MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

オメでたい頭でなにより

2018.04.03UPDATE

2018年04月号掲載

オメでたい頭でなにより

メンバー:赤飯(Vo) ぽにきんぐだむ(Gt/Vo) 324(Gt) mao(Ba) ミト充(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-中西さんから届いた、その"火サス"デモを324さんはどう構築していったんですか。

324:デモのたたき台から、メロは、ほぼほぼ変えたかな。最終的にこんな落とし所かなっていうところから、僕がアレンジに入って、"火サス"のジングルのフレーズもガチガチにブラスからオーケストラから組んでちゃんとやってますね(笑)。面白いのが、コンガとかも入っているんです。基本的にはミクスチャーのサウンドがあって、そこにモダンなサウンドを足している曲ですね。

ぽにきんぐだむ:テンポ・チェンジもしてるしね。

324:ストーリー仕立てな感じにはなってますかね。

-ストーリー的で展開があっても、他のバンドはやらない発想じゃないですかね、これは(笑)。

赤飯:他の激ロック・アーティストはやらない。

324:考え方はプログレと一緒だよね。

ミト充:たしかに。

324:我々はプログレです。

ぽにきんぐだむ:コミック・プログレです。

-コミックと自ら言っていいんですか。

ぽにきんぐだむ:大丈夫です、そこはもう面白いから(笑)。

-そしてもう1曲が「推しごとメモリアル」という、超アイドル・チューン(!?)です。

ぽにきんぐだむ:実は昨年の秋ごろからあった曲で、急遽入れることになったんです。アイドルをテーマにした"あるあるソング"なんですけど、この曲ができたきっかけが、我々は結構、演奏するじゃないですか──

324:まともにね(笑)。

ぽにきんぐだむ:そういうバンドが、サビで楽器を置いて、急に踊り出したら面白いんじゃないかっていうテーマで始めたんですよね。普段、弾いてる奴らが楽器を置くというギミックをまず題材にして。我々、アイドルと対バンすることも多いので。そのときにできるような曲も持っていたらいいじゃないっていう、武器として置いておいただけなんですけど。シングルにこの曲を入れようとなって、テーマをしっかりと決めていったときに、アイドルって刹那的なものの象徴だと思っていて。今を一生懸命生きるのは、大切なことだよっていうメッセージを込めてはいるんです。形あるものは、いつかは壊れるっていうのは、みんながわかっていることだから。その一瞬、一瞬を一生懸命生きようよっていうところに落とし込んでます。ライヴでやるギミックを見れば、どうでもよくなるような曲ではありますね(笑)。

324:最初にオーダーがきたときに、その途中のパートは楽器を置かなきゃいけないから、ギターもなしとか。

ぽにきんぐだむ:一切弦楽器が鳴ってないんですよ、そのパートは。あとは、うちらができる名刺代わりとしては、赤飯の女性声があるので。

mao:男女でふたつの声が出ている感じになってるというね。

-このかわいいアイドルのようなヴォーカルも赤飯さんが歌っているんだろうなとは思ってましたけど、でも聴いてるとわからなくなってくるんですよ。これはもしかして女性のゲスト・ヴォーカルがいるのかなっていうくらいで。ひとりで男性、女性パートを歌っているとはとても思えないですね。

赤飯:これ絶対、キーが高くてライヴで歌えないですよ。めちゃめちゃしんどい。

324:でも、こういうことができるバンドは他にいないんじゃないかな。

赤飯:そうですね。オメでたい頭でなによりができること、うちらの多様性というのを、1枚で聴かせたいなというので集まったのが、この3曲だったんですよね。結果、胃もたれしてます。


この3曲すべて合わせて、オメコアなんです


-「鯛獲る」、そして「歌謡サスペンス劇場~わたしがやりました~」から「推しごとメモリアル」の飛距離がすごい。

ぽにきんぐだむ:「推しごとメモリアル」のオープニングは、オルゴールですからね(笑)。

mao:3曲ともチャートのランキングで、別々のランキングにいそうな曲だから。

赤飯:でもこれをすべて合わせて"オメコア(オメでたいコア)"なんです。

-早くお茶の間の反応を見たいですね。

赤飯:お茶の間に届けたいですね。

ぽにきんぐだむ:次、くそまじめになってたら、すいません(笑)。そうならないように、次回もふざけられるように頑張ります。