MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

オメでたい頭でなにより

2019.08.26UPDATE

オメでたい頭でなにより

メンバー:赤飯(Vo) ぽにきんぐだむ(Gt/Vo) 324(Gt) mao(Ba) ミト充(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 新倉 映見

-大きな歌になっているし、且つオメでた(オメでたい頭でなにより)らしい大団円感もあり、景色が見える曲ですよね。カップリングがまた全然違ったタイプの曲が並びましたが、「チャイルドプレイ」や「四畳半フォークリフト」も同時期くらいに作っていた曲ですか?

ぽにきんぐだむ:「チャイルドプレイ」に関しては結構前からありました。まだ使う予定ではなかったんですけど。

324:そういうことでは「四畳半フォークリフト」も前からありましたね。

ぽにきんぐだむ:「チャイルドプレイ」に関しては、「乾杯トゥモロー」がオメでたい頭でなによりらしい、いい意味でいつものノリなので、そこに対してのバンド感というか、アグレッシヴに攻めるところが欲しくて出てきたものですね。

-「チャイルドプレイ」は、過去ここまでラップをフィーチャーした曲っていうのはなかったですよね。しかもむちゃくちゃかっこいい。

ぽにきんぐだむ:そうですね。アルバムとかでツイン・ヴォーカルを押し出す曲があってもいいんじゃないかっていうので、作ってはあったんです。

赤飯:それが今回のタイミングで出したくなるくらいカッコ良くなっちゃったんですよね。

324:みんなこういうの好きだからね。

赤飯:ぽにきは特に日本のミクスチャーで育っているので、そういうところをゴリゴリっと押してますね。サビのパートは僕が作ったんですけど、そこも趣味が全開で。歌詞に関しても、ぽにきにこういうふうに歌ってって指示を出したりしたのが全部イメージ通りにハマって、めっちゃ納得してます。

-そのアグレッシヴさに和のテイストも散りばめられていて、聴かせますね。

324:ザ・ミクスチャーですよね。

赤飯:しかもこの曲はわかりやすくヘイトな感情をぶつけている曲だしね。

ぽにきんぐだむ:前回のアルバムを作って、ストレートに思っていることを伝えても、お客さんはちゃんと受け入れてくれるんだなっていうことがわかったので、包み隠さずに書いてますね。

324:こういう側面もちゃんと見せてこそ「乾杯トゥモロー」とかも映えるだろうなという。いろんな喜怒哀楽がありますから。

赤飯:喜びだけで生きている人間はいないですからね。この曲で面白いのが、僕とぽにきそれぞれ別々に歌詞を書いていたんですけど、こいつが向けていたヘイトの対象と僕が向けていたヘイトの対象がたまたま一致していて。

324:誰?

ミト充 :人というよりは事象でしょ(笑)。

ぽにきんぐだむ:想像して書いたものの対象が同じだったんですよね。なので添削することもなく、そのままお互いのものをはめ込めばよかったんです。

-自分の道を突き詰めていくうえでの葛藤や困難、覚悟が突きつけられます。フツフツとした思いがあったわけですね。

ぽにきんぐだむ:この曲は僕が主導になってやらせてもらったんですけど、ここまでいろんな形で音楽をやってきて、いろいろ思うところもあるじゃないですか。そこに対して拳や言葉でやり返すんじゃなくて、俺は音楽で見返してやるぞっていう思いがあったので、それを単純に書いただけなんですよね。

mao:かっこいい。かっこいいっすね。

324:自然と出てきた嘘偽りない言葉ですからね。

mao:うん、かっこいい。

赤飯:めっちゃ太鼓持ちやん(笑)。

ぽにきんぐだむ:曲は中西(航介)君にお願いしているんですけど、曲の発注をするときにも、全部こうしたいということを伝えたうえでサウンドを作っているので。「乾杯トゥモロー」もいいんですけど、そういうものだけじゃない、僕らが持っているものが表裏一体になればいいなっていう曲ですね。

-今回は、3曲共に言葉遊び的なところにあまり焦点を当てていないというか、思っていることを直球で投げている感じっていうのを、こうしてカップリングを聴いても感じますね。しかも、そのストレートさがサウンドやバンド感とすごくハマっているのがある。

ぽにきんぐだむ:やっとアーティストらしくなってきた(笑)。

ミト充:3年目にしてな。

赤飯:ただ、図らずもタイトルの"チャイルドプレイ"は、今公開中の映画"チャイルド・プレイ"と被ってしまって。これは本当に図らずもなんですよ、今回も。前回の「We will luck you」(2018年10月リリースのメジャー2ndシングル『日出ズル場所』収録曲)でのQUEENのときもそうでしたけど、今回もたまたまなんですよ。"チャイルドプレイ"っていうのも、サビの歌詞で"これちゃうぞチャイルズプレイ!"とあるんですけど、これ、ガキの使いやあらへんでっていう意味なんですよね。"これちゃうぞチャイルズプレイ!"っていう、その語感が気持ち良くてハメていただけなんですけど。

ぽにきんぐだむ:デモのタイトルだったものが、これがしっくりくるなっていうことでタイトルになって。そしたら図らずも映画が公開されるという。でも、もともと映画"チャイルド・プレイ"も好きなので。

赤飯:僕は小3くらいからずっとリアルタイムで観てますからね。で、"チャイルドプレイ"って付けたわりにはその要素一切ないけどどうするの? ってなったので、間奏に仕掛けを盛り込んでいます。これはわかる人が聴いたらむっちゃニヤッとすると思いますね。そういうサブカル的な趣味というか、わかる人にはわかるものもしっかりと押さえられてるので満足してます。

-そして「四畳半フォークリフト」は324さん作詞作曲ですね。

324:今回は作詞を主に3人で分担しているシングルでもあるんですよね。

ぽにきんぐだむ:1曲目赤飯、2曲目が僕で、3曲目が324って、分担していて。

324:カラーがだいぶ分かれた感じですね。人に言われたんですけど、俺の歌詞は生活感がめっちゃあるようで(笑)。この曲はデモと同時に俺が作詞をして、仮のタイトルで"四畳半フォークリフト"にしていたんです。

-しかし、なんでフォークじゃなくフォークリフトだったんですか。

324:狭い部屋で膝を抱えているイメージの曲なので、四畳半というフレーズがパッと出てきたんです。四畳半フォークというと生活に対するものとか、社会に対する想いを吐露するようなジャンルだと思うので、そういうニュアンスもあるのかなと思って付けたんですけど。ただフォークだけだと面白くないなっていうことで、フォークリフトって付けておいて。

ミト充:持ち上げたんだ(笑)。

324:そしたらえらくこの仮タイトルがみんなに響いてしまって。俺はこれでいく気は全然なかったんですよ。なんなら未だに納得いってないけどね。

赤飯:そうなんだ(笑)。でも、うちのバンドの中では324が一番アーティストなんですよ。一番表現したいことがあって、それを形にしたいという気持ちが強い人間なんです。僕は作詞はやってますけど、どちらかというとパフォーマーという感覚のほうが強いんですよね。歌を使って、どうパフォーマンスするかがある。でも、324はあくまで曲をどう仕上げるかに重きを置いているので。だからこそ324の曲は、パッと光る感じがあるのかもしれないですね。アルバム(『オメでたい頭でなにより1』)曲でも「言葉のあやや」とかは人気曲だし。

ミト充:あれで、324の世界観っていいよねっていうのがより出てきたよね。

赤飯:オメでたに新しいセンスを彼がもたらしてくれたので、それが良かったなと思っていますね。