MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

オメでたい頭でなにより

2017.03.03UPDATE

2017年03月号掲載

オメでたい頭でなにより

メンバー:赤飯(Vo) 324(Gt) ぽにきんぐだむ(Gt/Vo) mao(Ba) ミト充(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

今年の元旦にリリースされた『SHOW-GUTS/ダルマさんは転ばないっ』に続くオメでたい頭でなによりのシングルは、桃の節句に発売となった『あられ雛DANCE!!/C'mon!!こいこい猪子課長』。前作に続き、一筋縄でいかないネタにギミック満載の「あられ雛DANCE!!」は、そんな面白要素をキレのいいダンス・ビートとテクニカルなアンサンブルで、クールにキャッチーに聴かせる1曲となっている。材料やテーマさえ揃えばOK。どう調理し、どう観客を驚かせ、且ついかにロック・ファンがニヤリとするネタで湧かせるか、シェフとしての腕の見せどころを遺憾なく発揮したシングルだ。

-ニュー・シングルの「あられ雛DANCE!!」(Track.1)は、桃の節句、ひな祭りにちなんだ曲です。曲作りはどんなところからスタートしたんですか。

324:まずはメンバー同士で話し合って、どういうコンセプトの曲にするかを決めるんです。

mao:コンセプトとギミックですね。ライヴ中にその曲で何ができるかっていうところを考えていくんです。

324:その話し合いの段階で、最初にタイトルが決まって。そこから僕が、じゃあこういう曲にしましょうというので作り始めた感じですね。

赤飯:デモが届いたところで、僕が出てきたメロに対して、"ここはこういうふうにしか聞こえないから"っていうところから歌詞を広げていって。パズルのピースをはめるようにやっていくという。

-その話し合いのときに、どんなサウンドでというのも決まるんですか。

324:意外と細かいところまで指示は出ますね。「あられ雛DANCE!!」の場合は、ジャカジャカしたギター・ロックのサウンドからインスパイアされていて。ダンス・ロックみたいなのがやりたいねっていうところから始まった部分もあったんです。そこから、試行錯誤をして僕がデモを作ってという。

赤飯:たぶん、今までで一番キャッチーじゃない?

-たしかに、すごくキャッチーだし覚えやすい曲になりましたね。でも内容的にはいろいろ含んでいるというのもある。

赤飯:含みは多いです。ひな祭りがテーマで、お雛様は普通ひな壇にお行儀よく座ってるけど、それがもしパリピだったらどうなるか──みたいなところから発想を膨らませていって。意識してなかったんですけど、詞を書いている途中で、男女の目線が分かれているのに気づいて。あ、ラッキーと思って書いてました。

-先ほどライヴ中にどうするかというのがありましたが、この曲ではどんなことを考えているんですか。

赤飯:このギミックとしては、"チキショーブレイクダウン"というのがあるんですけど(笑)。もともと僕ら去年の夏から、コウメ太夫さん大好きで。

mao:ずっと好きだったんですけど、去年の夏から特に好きになって。

赤飯:それでひな祭り......コウメさん合いそうだよねっていうところから。

mao:ダンスもできるし。

赤飯:コウメさんって、Michael Jacksonのダンスがすごく上手いんですよ。じゃあ、コウメさんにインスパイアされてみようかっていうので、曲の間でコウメ太夫さんのネタを。

mao:MVにも出てもらっています。

赤飯:TwitterのDMで呼びました(笑)。