MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

SINNERS -no one can fake my bløod-

lynch.

『SINNERS -no one can fake my bløod-』

Release Date : 2018-04-25
Label : キングレコード
¥2,700

血による贖い、と表現しては大仰すぎるだろうか。いずれにせよlynch.からすれば、これは今どうしても形にしておくべきものだったのだろうと推測する。3月の幕張メッセ公演をもって、ようやくAKこと明徳(Ba)が正式メンバーとして"出戻り"したことはまだ記憶に新しい。今作はそのAKが不在時に制作された『SINNERS-EP』とシングル『BLØOD THIRSTY CREATURE』を、"彼"がきっちりと責任を持ってベース・トラックを新たに録り直したという、それこそ贖いの1枚だと言えるはず。派手にドライヴしまくる「BLØOD」はまさにAKの真骨頂であり、「CREATURE」におけるダイナミックなフレージングやスラップ炸裂ぶりもコレキタ感がハンパない。そして、哀切が衝動と相まって迸る「TRIGGER」で紡がれるグルーヴも秀逸な仕上がり。「KALEIDO」で聴ける深い響きに至っては、涙腺崩壊......! 杉江 由紀