(T.Sax/Cho)のホーン隊の音色がなんとも派手で華やか。早くも極限まで高まった興奮を、続く「Super Fly High」がさらに引き上げていく。

レポートの冒頭に記したのはAYATOMOがこの日のライヴで発していた言葉なのだが、その強い意思がポジティヴなエネルギーに変換されて、終始ハッピーな空間を作り上げていた。THE BRIAN SETZER ORCHESTRAカバーの「Gettin' in the Mood」をミラーボールが回るなかでエネルギッシュに届けると、「Let Me Go」、「BAM BAM BAM BOOM」とヘヴィでハードなサウンドを、原曲よりも前のめりに転がしていく。他にも、ひと際ポップに弾けた「Yummy Yummy」や、配信中に視聴者から意見を求め、文字通りファンと共に作り上げた「PARTY4YOU」と、矢継ぎ早に曲を畳み掛けていく7人。ステージをところ狭しと動き回ってオーディエンスを煽りつつ、メンバー同士がステージ上でコミュニケーションを取って繰り広げるパフォーマンスでもフロアを魅了していて、そんな観ても聴いても楽しいステージは、ライヴキッズはもちろん、さらに多くの音楽リスナーを虜にしていきそう。ショート・チューンの「Going Home」で締めくくるその瞬間まで、"楽しい"という感情が湧き上がり続けるライヴを繰り広げていた。

"2015年にSKALL HEADZでO-WESTに立って以来、ツアー・ファイナルをここよりも大きな会場でやったことがなかった。今日で「ex」が取れました"と笑顔で話すAYATOMOは、ツアーに参加してくれたバンドやファンに感謝を告げ、"このツアーを回っていて、やっぱりバンドにこだわって、バンドマンという人生を選んで、こんな最高なことはないと思ってます。俺らはもっともっとみんながワクワクするようなバンドになっていくんで"と力強く宣言。予定にはなかったダブル・アンコールも飛び出す大盛り上がりで、熱狂のツアーを締めくくった。

  • 1