MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

オメでたい頭でなにより

2019.08.26UPDATE

オメでたい頭でなにより

メンバー:赤飯(Vo) ぽにきんぐだむ(Gt/Vo) 324(Gt) mao(Ba) ミト充(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 新倉 映見

-この「四畳半フォークリフト」もパーソナルな感じが色濃いからこそ心に響きますしね。

赤飯:人となりが出てますね。

324:人となりは出ているけれど、歌うのが赤飯だから。歌録りのときは、ここのニュアンスはもっとこうとか、このピッチでとか──

赤飯:演技の話になってたね。

324:この思いはどういう意味で、こういう思いがあるもので、でも裏ではこういう気持ちだから、この言葉を吐露しています......だから口角の上がり方はだいたいこのくらいだと思うので、とか言って。

赤飯:そのキャラクターがどんな気持ちなのか話し合いながら録っていったんですよ。

-まさに監督とアクターという感じですね。

324:普通のディレクションではなくて、演技指導みたいな感じでした。小手先の技術とかではなくて、結局歌っている人の表情なんですよね。

赤飯:いい勉強になりましたね。

-内容的には内省的じゃないですか。そういう歌でありながら、曲調的には強力なダンス・ロックでEDM的な展開をするなど、アッパーさがありますよね。

324:そういうのも表現の一部なんですよね。相反するものをくっつけるというか、人間の感情って必ずしも一方向ではないじゃないですか。前向きなようでいるけど、目は後ろについているみたいなところがあるだろうし。そう考えると、激しいアゲめの曲がゴリゴリの前向きな歌である必要もないと思うので、そういうのも含めて表現ですかね。

-そしてもう1曲が、超ショート・チューンの湯シリーズの新作「湯沸け」です。

ぽにきんぐだむ:これは、僕の中では長期プランだったんですよ。「湯冷ます」(2017年リリースの2ndシングル『あられ雛DANCE!!/C'mon!! こいこい猪子課長』収録曲)から始まり、「湯沸く」(2018年リリースのまとめ盤『オメコレクション』収録曲)があり、最後は「湯沸け」だなと思っていて。ただ、そうは言ってもね。

mao:これに関しては許諾との戦いがあるので。

赤飯:ただ、気持ち良くOKいただいたので。

324:今回はシャ乱Qの「いいわけ」という曲のカバーという形なんですけど、これはもともと赤飯が大のつんく♂さんフォロワーなんですよね。

赤飯:小学校のときから大好きです。モーニング娘。も好きで僕の青春時代は全部つんく♂さんに支配されてますね。

324:許諾を取るにあたっては、赤飯がどういう成り立ちで音楽をやっていて、どれだけ影響を受けていて、好きなのかをしっかりとお伝えして。

ぽにきんぐだむ:それならばぜひという感じになったと聞いています。

-それがこの形の曲になると(笑)。

mao:リスペクトですからね。

324:好きだから、ただカバーをするというのではなく、自分たちのフォーマットの中でやるという流れもあるので。

ぽにきんぐだむ:僕の中では、ここでもう終わりだったんですけど、もう次のプランもあるんですよ。

赤飯:僕が、"これもありだな"っていうのが出てきました。

-いろんな思いが伝わる曲が揃ったシングルとなりました。今回同時発売で、アルバム『オメでたい頭でなにより1』を引っ提げたツアーの東京公演のライヴDVD / Blu-ray『オメでたい頭でなにより"1"マンツアー ~今 いくね くるね~2019.4.4@マイナビBLITZ赤坂』がリリースされます。振り返ってみてこのツアー、そしてパッケージされたライヴはどういう感触がありましたか?

ぽにきんぐだむ:いいツアーだったし、いいライヴでしたね。

mao:副音声を収録するので、みんなで観ていたんですけど、笑いながら観ていたよね。

ミト充:見入っちゃって喋らないシーンもあったからね。

324:赤飯が本当にいいこと言うんですわ。

-赤飯さんにとっては、オメでたい頭でなによりになるより以前に、ソロで立ったことがあるステージであり、そこで悔しい思いもあったとMCをしていましたね。ここに至る思いと音楽とがちゃんと絡まった熱い言葉でした。

赤飯:あの赤坂BLITZ(現マイナビBLITZ赤坂)というライヴハウスは、思い出深い場所だったので、やっぱり感慨はひとしおでしたね。このオメでたい頭でなによりができる直接的なきっかけになった部分でもあったので。

mao:聖地だね。

赤飯:僕にとっては首塚みたいなものですけどね(笑)。

ぽにきんぐだむ:そう考えるとこの日の映像は、「チャイルドプレイ」にも繋がるんですよね。

赤飯:それが「チャイルドプレイ」にも繋がっているし、なおかつ1曲目の「乾杯トゥモロー」の"笑っていいと思う どんな過去があっても"という歌詞は、この日のライヴからきているんですよね。今笑えているんだから、どんな過去があっても俺たちの勝ちだよねっていう。これからもっとやっていけるよねってメッセージがあるんです。