MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

オメでたい頭でなにより

2018.12.27UPDATE

2019年01月号掲載

オメでたい頭でなにより

メンバー:赤飯(Vo) ぽにきんぐだむ(Gt/Vo) 324(Gt) mao(Ba) ミト充(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-メンバーからの赤ペン添削はなかったということでしたが、今回、歌詞は一発でこれはOKだなと納得できるものだったんですね。

ぽにきんぐだむ:そうですね。そもそも僕がやってほしかったことはこれなのかなって。常々言ってるのは、オメでたさの押し売りはしたくないっていうことなんです。何かのオマージュや、ギャグを盛り込んで、ちょっと無理してる感はずっとあったんですよね、僕は。

mao:照れ隠し的にね。

ぽにきんぐだむ:本当はそうじゃないでしょと思ってたけど、まぁでもそれがこのバンドの面白さでもあって。その方向にいくのは全然アリだったんですけど、アルバムということで、心の中で思っていることを率直に伝えたうえで、音楽でプラスに転じていく手法をやっと取れ始めたので、これでOKだなと思ってますね。歌詞の深みはかなり出たと思うし、逆に、わかりやすくもなっていますし。

赤飯:僕のこれまでの人生をここにぶつけたので、もう空っぽになりました。

-吐き出しましたか(笑)。

赤飯:今回は曲順も気に入っていて。ライヴのセトリっぽく考えたんですけど、1曲目から5曲目までで駆け抜ける疾走感があって、次の「We will luck you」で空気を変えて、7、8、9曲目で恋愛セクションに入るんですよ。ただ、恋愛曲が3曲続くと、何してんねんっていうのがあるので、真ん中にオメでたい頭でなによりらしいラウドな要素とキャッチーさが含まれた「サイレンとジェラシー(オメワンVer.)」を挟んだ恋愛セクションを作って。で、その次がこのアルバムの総括的立ち位置の「歌謡サスペンス劇場~わたしがやりました~(オメワンVer.)」なんですけど、また前回とはセリフが変わっているんです。

-メジャー・デビュー・シングル『鯛獲る』のカップリング曲として収録されていた「歌謡サスペンス劇場~わたしがやりました~」とサウンド的には同じですが、歌詞の内容が今回のアルバム用にアップデートされていますね。芸が細かい。

赤飯:そうですね。そういう総括曲があって、「HELL"O"」で本編を終了して、アンコールとも言える「チャバシラタッター」。これが、僕らなりのアンコールですね。この曲も前半ではドロドロしたものを吐き出して、いつものうちらに戻るという。

-ちなみに3曲目の「鯛アップ(TVサイズ)」は、1分半の尺で、"自分たちはこういうことができるバンドです"っていうことをプレゼンする曲です。サウンド的にもこの短い尺にいろんなものが詰め込まれていて、アルバムとはいえ、これをやっちゃう面白さがありますね。

ぽにきんぐだむ:これはもともと某タイアップ用の候補曲だったんですけど、メンバーみんな気に入っていたので、だったらそれで1曲作ろうよってなって。

ミト充:最初は"1曲にするならフル尺を作らなきゃ、どうしよう"って言ってたけど、結局"このままでありじゃねぇ?"ってなったんです。

赤飯:歌詞も最初はカッコつけたようなのを書いていたんですけど、"しょうもな"って思って、全部作り直してますね。

ミト充:完全に企業へのプレゼンだよね。

mao:気に入っていただけたら、このまま企業に合わせて歌詞だけ変えるというのもできます(笑)。

赤飯:頭で"ご希望の尺 お題で"と歌ってるわりに、最後に尺が余ってしもて、アウトロをリピートしてお茶を濁すというボケになってます。

mao:しかも謎の"TVサイズ"ですからね(笑)。意味わからない。

ミト充:フル尺があるわけじゃないのに。

赤飯:そのフル尺があるわけじゃないからっていうのは、9曲目の「終わらない恋からの脱出(妄想LIVE Ver.)」もそうで。ちなみにこれ、どうでした?

-最高ですね(笑)。どこかでブレイクダウンが入ったり、ラウドな曲だったりになっていくのかと思いきや、ずっと90年代の王道J-POP、ヒット・チューンのようなキラッキラの爽やかな曲をやりきっている。そして"妄想LIVE Ver."ということで、曲の途中からサポート・メンバーの紹介とソロ回しがあったり、シンガロングを煽ったりというMCまでも入ってます。

赤飯:今まではカロリーの高い曲ばかりで、ワンマンも頭から最後まで全力で駆け抜けるスタイルになりがちでした。だから、箸休めじゃないですけど、"ゆったりと手拍子しながら聴けるような曲も必要になってくるよね"という期待から始まったんですよね。