MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

オメでたい頭でなにより

2018.01.01UPDATE

2018年01月号掲載

オメでたい頭でなにより

メンバー:赤飯(Vo) ぽにきんぐだむ(Gt/Vo) 324(Gt) mao(Ba) ミト充(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-はい、そういうタイトルでもあったので、何か展開的にどんでん返しがくるのか? と思ったら、最後まですごくいい歌でした。

mao:謎の感動っていうのが、テーマのひとつです。

ぽにきんぐだむ:ふざけないというふざけ方。

ミト充:あえてのね。

赤飯:ボケないというボケです。

324:その、ボケないというのを徹底しているからこそ、ちゃんと伝えたいことが伝わればいいなという。

ぽにきんぐだむ:これがシングル曲だったらできないですし、普通のアルバムでもできないと思うんですけど、"まとめ盤"だからこそ、ここに置いてもいいんじゃないかなっていう。

mao:この"まとめ盤"の曲順が、ライヴのセットリストを意識していて。最後にこの曲でしっかりと先を見据えるというか、置いていかないぞっていう気持ちを込めています。

赤飯:あとは、みんなで笑って一緒に歩いているというのが僕らのユメでもあるよっていう。この曲で、夢を"ユメ"とカタカナにしているのは、ユメとひと言で言ってもいろんな形があると思いますので、それぞれの思うユメをこの曲に投影してもらえればなと。

mao:で、なんでカタカナなの?

赤飯:ユメっていろんな捉え方あるやんか。寝ているときに見ているユメとか、目標としているユメとか。ずっとこの生活が続くかどうかなんてわからないっていう儚さも込めたつもりだし、なおかつこれが本当にユメとして叶えばいいなという気持ちもありますし。だから、いろんなユメのニュアンスを、カタカナに置き換えることで表現したっていうのは、あります。みんなの人生に寄り添えるような曲になればいいなと、そういうバンドになりたいなと思ってますね。みんなの生活の一部になりたいし、お茶の間のバンドになりたいです。

-こうして"まとめ盤"が出る今、オメでたい頭でなによりにとって一番近くの目標はなんですか。


メジャー・デビューしてもスタンスが変わらない。むしろメジャーにいって、よりふざけられるようにしたい


mao:2018年はメジャー・デビューが決まっているんです。

赤飯:ポニーキャニオンから。

mao:メジャー・デビューとはいっても、何も変わらずだと思いますけどね。

赤飯:より人の目に触れる機会も、増えるんじゃないかなと思います。2018年はもっとたくさんのフェスに出て、より多くの人と出会いたいですね。いろんな人に知ってもらって、我々のライヴを体験してもらって、そこで少しでもシンパシーを感じてもらって、いいものを得られたなと考えてもらえたら、その人とまた一緒に歩んでいけるようなことを続けていきたいと思っていて。そういう人をひとりでも増やしていけるような活動を、2018年はしていきたいですね。

-ちなみに、メジャーにという話はいつごろからあったんですか。

ぽにきんぐだむ:正直『あられ雛DANCE!!/C'mon!!こいこい猪子課長』(2017年3月リリースのシングル)くらいのときにはあったんです。でもお話をしていくなかで"もう1年はインディーズでやらせてくれ。僕らが今このタイミングでデビューしてしまうと、正直無名で、やっていることもおちゃらけているので、イロモノとしてしか見られないだろうというのがあったので。ちゃんと現場で下積みをしたいから、良きタイミングまで待ってほしい"という話をしたら、会社の方も理解してくれたんですよね。

324:まずはバンドとしての下地として、自分たちの力でどこまでできるか、ここまではやりたいっていうのがあったので。今のタイミングなら、メジャー・デビューしてもスタンスは変わらないという確信もありますね。

ぽにきんぐだむ:むしろメジャーにいって、よりふざけられるようにしたいですね。

mao:僕らのマインドをしっかり理解してくれている人が現れたからこその、メジャー・デビューですからね。