MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

オメでたい頭でなにより

2018.04.03UPDATE

2018年04月号掲載

オメでたい頭でなにより

メンバー:赤飯(Vo) ぽにきんぐだむ(Gt/Vo) 324(Gt) mao(Ba) ミト充(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-いい出会いをされたんですね。そしてメジャー第1弾シングル『鯛獲る』がリリースとなりますが、この1発目は大事なものですよね。どういった曲を持っていくのかという話はありましたか。

ぽにきんぐだむ:デビュー・シングルを作ろうというものでしたね。

ミト充:表題曲を作ろうと。

赤飯:で、タイトルはどうする? じゃあ"鯛獲る"で作ろうっていう。

324:メジャー・デビューだぞ! っていうところで、まずどういうネタにする? っていうところから始まるというね(笑)。

ぽにきんぐだむ:タイトルでボケるのが、一番わかりやすいというか。例えば、メジャー・デビューをして、急にかっこいい英語表記の曲のタイトルとかになったりしているのを見ると、僕だったらがっかりするので。ひと目でわかるようなこのタイトルになりました。

赤飯:ちゃんと今まで培ってきたものがあるし、みんなにも納得してもらいたいので。オメでたい頭でなによりらしいものを、これからも変わらず提示していきますよっていう意思表示なんですよね、このタイトルは。

mao:タイトルを見て、ちょっとクスッときて。ちょっと聴いてみたら、さらに面白くて。で、さらに踏み込んで聴くと──ちゃんと曲になっていると。

赤飯:当たり前や!

-はい、ちゃんと音楽をやってます(笑)。という以上に、とにかくいろんな要素が入り込んでいて、醍醐味がありますね。

324:渋滞してますかね(笑)。アルバムくらいの聴き応えがありますね。

ぽにきんぐだむ:今日、ここにくるまでに1回聴いたんですけど、もういいですもん。

赤飯:あかんやん。 324:やっぱりメジャー・デビュー・シングルは、自己紹介なので。自分らがやれる要素というのは、余すことなく詰め込んだつもりですね。

-それで、いきなり演歌調の曲紹介からスタートしてしまうという(笑)。これを曲に入れ込んじゃう発想はなかなかないですね。

ぽにきんぐだむ:曲に入るまで90秒くらいありますからね。

赤飯:そこまではない(笑)。

ミト充:40~50秒くらいかな。

赤飯:それでも長いけどな。

ぽにきんぐだむ:という、ボケです。

-作曲の324さんは、どう曲を作り上げていったんですか。

324:ネタが決まって、サビから作ったんですよね。でも最初は、パンチが足りないとなって。じゃあ、どうしようかと話し合っていくうちにBPMを上げて、アッパーなノリにしようとなったんです。コブシを上げるようなイメージでやった方がいいねっていうので、BPMを上げて。リフもかっこ良く、ちょっとテクニカルなもので、サビは開けるイメージで作っていって。そうやってサビから作っていって、じゃあフル尺で作ろうとなったときに、メンバーには言ってなかったんですけど、演歌のアイディアをちょい足ししました(笑)。

-冒頭が演歌で、グッとコブシの上がるラウド・チューンで、且つ間奏ではエスニックなフレーズが出てくるなど、多国籍なめくるめく展開になっています。

ぽにきんぐだむ:曲のイメージがだいたい4回くらい変わるんですよ。

324:だから、カロリーが高すぎて。これでも削ぎ落とした方なんですよね。それでもここは譲れないよねとか、これは入れておいた方がいいっていうので、落とし所を見つけて、このくらいになりました。それでも高カロリーですけど。ちなみに、裏テーマが"タイ(タイ王国)"なんですよ。

-"鯛獲る"、タイトルだからタイ(笑)?

ぽにきんぐだむ:タイトルだから、鯛獲る、タイ......ってやっていったら、いろいろとすごいことになったので。